美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:黒島結菜


    『ブー垂れた黒島結菜』「ちむどんどん」演出に納得できず「ブー垂れた」「グチグチ言っちゃった」と告白


    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年(平成9年)3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけ…
    71キロバイト (9,603 語) - 2022年11月25日 (金) 20:33



    女優の黒島結菜が25日放送のTBS系「A-Studio+」に出演。ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で、演出家に「ブーたれた」過去を告白した。

     MCの笑福亭鶴瓶から「結婚式のシーンも沖縄は、親族が前やねんな?」と話を振られると、黒島は「ああ、そうなんですよ。それでも、すごい木村さんと…、『いや、前じゃないですか?』って」とドラマのチーフ演出を務めた木村隆文氏と、披露宴の撮影での席次を巡ってもめたことを明かした。

     沖縄の披露宴では、新郎・新婦の最前列に座るのに対して、本土では最後列に座る。黒島は「(前に座る)それにもびっくりしたんですよね。(ドラマの設定では)東京で披露宴を挙げるし。まっ、大人の事情もあるんですかね?はははっ…」と不満げな表情を見せた。

     これに、鶴瓶が「絶対に納得してない」と指摘すると、「私は納得してないんです。今でも『何だそれ』って思ってるんですど、ちょっとは。木村さんにも『私は納得しませんけど、分かりました』って言って。ちょっとブー垂れたんですけど。『エー、前がよかったなあ』とかグチグチ言っちゃったんですけど」と本音を吐露した。

     それでも小林氏やチーフ・プロデューサーの小林大児氏の名前を挙げ、「決まったときから2年ぐらい、ずーと一緒にいたので。本当に寂しいし…。久しぶりに会っても、親戚のおじさんたちみたいな感じでこっちも話しかけられるし。向こうも『いつでもNHKにおいで』とか言って。また、いつか一緒に作品できたらなあと心から思えるスタッフの皆さんだった」と信頼関係を築けたと語った。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2fbdc9fec124e14ccae5328e389ef02bc4a95cc8

    【『ブー垂れた黒島結菜』「ちむどんどん」演出に納得できず「ブー垂れた」「グチグチ言っちゃった」と告白】の続きを読む


    『黒島結菜』「次世代美少女の原石」トップ100人を掲載 竹川愛咲、田中日和ら先行カット公開


    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年(平成9年)3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけ…
    69キロバイト (9,266 語) - 2022年10月13日 (木) 07:56



     俳優の二階堂ふみ、山本舞香など、数多くの俳優・モデル・タレントを輩出してきた『美少女図鑑』は、全国から厳選した次世代美少女の原石トップ100人を掲載した写真集『美少女百選2023』を10月31日に発売する。

    【写真】圧倒的な透明感…うぶな魅力が際立つ先行カット

     全国各地の美少女を被写体とした地方発のフリーペーパー『美少女図鑑』は、2002年の創刊以降、デビュー前の二階堂、山本、 桜井日奈子、馬場ふみか、黒島結菜らを掲載するなど、これまで数多くの俳優やタレントを輩出してきた。 現在はフリーペーパーにとどまらず、SNSやライブ配信といった媒体を駆使して地元の美少女を取り上げる地域密着型のメディアとして展開する。

     また、47都道府県に展開するネットワークを強みとして、『美少女図鑑』では全国規模の美少女発掘オーディションを数多く手がけており、『美少女図鑑』が持つ“次世代美少女の原石”の発掘力や全国への展開力・発信力は業界内外から高く評価されている。

     このほど発売する『美少女百選2023』では、創刊20周年の記念すべき節目にあたる『美少女図鑑』がこれまで発掘してきた俳優やタレントのように活躍が期待される、“5年後のスターの原石”トップ100人を全国から集めた。

     『美少女図鑑AWARD2021』グランプリの白石花恋(しらいし かれん/インセント所属)や、『美少女図鑑AWARD2022』グランプリの菅原夕亜(すがわら ゆあ/福島美少女図鑑所属)をはじめとする次世代を担う美少女を、見開き1ページずつ本人からのメッセージ付きで紹介する。

     なお、発売に先駆け、写真集の中から竹川愛咲(ライジングプロダクション所属)、田中日和(新潟美少女図鑑所属)、クーレック・キャスパー(岐阜美少女図鑑所属)の、透明感溢れるナチュラルな素顔と凛とした眼差しが印象的な写真を先行公開した。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0b618b5aa7b659e82dc428228af5969c8dd4bee0

