美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:W杯


    『W杯でツーショット』三浦りさ子、三浦知良とドイツ戦観戦で夫婦の2ショット「生観戦連れて行って…29年ぶりのドーハ!」


    三浦 りさ子(みうら りさこ、戸籍名:三浦 理佐子/旧姓:設楽(したら)、旧芸名:設楽 りさ子、1968年1月13日 - )は日本で活動する1980年代後半以降のタレント、ファッションモデル。アメリカニューヨーク州生まれで神奈川県藤沢市育ち。 実家だった場所のすぐ近くにある湘南学園(高校時代はバレ…
    13キロバイト (962 語) - 2022年6月23日 (木) 17:31



    サッカー元日本代表でJFL鈴鹿ポイントゲッターズのFW三浦知良(55)の妻で、タレントの三浦りさ子(54)がブログを28日までに更新。W杯カタール大会公式スポンサーを務めるカズとともに現地で日本―ドイツ戦を観戦したことを報告し、夫婦の2ショットを公開した。

    【写真】三浦りさ子、W杯観戦を報告

     ブログの更新は約半年ぶり。「昨日までカタールにワールドカップ生観戦連れて行ってもらってました!!29年ぶりのドーハ!!29年越し、初の生ワールドカップ観戦 日本代表を応援できて しかも初戦勝利の試合が見れて幸せでした」などと投稿。「日本対ドイツ戦の他、ブラジル対セルビア戦も観戦でき、また違ったスタジアムと雰囲気、目に焼き付けてきました ドーハは昔来た印象とは全く変わっていて、キラびやかな高層ビルが沢山立ち並び、オシャレなレストランも増えていてビックリ」とつづり、ラクダとの砂漠ツアーに参加するなど、カタール観光も堪能したことも合わせて報告した。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/95cc078de77f0dd3fb2f2b0d46c724d4af477409

    【『W杯でツーショット』三浦りさ子、三浦知良とドイツ戦観戦で夫婦の2ショット「生観戦連れて行って…29年ぶりのドーハ!」】の続きを読む


    ワールドカップ『潮田玲子』〝甘くない〟発言が現実に…日本敗戦で非難から一変「さすが!」の声


    潮田 玲子(しおた れいこ、1983年9月30日 - )は、日本の元バドミントン選手。三洋電機バドミントン部を経て日本ユニシス女子バドミントン部に所属した。福岡県京都郡苅田町出身。右利き。マネジメント事務所はセント・フォース。本名、増嶋 玲子(旧姓:潮田)。 夫は元サッカー選手の増嶋竜也。夫との間に2子あり。…
    34キロバイト (3,834 語) - 2022年10月20日 (木) 12:49



    サッカー・カタールW杯で、日本代表はコスタリカ代表に敗れた。この結果を受けて、評価が急上昇しているのが元バドミントン日本代表の潮田玲子だ。

    【写真】モデルデビューしていた潮田玲子の肩出しドレス姿

     潮田は試合当日の27日朝、日本テレビ系情報番組「シューイチ」に出演。ドイツを破り勢いに乗る日本代表を取り上げたコーナーで「本当にめちゃくちゃ心配で…すごい試合した次って、何かねぇ」と不安な気持ちを吐露。自身が現役時代、優勝候補に勝った時のことを振り返り「そうすると負けるんです、次の(試合)。本当に今日、絶対甘くないよと思ってて応援するんですけど」などと元アスリートらしい視点でコメントした。

     コスタリカ戦が始まるまでは潮田に対し、出鼻をくじくような発言をしたとして非難めいた書き込みが多かったが、結果が出ると一変。SNS上には「潮田玲子さんごめんなさい」「潮田玲子さんってやっぱすごい」「潮田玲子の予言的中」などと再評価する声であふれた。

     いい所なく敗れた日本代表の評価が急落する一方で、潮田の評価はうなぎ上りだ。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/916be9858b2209aed2f8b4c0b563a2caa23f45bf

    【ワールドカップ『潮田玲子』〝甘くない〟発言が現実に…日本敗戦で非難から一変「さすが!」の声】の続きを読む


    【W杯・コスタリカに惜敗、崖っぷち】田嶋会長「逆に切羽詰まったわけですから。最後は勝つしかない」/一問一答



    <FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会:日本0-1コスタリカ>◇1次リーグE組◇27日◇アルラヤン・アハマド・ビン・アリ競技場
     日本(FIFAランク24位)がコスタリカ(同31位)にまさかの敗北を喫し、決勝トーナメント(16強)進出が一転してピンチになった。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が試合後、取材に応じコスタリカ戦を振り返った。
     田嶋会長のコメントは以下の通り。
     -コスタリカに敗れた
     「1試合1試合で、一喜一憂しない。最後は勝つしかない。そうなっただけ。非常に分かりやすくなった。チームのことは選手、監督も考えて今日のことは分析していると思う。スペイン戦に向けてリカバーするしかない」
     -気持ちの切り替えについては。
     「重要ではありますが、逆に切羽詰まったわけですから。勝つしかない。変な駆け引きもない。前回(ロシア大会)の3戦目のように、いろんなことで我々ができるものではなく、あとは勝ちに行くしかない。夜の結果によっては引き分けとかあるかもしれないが、最後勝ちに行くことに変わりなくなった」

