美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:筋トレ


    『健康』低カロリーでヘルシーなだけじゃない!きのこに秘められた栄養パワーとは?管理栄養士が解説



    秋の食べ物と言えば、舞茸やしめじなどといった「きのこ」をイメージする方もいらっしゃるかもしれません。きのこは低カロリーでヘルシーであることは広く知られていますが、きのこには栄養があり体にとって嬉しいメリットもあるようです。 そこで、今回の記事はきのこの基礎知識と栄養とその効果について解説していきます。

    【この記事の写真を見る】

    そもそも「きのこ」とは?
    きのこは野菜なのかな?と思ってしまいますが、実は菌類に属しておりカビに近い仲間と言われています。

    微生物によってつくられる糸状の菌糸が集まることできのことなります。

    きのこの栽培方法は菌床栽培と原木栽培の2つがあります。

    菌床栽培はオガコという木くずに米糠などの栄養を加えて固めたものに、種菌を入れて数ヶ月ほどできのこをつくる方法です。

    原木栽培は原木に穴を開けて種菌を打ち込み、1年間自然な環境下できのこをつくる方法です。

    最近は菌床栽培がメインとなっており、一年中スーパーなどで買うことができるようになっています。ただし、秋から冬にかけてできるものは味が良いといわれているため、きのこは秋が旬であるとされます。

    日本では少なくとも約5000種類のきのこがあるといわれています。そのうち食べられるきのこは約100種類、毒きのこは約200種類があり、残りは食べられるかどうかもわかっていないようです。

    私たちが知っているきのこは、全種類のきのこのうち数少ないのかもしれませんね。

    低カロリーだけじゃない!きのこの栄養パワー
    きのこはカロリーが低いため、ダイエットに効果が期待できるといわれています。それだけではなく、きのこにはさまざまな栄養が含まれており、健康に嬉しい効果もあります。そこで、きのこに含まれる栄養素とその効果を紹介します。

    ・食物繊維
    きのこは食物繊維が含まれています。特に食物繊維を多く含むきのこは「しいたけ」や「キクラゲ」などです。

    食物繊維は体内で消化・吸収されない食品成分のことをいいます。食物繊維といえば、おなかの調子を整える食品というイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれませんね。

    食物繊維は腸内細菌のビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やして腸内環境を良くするのに役立ちます。さらに糖や脂肪を吸着し体外へ排出する作用もあるため、ダイエット効果や生活習慣病の予防・改善にも効果が期待できます。

    現代の食生活では、食物繊維が不足しやすいと言われています。そのため、きのこは食物繊維不足を解消に役立ち健康に嬉しい影響を与えるでしょう。

    ・ビタミンD
    きのこにはビタミンDも含まれています。

    きのこの種類によってばらつきがありますが、一般的に食べるきのこのほとんどがビタミンDを含んでいます。特にビタミンDを多く含むきのこは、「舞茸」や「キクラゲ」などがあります。

    ビタミンDの主なはたらきは、カルシウムやリンの吸収を促すことです。

    カルシウムはミネラルの一つであり、骨の重要な成分です。

    新しい骨がつくられるのと同時に古い骨は壊されることで、骨が新しく置き換わっています。しかし、カルシウムが不足すると新しい骨がつくられにくくなることで、骨が脆くなり骨粗鬆症につながる恐れがあります。そのため、カルシウムを含む食品を摂取することが重要となりますが、カルシウムを摂るだけでは骨として利用されないためビタミンDなどの栄養素が必要となります。

    つまり、きのこは骨の健康を維持するために役立つ食品でもあるのです。

    ・ビタミンB群
    きのこはビタミンB群も含まれています。ビタミンB群のなかでも、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンが含まれています。

    ビタミンB1やビタミンB2、ナイアシンは主にエネルギー代謝に関わっており、私たちが活動するためのエネルギーをつくりだすのに必要な栄養素です。

    エネルギー源となる食品がそのままエネルギーとして利用されません。食べた食品に含まれる栄養素が体内でエネルギーに変わることで利用できるようになります。この栄養素からエネルギーに変えるためにはビタミンB群なども必要とします。