    【『黒島結菜』「次世代美少女の原石」トップ100人を掲載 竹川愛咲、田中日和ら先行カット公開】の続きを読む


    『朝ドラ』『ちむどん』朝8時“最低視聴率”を更新…歴史的不評で高まる黒島結菜への同情論「悪いのは脚本家と制作陣」


    連続テレビ小説 (朝ドラからのリダイレクト)
    ドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。通称:朝ドラ(あさドラ)。 NHKにおける朝の時間帯の帯ドラマの枠の総称である(夜の時間帯の帯ドラマ枠としては、過去に銀河ドラマ→銀河テレビ小説、ドラマ新銀河、夜の連続ドラマ(よるドラ
    183キロバイト (22,065 語) - 2022年10月3日 (月) 02:57



    10月3日、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』の放送がスタートした。福原遥(24)演じるヒロイン・舞がパイロットになる夢を叶えていく物語。107作目の朝ドラがスタートするなか、放送終了したばかりの“前作”の話題がまだ尽きないようだ。

    【写真あり】スタッフに囲まれて『クロサギ』の撮影に臨む黒島

    9月30日に最終回を迎えた『ちむどんどん』。黒島結菜(25)演じるヒロイン・暢子が故郷の沖縄料理に夢をかける姿が描かれたが……。

    「序盤から唐突な展開が続き、Twitter上では“#ちむどん反省会”というハッシュタグが作られ、毎日のように視聴者が内容にダメ出しをしていました。また宮沢氷魚さん演じる和彦が婚約者をポイ捨てして暢子と結婚するなど、後味の悪い展開も一度や二度ではありませんでした。

    回を追うごとに批判の声は高まりましたが、こうした展開が改善されることはありませんでした」(テレビ局関係者)

    それは最終回でも変わらなかったようだ。前日の29日放送回では突如、暢子の妹・歌子(上白石萌歌)が原因不明の高熱で緊急搬送され、危篤状態に。多くの視聴者が歌子の身を案じたが、最終回では病気の詳細が明かされることなく、暢子ら家族が浜辺で亡き父の名前を叫び、歌子が目を覚ますことに。その後、場面が1985年から30年以上先の202X年にジャンプし、“大団円”を迎えたがーー。

    最後まで困惑する展開が続いたことで、ネット上では“朝ドラ史上最大の迷作”“意味不明すぎる”といった声が続出し、評価を覆すことはできなかった。

    そんな『ちむどん』だが、視聴率でも“記録”を作ったようだ。10月3日、最終回の平均世帯平均視聴率は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。この結果、全話の平均視聴率は15.8%となり、この数字は放送開始時間が朝8時からに変更になった2010年放送の『ゲゲゲの女房』以降の朝ドラ作品で最も低い数字となった。

    『ちむどん』が不名誉な記録までも更新するなか、いっぽうで暢子を演じた黒島に対してはネット上で同情の声が広がりはじめている。

    《最後の暢子のありがとうございましたを見てあまりの虚無に黒島さんが逆にかわいそうに思えた》
    《黒島さんが可哀想すぎます 悪いのは脚本家を含めた制作陣ですから》
    《とにかくちむどんどんは脚本が酷いと言われ続けていたけれど最終回はきわものだね。歌子は大丈夫なのかな!?と思ったらいきなり何十年も経って歌子は元気だし現場の製作陣もおかしいと思って出直しする人はいなかったのかな!?せっかくヒロインに選ばれた黒島結菜がかわいそうだね》

    かねて『ちむどんどん』に批判的な投稿をしてきた元農林水産副大臣の礒崎陽輔氏(64)も、30日の最終回終了直後にTwitterでこう投稿している。

    《しかし、俳優の皆さんは、精一杯演じていたと思います。実力のある歌手でも、歌に恵まれなかったら適切な評価を得られないのと同じことです。チコちゃんもそうですが、NHKの制作部門に最近やり過ぎが目立ちます。反省すべきでしょう》

    前出のテレビ局関係者は言う。

    「暢子は視聴者が共感できない幼稚な行動を繰り返し、SNS上では“応援できない”“こんなヒロイン初めて”といった声が相次ぎ、演じた黒島さんを批判する声も少なくありませんでした。一般的に朝ドラ終了後、ヒロインのCMギャラは高騰するのですが、あまりの不評故に黒島さんのギャラはなかなか上がらないと見られています。

    しかし、黒島さんは女優として与えられた役を演じただけです。いくら座長といえども、黒島さんが“歴史的不評”の責任を負わされるのはかわいそうですね」

    早くも10月クールのドラマ『クロサギ』(TBS系)への出演が決定している黒島。名誉挽回の作品となることを祈るばかりだーー。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d00533ce43469f9797f2ebd4ae348369727de6f0