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0cd5606b9dfd0217711810a8cc262d3d9a5c49a4

    【【W杯・コスタリカに惜敗、崖っぷち】田嶋会長「逆に切羽詰まったわけですから。最後は勝つしかない」/一問一答】の続きを読む


    『デンマーク FIFA2022ワールドカップ』ゴール遠いチュニジア W杯サッカー


    ワールドカップは、FIFAワールドカップの成功にあやかり命名されたものである。かつて国際サッカー連盟(FIFA)は「ワールドカップ」の名称を商標登録しようと試みたが、これが認められなかったため「FIFAワールドカップ」で登録した。そのため、他競技でもワールドカップの名称が使用できている。…
    10キロバイト (911 語) - 2022年10月8日 (土) 05:42



    チュニジアは、また1点が遠かった。

     最大のチャンスは前半終了間際。右サイドで崩して中央へクロス。主将のムサクニがマークを外して合わせたが、ゴール右へ外れた。後半も攻めあぐねた。

     初戦のデンマーク戦でもエースのジェバリが決定機を生かせず、チームは2戦を終えて無得点。カドリ監督は「好機で精度がないと違いはつくれない。オーストラリアと自分たちの違いはそこだった」と冷静に分析した。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/25731d75f3eed128e617962db303ca2b9a09f8f3

    【『デンマーク FIFA2022ワールドカップ』ゴール遠いチュニジア W杯サッカー】の続きを読む


    『2022 FIFAワールドカップ』「ガチガチのカテナチオでいきました」岡村隆史、念願のサッカー仕事で大奮闘!



    11月24日(木)深夜に放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送・毎週木曜25時~)にて、岡村隆史が23日(水)にNHK総合で放送された『FIFAワールドカップ2022 まもなく日本対ドイツ キックオフ直前スペシャル』に出演した際のことを振り返った。

    【写真4枚】岡村隆史、念願のサッカー仕事で大奮闘 出演番組を振り返る

    ナインティナイン・岡村隆史

    この日は、矢部がカタールワールドカップ2022の取材のため、久々の1人での放送。しかしそれと同じように“サッカー関連のお仕事”をこなしてきたと岡村は冒頭からリスナーに報告を始めた。

    「相方の矢部さんがカタールにいってらっしゃいましてお休みということで、岡村隆史改め“おかっちFC”が2時間ぶち抜きでお送りしたいと思っております。

    見ていただいたでしょうか? “サッカー関連のお仕事”をあのNHKから頂きましてですね。ガチガチのカテナチオでいきましたからね! 自分もやれるんだっていうところを見せつけようっていう。緊張はもちろんしました! 独特な雰囲気で、ここから始まるぞという空気で、始まる前に下手なことできへんっていうのがありまして。何も武器を持たずにあそこにはよう出ていきませんので、とにかくマネージャーさんと雑誌『Number』を叩き込みましてですね。やっぱり“詰め込み教育の敗北者”ですから、とにかく知識をバーっと叩き込んでですね、本番に挑んだんですけど。

    ナインティナイン・岡村隆史

    いつも思うんですけど、僕が真面目にやればやるほど滑稽に映ってしまうんですね。それが悔しいというか。みんな、手の位置気になったんでしょ?(笑)。知らず知らずのうちに手が上に上がってしまったみたいで、それがイキリたったキャスターみたいになってしまった。なんなら見方によっては、『ゴチ』(※日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」内『ゴチになります!』)の順位結果発表みたいな手やったという人もいます。それはね慣れてないところで許していただきたい」

    というように、往年のイタリア代表伝統の守備「カテナチオ」のごとくカチカチになりながらも、大役をなんとかこなしたことを報告。

    以前、この番組の直後の枠を担当していた井口理の所属するロックバンド・King Gnuとも久々に共演を果たしたようで、「久しぶりにあったKing Gnuにもびびってしまいましたよ。思ってたヌーさんと違う! って。パッと井口さんの方を見たら、井口さんはニヤッとこっちを見て笑ってたんですけど、それぐらいの目配せしかできなくて」と、新たなステージへと旅立った彼らの成長を肌で感じた岡村であった。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/79f8433da1e752ce7c3ff01508e2b58424c54eef

    【『2022 FIFAワールドカップ』「ガチガチのカテナチオでいきました」岡村隆史、念願のサッカー仕事で大奮闘!】の続きを読む

    このページのトップヘ