美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:silent


    『ドラマsilentから解説』世界トレンド1位の恋愛ドラマ「silent」を恋愛のプロがガチ解説 恋する男たちが真似していいこと・ダメなこととは?



    川口春奈主演の木曜劇場「silent」(毎週木曜夜10:00-10:54)が、今期秋ドラマで大きな話題を集めている。「silent」は、主人公が聴力を失ったかつての恋人と再会し、現実と向き合いながらも、寄り添い乗り越えていく姿を描いたラブストーリーだ。放送後、Twitterでは毎回のように世界トレンド1位を獲得し、見逃し配信の再生数が民放歴代最高記録を塗り替えるなど、多くの人を魅了している。そこで今回は、恋愛したい世の男性に向けて、恋愛本の著者であり、これまで1000件以上の恋愛相談を受けてきた恋愛・婚活コンサルタントの菊乃さんに、恋愛ドラマ「silent」に学ぶ「実際の恋愛で使えるテクニック」について語ってもらった。(以下、一部ネタバレが含まれます)

    【写真】「silent」より見つめ合う紬(川口春奈)と想(目黒蓮)

    ■“ぽわぽわ”させてくれる湊斗と“キラキラ”させてくれる想ならどっち?

    こんにちは、恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。日本中の女性をキュンとさせ、時には切なくさせている恋愛ドラマ「silent」には、実際の恋愛に活かせることも多くあります。

    青羽紬(川口春奈)は、高校時代に付き合っていた佐倉想(目黒蓮)と8年ぶりに再会。しかし、紬は今、かつて想の親友であり紬とは中学時代からの同級生でもある戸川湊斗(鈴鹿央士)と付き合っています。

    紬が元気がないときに、かわいい動画が出てくるからと言って「犬と猫 仲良し」と動画の検索ワードまで指定してくれる優しい今カレ・湊斗と、元カレ・想の間で揺れ動く紬を見て、「あんなに優しくて弟とも仲がいい湊斗は逃さない方がいいのに」と思いながら見ておりました。

    一緒にいてキラキラする男性もいいと思いますが、おばさん、おばあさんになっても一緒にいるなら一緒にいて“ぽわぽわ”する男性は貴重です。

    ■想から学ぶべきは、第1話の「記憶に残る告白」

    第1話で、高校時代の下校途中に想が紬に「好き!付き合って」と伝えて告白するシーンがあります。それで紬と想は付き合うことになりました。

    一方、湊斗とは、はっきりとした言葉はないまま付き合ったことが第3話で描かれています。ブラック企業に勤めていた紬が疲れて弱っているときに、一緒にいて励ましてくれたのが湊斗でした。そして、紬は仕事を辞め、2人で過ごす時間がだんだん長くなり付き合うことになります。

    別にこういう付き合い方だってよいと思いますよ。

    でも女性は過去の出来事だけじゃなく「あのとき嬉しかった」「すごく感動した」とそのときの感情も一緒に覚えている方が多いのです。ストレートに「好き!付き合って」と気持ちを伝えて、その瞬間が嬉しかったら、ずっと覚えているのではないでしょうか。

    ■「告白」が何故大切なのか?決定的な言動を避けライバルに負ける男たち

    私は仕事柄よく恋愛相談を受けるのですが、近年増えている困る相談をご紹介します。なぜ困るのかというと手遅れで、もう相談されてもお手伝いしようがないのです。

    『Aさん(31歳/男性)の相談例:マッチングアプリでマッチングして知り合った女性がいます。毎日メッセージのやり取りをしていて、3回ぐらい会ったのですが、それから女性から連絡が途絶えました。連絡したのですが、返信が来ません。どうしたらいいでしょうか?』

    佐倉想に転生するとか、できればいいのですがごめんなさい。お手上げです。ドラゴンボールでも集めて。

    女性の立場になってみましょう。

    コロナ禍になり出会いもなく、マッチングアプリに登録しました。もしかしたら、年齢が上がる焦りもあったかもしれない。マッチングアプリに写真をちゃんと載せていれば、3桁以上の「いいね」が殺到していることもあります。仕事もしてそれなり忙しい中、たくさんの男性のアプローチを仕分けします。

    その中で会ってもいいかなと思えるほどメッセージのやり取りが続いたAさんに対して、彼女も多少は期待していたのだと思います。「いいね」を送った男性のうちデートにまで進むのは1割未満でしょう。2回目デートをして、3回目にも誘われたときに、期待が大きくなっていたと思います。