    そのためエネルギー源となるものを補給する際は、きのこと一緒に摂るとエネルギーが効率良くつくられるでしょう。

    ・β-グルカン
    さらに、きのこには「βグルカン」という栄養素が含まれています。

    β-グルカンは食物繊維の一種です。免疫機能を高める作用があり、健康増進に役立つといわれています。

    ただし、どれぐらい摂ると効果があるのか、具体的にどのように効果があるのかはまだはっきりしていないようです。今後の研究により明らかになることを期待したいですね。

    このように、きのこは低カロリーだけではなく食物繊維やビタミンなどの栄養素が含まれており、体にとって嬉しい作用もあるといえます。

    きのこが美味しい季節になってきていますので、普段の食事にきのこを取り入れて栄養パワーを活用してみるのも良いではないでしょうか。

    【参考文献】
    ・東京都福祉保健局 食品衛生の窓「キノコの基礎知識」
    ・林野庁「きのこのはなし」
    ・文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」
    ・厚生労働省、e-ヘルスネット「食物繊維の必要性と健康」
    ・厚生労働省「日本人の食事摂取基準2020年版」
    ・厚生労働省、e-ヘルスネット「骨粗鬆症の予防のための食生活」
    ・M Vlassopoulou et al. Effects of fungal beta-glucans on health - a systematic review of randomized controlled trials. Food & Function. 2021;12(8):3366-3380.

    ライター/一ノ木菜摘
    管理栄養士/ライター。短大卒業後、病院で栄養士として働きながら管理栄養士免許を取得。その後は病院の管理栄養士やコールセンターなどの経験を経てライターとして活動を始める。ダイエットや食品、メンタルなどのヘルスケアについて論文などの科学的根拠をもとにコラムを執筆している。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/47e0fc434f3de78018742f5b6486a7820802f1d0

    【『健康』低カロリーでヘルシーなだけじゃない!きのこに秘められた栄養パワーとは?管理栄養士が解説】の続きを読む


    『筋トレ』45歳で筋トレ開始したITコンサルタントがレギンス部門50歳以下の部で優勝



    8月21日(日)『マッスルゲート東京ベイ』が、浦安市文化会館にて行われた。ウーマンズレギンス50歳以下の部では宝田良子選手が優勝。宝田選手は45歳のとき、足腰を鍛えようとジムに入会。当時は現在より13kgも体重が重かったというが、そこから身体をどのように引き締めたのだろうか?

    【写真】宝田良子選手の自慢の背中

    ――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
    「45歳のときに自宅近くにゴールドジムがオープンしたのをきっかけに、足腰を強くしようと入会しました。当時はちょっと歩いただけでも疲れていたのですが、ジムでGroupPowerというスタジオトレーニングが好きになり、筋トレも頑張るようになりました。それからは代謝が上がり、食べても太りにくくなり、風邪も引かなくなりました」

    ――トレーニングで辛かった経験などありますか。
    「股関節と腰が悪く、脚のトレーニングやスタジオレッスンで痛みが出て思うように動けませんでした。整骨院や整体でケアしてもらいつつ、ジムで機能改善のトレーニングを教えてもらって、徐々に改善ていきました」

    ――仕事とトレーニングの両立はどのように行いましたか?
    「在宅勤務や家事、トレーニングの1週間分のスケジュールを組んで、トレーニングやスタジオの時間を作っています」

    ――普段のトレーニングメニューはどのように行っていますか?
    「脚とお尻、背中、胸と上腕三頭の3分割です。2022年からは脚とお尻を週2回、各部位は1~2日空けるように組んでいます。ターゲットの筋肉をちゃんと伸ばして縮めているか、ターゲット以外に力が入ってしまっていないか、腹圧が抜けていないかなどを意識しています」

    ――自慢の部位とそのトレーニングメニューはありますか?
    「背中です。トレーニングを始めた頃は苦手で、腕や肩が痛くなってしまっていたので、トレーナーさんに何度も聞いて、繰り返しマシンで練習しました」

    ――普段から食事なども工夫していますか?
    「意識して多めに野菜を食べるようにしています。トレーニングの前後にしっかり栄養を摂ります。プロテインと糖質を少量ずつ1日5~6回とること」

    ――初めての大会で困ったことや不安だったことはありますか?
    「前日と当日の過ごし方とポージングが不安でした。大会直前に、昔お世話になったトレーナーさんにSNSで相談してアドバイスをもらって安心しました」

    ――今回の大会での反省点はありますか?
    「脚とお尻の筋量不足。トレーニングを継続して、脚の筋力アップと左右の筋量差を改善したいです」

    ――これから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
    「自分がこうなりたいという身体を目標にして、心身の変化を楽しんでいただきたいと思います」