    【『朝ドラ』『ちむどん』朝8時“最低視聴率”を更新…歴史的不評で高まる黒島結菜への同情論「悪いのは脚本家と制作陣」】の続きを読む


    『朝ドラ・テレビ』朝ドラヒロイン「バトンタッチ」 黒島結菜さんから福原遥さんへ


    連続テレビ小説 (朝ドラからのリダイレクト)
    ドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。通称:朝ドラ(あさドラ)。 NHKにおける朝の時間帯の帯ドラマの枠の総称である(夜の時間帯の帯ドラマ枠としては、過去に銀河ドラマ→銀河テレビ小説、ドラマ新銀河、夜の連続ドラマ(よるドラ
    182キロバイト (21,932 語) - 2022年9月11日 (日) 11:46



    放送中のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の主人公、青柳暢子役の黒島結菜さん(25)から、次作「舞いあがれ!」のヒロイン、岩倉舞役を演じる福原遥さん(24)に主役をバトンタッチするセレモニーが14日、大阪市中央区のNHK大阪放送局であった。

    【写真特集】「舞いあがれ!」に福原遥さん

     黒島さんは、沖縄の草木染のショールを福原さんにプレゼント。最終回に向けて「暢子がまた一つ新たな決断をします。最後までよろしくお願いします」とコメントした。福原さんは黒島さんに長崎のステンドグラスを贈り、「皆さんに勇気や笑顔を届けて、今日1日頑張ろうと思ってもらえる作品になればいいな」と意気込みを語った。

     「舞いあがれ!」の放送は10月3日スタート。東大阪で町工場を営む家庭で育った舞は、祖母が暮らす自然豊かな長崎・五島列島で「ばらもん凧(だこ)」に魅了され、大空への憧れを抱く。パイロットを目指して努力を重ねる舞が、厳しさに直面しながらも夢に向かって羽ばたく姿を描く。

     桑原亮子さんによるオリジナルストーリー。主題歌はback numberの「アイラブユー」。語りは長崎出身のさだまさしさん(70)が務める。【倉田陶子】

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/df4c135afc2df5fb0faf733574bdcfdbe87d1e91

    【『朝ドラ・テレビ』朝ドラヒロイン「バトンタッチ」 黒島結菜さんから福原遥さんへ】の続きを読む


    『黒島結菜』杏の親子共演動画が驚異の930万回再生! バズる秘訣は「隣の晩ご飯理論」


    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年(平成9年)3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけ
    67キロバイト (8,988 語) - 2022年9月8日 (木) 23:19



    女優・杏の底知れぬ潜在能力があらわになった。

     杏は先月28日に自身のユーチューブチャンネルを更新し、3人の子供とフランスに移住することを発表。動画で父・渡辺謙と〝初共演〟を果たし、料理をしながら「これからフランスに行くことになりまして。行ったり来たりじゃないけど、2つのお家を持つみたいなこと」と発表した。

    【写真】得意げにランウェイを歩く唐田えりか

     自身も米国に住んで活動した経験を持つ父・渡辺は「子供たちも得難い経験ができると思うしね。4割ぐらいは心配だけど、6割は楽しみという気持ち」と心配しつつも、娘の決断に理解を示した。

     フランス移住にも驚いたが、動画も再生回数もすごい。10日午後10時時点で再生回数はなんと934万回を記録している。

    「実は杏さんは隠れたトップユーチューバーなんです。ユーチューブで大成功している女優さんでは、本田翼さんや川口春奈さんが有名ですが、杏さんも負けてはいません。100万回再生を連発しています」(ワイドショー関係者)

     杏のユーチューブ動画は料理と弾き語りの2つに大きく分かれている。クールにギターを弾きながら熱唱する姿も良いが、破壊力抜群なのが料理動画だ。7月10日に公開された「我が家のおつまみ料理を紹介します」は97万回再生、6月12日にアップした「我が家のそうめんパーティーを紹介します!」は103万回再生、女優の黒島結菜を招いた「仲良しの黒島結菜さんと沖縄料理を作りました!」(4月24日公開)に至っては、258万回再生を記録している。なぜ杏の動画は人気なのか?

     中堅ユーチューバー事務所幹部は「ズバリ〝隣の晩ご飯理論〟です。有名女優のお宅でどんな食器を使っているか、冷蔵庫に何が入っているか、料理でどんな調味料を使っているか、特に女性はのぞき見したいものなのです。しかも杏さんは食器ひとつ取ってもめちゃくちゃオシャレ。料理も上手だし、多くの人が憧れを持って見ているのではないでしょうか」と語る。

     父・渡辺謙との動画が驚異的に伸びているのも、料理動画という鉄板コースに則っているからだ。

     女優業だけでなく、ユーチューバーとしても大成功を収めている杏。フランスに移住したことで、動画も和洋折衷、新たなスパイスが加わりそうで、ファンは心待ちにしている。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bf2b3498e262d57e4b07a71f816bf65ad237d58f

    【『黒島結菜』杏の親子共演動画が驚異の930万回再生! バズる秘訣は「隣の晩ご飯理論」】の続きを読む

    このページのトップヘ