    何を期待していたのかというと「付き合ってください」という告白です。3回目に手を繋ぐこともなく告白もなかったらがっかりしたのではないでしょうか。

    女性の多くは見知らぬ男性と会うことを楽しいとはあまり思いません。楽しくないけれど自分の将来を考え、しんどいけれど貴重な休日を使い、仕方がなくマッチングアプリで婚活しています。

    呑気に「またご飯行かない?」みたいなLINEばかり来るならイラっとしたかもしれません。

    「別にご飯友達を探しているわけじゃないし、進展がないなら他に行こう」とも思うでしょう。他の男性とも同時並行でやり取りしているのだからなおさらです。

    Aさんは何回も食事して仲良くなったらその先に交際があると思っているかもしれませんが、職場恋愛ならいざ知らず、マッチングサービスを使った出会いならば3回目ぐらいのデートで告白をしないと女性は待ってくれません。

    ■「告白」なしで彼女を作るのは"失礼”、逃げずに勇気を出して言葉で伝えましょう

    今は「デートしましょう」と誘う男性はほぼいません。女性も「デート」と言われるとハードルが高くて身構えてしまうと感じる方も多いです。

    誘う場合も「気になるお店があるから一緒に行きませんか?」みたいに口実を使って誘い出します。こういう誘い方だと仮に断られたとしても「ちょっとダイエットしているから」「今週は忙しくて」のようなお断りなので、フラれた感じにもなりません。

    プロポーズも「結婚してください」より「今度、親を紹介したいんだけど」「マンションの更新だから一緒に暮らさない?」とか遠回しの表現で伝えてくる人も多いです。人生の節目を決めることなのに、自分の意思表示を避けるのです。

    別に、何となく一緒に過ごすようになり親から「いつ結婚するの?」と言われて、流されて結婚したってよいとは思うのですよ。プロポーズらしいことがなく結婚したカップルもたくさんいます。

    でも、これから出会いを探しているのに、告白ナシで彼女を作ろうとしていたら、かなり運任せでしょう。自分の未来なのに受け身で運頼みって、だいぶ残念です。

    嫌われそうなことが怖いというのはわかるけれど、逃げずに勇気を出して「好きです。付き合ってください」と言葉にして伝えましょう。

    ■目黒蓮がやるからキュンとするだけ。真似ちゃダメなテクニックも

    「silent」の中には、マネしちゃいけない恋愛テクニックも複数あったので、最後にご紹介します。

    第1話の高校時代の回想で、想が紬に聞いている音楽を聴かせるため、自分がつけていたイヤホンを渡すシーンがあります。高校生ならギリセーフですが、耳垢がついているかもしれないイヤホンを渡すのは衛生上いやがる女性も多いので控えた方が無難でしょう。

    また、第5話で紬の職場に突然「顔を見て話したいから」と想が来るシーンがあります。紬を心配するが故の行動ですが、実際の恋愛では相手の都合を考えないとただの身勝手男になってしまうので、大人ならきちんと相手の承諾を得てからにしましょう(笑)

    いよいよ後半戦に突入した「silent」。今後、登場人物たちがどんな恋愛模様を見せてくれるのか楽しみですね。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ba877e047461be39498d1c7f8700f9f0f9e5eea1

    【『ドラマsilentから解説』世界トレンド1位の恋愛ドラマ「silent」を恋愛のプロがガチ解説 恋する男たちが真似していいこと・ダメなこととは?】の続きを読む


    『silent』「変わっても変わらないもの」を丁寧に描く キャラクターは当て書き 新人脚本家とベテランPに聞く裏側


    silent』(サイレント)は、2022年10月6日からフジテレビ系「木曜劇場」枠にて放送中のテレビドラマ。主演は川口春奈。生方美久の脚本によるオリジナル作品。 高校時代、青羽紬と佐倉想は付き合っていた。想の声が紬は好きで、二人にとって電話や、共通の趣味の音楽はかけがえのない愛おしい時間であった。…
    29キロバイト (3,543 語) - 2022年11月22日 (火) 23:34



    主人公が耳に難病を抱えた元恋人と再会し、現実と向き合いながら共に乗り越えていく姿を描く連続ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)。心にしみるせりふの数々や、隅々まで考えられた設定など、丁寧に紡がれた物語が話題を呼んでいる本作だが、脚本を手がけるのは今作が脚本家デビューとなる新人の生方美久さん。プロデュースの村瀬健さんは、生方さんの脚本について「変わっても変わらないもの」がテーマになっているというと語る。企画の始まりからこだわりまで、2人に制作の裏側を聞いた。

     ◇多様性への疑問を物語に昇華 ろう者と聴者の“新たな”ラブストーリーに

     主人公は、高校時代に出会った恋人・佐倉想(目黒蓮さん)との別れを経験し、新たな人生を進む青羽紬(川口春奈さん)。ある日、偶然にも街中で想と再会するが、彼は「若年発症型両側性感音難聴」のために、ほとんど聴力を失っていた事実に直面する。

     「14才の母」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などの話題作を手がけてきた村瀬さん。「多様性と声高に言われている世の中で、自分も含めて本当に向き合えているのだろうか、多様性と言われることについてどう思っているのだろうか、ということをずっと考えていました。それをエンターテインメントとして物語に昇華できないか、というのが企画の発端です」と語る。

     そこで、ろう者と聴者のラブストーリーを思いつき、生方さんに話を持ちかけた。提案を受けた生方さんは「耳が聞こえなくなった状態で出会って恋に落ちるという設定ではなく、もともと引かれ合っていた2人が、いざそういう状態で再会したときにどうなるのかを描きたいと思い、このような設定になりました」と明かした。

     ◇「重要なのは誰と誰の恋が見られるか」 川口春奈×目黒蓮だったワケ

     「連ドラのラブストーリーにおいて重要なのは、誰と誰の恋が見られるか」と話す村瀬さん。「飾らない言葉と等身大の自分をありのままに伝える姿勢で今最も女性の共感と支持を得ており、かつ、近年の出演作において圧倒的な“華”を感じさせている川口春奈さん。彼女が主人公(=ヒロイン)のラブストーリーを作りたい、と思いました」と話す。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/35755ff9e6a0f5e18b2c0e033f7a499ecfdb0a92

    【『silent』「変わっても変わらないもの」を丁寧に描く キャラクターは当て書き 新人脚本家とベテランPに聞く裏側】の続きを読む


    『silent』奈々のわざとリュック開けにネットざわつく「あざとい」「一番の曲者」「やべえな」


    silent』(サイレント)は、2022年10月6日からフジテレビ系「木曜劇場」枠にて放送中のテレビドラマ。主演は川口春奈。 2021年に『踊り場にて』で第33回「フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞した生方美久の脚本によるオリジナル作品。 高校時代、青羽紬と佐倉想はお互いに一目惚れして付き合って…
    20キロバイト (2,379 語) - 2022年10月21日 (金) 09:46



    フジテレビ系ドラマ「silent」の第3話が20日、放送された。紬(川口春奈)と湊斗(鈴鹿央士)、想(目黒蓮)の三角関係が物語の中心となっているが、今後の展開のキーになっていく存在として、ネットで注目されているのが、女優・夏帆演じる奈々だ。

     想と同じろうあ者の奈々。公式サイトの相関図では、想との関係は「交際中?」と記され、微妙な距離感だ。それでも劇中では、想への好意を示す描写がところどころに。3話でネットで話題になったのが、奈々が想に気付いて歩道橋から駆け寄るシーン。背負っているリュックのファスナーをわざと少し開け、背負ったあとに想に閉めてもらう。

     このシーンに対して、ネットは「おっちょこ演出」「あざとい女の子」「やべえな」「一番の曲者」「もやっとした」「高等テクニック」「キケン」としたたかさを覚える声が多数。一方で「自分のために何かしてくれる好きな人を見て満足したい気持ちは分かるよ奈々ちゃん」と理解を示す声もあった。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8337b0a0c7d90a7d10941e19f32ec2656fc69f0d

    【『silent』奈々のわざとリュック開けにネットざわつく「あざとい」「一番の曲者」「やべえな」】の続きを読む


    『桜田ひより』「silent」想の妹・桜田ひよりが「天才的に可愛い」と話題!10代の美脚女王「顔ちっさい」


    桜田 ひより(さくらだ ひより、2002年(平成14年)12月19日 - )は、日本の女優(元子役)、ファッションモデル。『Seventeen』専属モデル。研音所属。かつてはクラージュキッズに所属していた。千葉県出身。 小さい頃はクラージュ・キッズに所属し、成田ひより
    38キロバイト (4,663 語) - 2022年10月14日 (金) 15:06



    女優の川口春奈が主演を務めるフジテレビ系「silent」(木曜・後10時)に出演しているモデルで女優の桜田ひより(19)が可愛いと話題だ。

     桜田は、主人公・青羽紬(川口)の高校時代の恋人である佐倉想(目黒蓮)の妹、佐倉萌役を熱演中。同番組の公式ツイッターによると「聴力を失っていく想(目黒蓮 )を近くで見つめてきた妹」「なかなか病気を受け入れられなかった想や他の家族よりも先に、ひっそりと手話を覚え始めた萌。母・律子(篠原涼子)と兄の架け橋的な存在」という役柄だ。

     13日に放送された第2話でも登場し、ネット上では「想くんの妹役の女優さん、めっちゃ可愛い」と注目。桜田はティーン向けファッション誌「Seventeen」の専属モデルで、美脚の著名人を表彰する今年の「クラリーノ美脚大賞」の10代部門にも輝いた美貌の持ち主だ。

     女優としても活躍し、2020年のフジテレビ系「ラーメン大好き小泉さん 二代目!」や、映画「東京喰種トーキョーグール」(17年)、「おそ松さん」(22年)など数々の人気作に出演し、今注目の若手女優だ。

     自身のインスタグラムでは8日の投稿で、ファッションイベント「ガールズアワード」に出演したことを報告し、髪をアップにまとめた姿や全身ショットを掲載。ファンからは「ほんとにほんとにかわいい天使みたい」「顔ちっさい!」「足長い」「天才的に可愛い」などの声が寄せられていた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9bb94be9d99867d6ff8cea38f7743255a7362b5b

    【『桜田ひより』「silent」想の妹・桜田ひよりが「天才的に可愛い」と話題!10代の美脚女王「顔ちっさい」】の続きを読む


    『川口春奈』「1話からボロボロ泣いたわ」「くっそしんどい」 川口春奈&目黒蓮「silent」衝撃ラストに視聴者号泣


    川口 春奈(かわぐち はるな、1995年(平成7年)2月10日 - )は、日本の女優、YouTuber、ファッションモデル。愛称は「ハルル」「はーちゃん」。長崎県五島市(旧福江市)出身。研音所属。 2007年、第11回『ニコラ』のオーディションにおいてグランプリを獲得。研音の子供部門「けんおん。」…
    92キロバイト (12,625 語) - 2022年10月7日 (金) 06:47



    俳優の川口春奈さん(27)が主演するドラマ「silent」(フジテレビ系)の第1回が2022年10月6日に放送され、ラストシーンにインターネット上で「めちゃくちゃ泣いた」といった声があがった。

     同作は川口さん演じるCD販売店員の主人公・青羽紬が、Snow Manの目黒蓮さん(25)演じる高校時代の同級生で交際相手の佐倉想と8年ぶりに再会したことをきっかけに物語が展開していく。

    ■「ちょっと話そうよ!」

     ※以下、ネタバレを含みます。

     高校卒業時に想から一方的に別れを告げられた紬は現在、同級生だった湊斗(鈴鹿央士さん=22)と交際しており、同棲を目前に控えていた。そんな紬は、不動産の内見に行った際に利用した駅を出た直後、改札前でイヤホンを落とし、転がった先のベンチに座っていた想と遭遇する。

     2人の目が合うも、想はそそくさと立ち去ろうとする。紬は追いかけ、「佐倉君だよね?」と腕をつかんで振り向かせた。紬は、高校卒業の時点で連絡先を全て変えてしまっていた想に対し、「無視することないじゃん。あのあと、卒業したあと、すっごい心配したんだよ。何かあったのかと思って。ちょっと話そうよ!」と呼びかけた。

     しかし、想は何一つ返事をしない。紬は「そんなに私と話したくない?」と問いかけると、やっと目を合わせた想は手話で「声で話しかけないで。一生懸命話されても、何言っているか分かんないから」と返す。驚く紬に対して続けて、「何で電話出なかったのか、別れたのか、これで分かっただろ?」と、聴力を失っていることを告白した。

    「俺たち、もう話せないんだよ!」
     その後も、必死の手話を続ける想に対して紬は筆談を提案するが、想は「何言ってるかわからないだろ! 俺たち、もう話せないんだよ!」と拒絶。なおも食い下がる紬に「うるさい! お前、うるさいんだよ!」と大きな身振りで「怒鳴る」と、紬を振り払ってその場を後にしたのだった。

     このシーンに対しては、

    「川口春奈のドラマみたけど普通に泣いたわ」
      「たまたま見た川口春奈のドラマがくっそしんどくて泣いた」
      「やばいやばいやばいやばい ラスト5分で普通に泣いた。川口春奈と同じ気持ちなった」

    といった、涙なしには見られなかったとする声が続々。他にも、

    「初回からこんなに泣いたドラマ初めて」
      「silent 1話から良すぎて最終回バスタオル必要なやつじゃない?」
      「1話からボロボロ泣いたわ ちょっと待って これ最終回わし体中の水分なくなるやろ」

    といった、ドラマの今後に期待する声も上がっている。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e3012f1d341782188fe5afc549b936be51e3d10

    【『川口春奈』「1話からボロボロ泣いたわ」「くっそしんどい」 川口春奈&目黒蓮「silent」衝撃ラストに視聴者号泣】の続きを読む

    このページのトップヘ