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c12a0cfc81ad1a6efb47dcd3b7239afd380d82b8

    【『筋トレ』45歳で筋トレ開始したITコンサルタントがレギンス部門50歳以下の部で優勝】の続きを読む


    『美容』医者が簡単に処方する〈危険なやせ薬〉の真実、医師が警告「一生、吐き気を我慢し続けますか?」



    近年、日本では認められていない「やせ薬」を処方する医師が増加。保険のきかない自費診療なので高額なのだが「ダイエット効果が抜群」と、求める患者が後を絶たないのだ。だが、吐き気や便秘などの体調不良や、もっと危険な副作用のリスクも! 医師からもらう薬だからといって安全とは限らない、と現場の医師が告発する。

    【写真】やせ薬はなぜ効くのか、そのメカニズムを解説!

    簡単にやせる新しい飲み薬、登場
     女性の一生のテーマであるダイエット。これまで減量を試みては失敗を繰り返してきた、という人も少なくないだろう。

     しかし今、1日1錠のむだけで効果が期待できる夢のような「やせ薬」が話題になっているのをご存じだろうか?

     驚くべきは、1日1錠という手軽さに加え、その効果の高さ。「食欲が減退して食べる量が大幅に減った」「3か月で10キロ減」など、絶大な効果があるというのだ。

     実は海外ではとてもポピュラーな肥満治療薬で、アメリカやヨーロッパでは臨床試験で安全性が確認されている。日本でも、糖尿病治療薬として厚生労働省から承認されており、医療現場でも使われている薬だ。

     薬の一般名は、GLP-1製剤。「GLP-1 ダイエット」でネット検索すれば、多くの医療機関がヒットする。注射での処方が主流だが、最近ではのみ薬も流通しはじめ、より手軽に使えるようになっている。

     実際に試している人も増えていて、今回の記事を作成するにあたって体験者を探したところ、すぐに2人の協力者が見つかったほどだ。病院が出す薬だから安全だと思う人も多いのだろうが、安易に手を出すとリスクもある、とアクアメディカルクリニック院長の寺田武史医師。

    「GLP-1とは体内にある消化管ホルモンの一種で、上がりすぎた血糖値を下げるインスリンの分泌を促す働きをしています。GLP-1製剤は、ホルモンのGLP-1より持続効果が長く、体内で効率的にインスリン分泌を促して、血糖降下をサポートします」

     血糖の上昇が抑えられることで余った糖が脂肪として蓄えられることも防げ、さらに脂肪の代謝も高めるため、2型糖尿病だけでなく、減量にも高い効果が期待できる。

    「しかし、日本ではダイエットの薬としては認められていません」(寺田医師、以下同)

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8417bc3deebc1572e45f5bfa1b692a937aa75574

    【『美容』医者が簡単に処方する〈危険なやせ薬〉の真実、医師が警告「一生、吐き気を我慢し続けますか?」】の続きを読む


    『ダイエット』ダイソーの「アイスバッグ」で作ったレモン氷が、思いのほか使える件!活用法ベスト8



    去年SNSでバズり、今年も売り切れ続出な100円ショップ「ダイソー」の商品『アイスバッグ』がとにかく使えてやばい!

    ダイソー「アイスバッグ」で午後の紅茶、飲むヨーグルトなど5種類を凍らせてみた結果

    氷を作ることができる袋状のビニールシートなのですが、好きなものを凍らせることができて、冷凍庫内での保存のしやすさも魅力的。製氷皿ではなく、袋でアイスキューブを作るという、新発想アイテムなんです。今回は、アイスバッグで作った「レモン氷」で、ソフドリだけでなくお酒など、色々なドリンクを試してみたのでご紹介します。

    「アイスバッグ」が便利すぎるワケ!
    便利すぎる!

    袋状になったシートに、液体を入れて氷を作ることができる、超便利アイテム。

    シートをサッと取り出しやすいパッケージも魅力的。このシートの優秀なポイントは他にもいっぱいあるんです。

    例えば…

    (1)容量の小さい冷凍庫で、隙間を利用して氷を作ることができる。

    (2)密閉されているのでほこりや冷凍庫の匂いがつきにくい!

    (3)容器を洗う手間や匂いがつく心配がない

    (4)使いたい分だけハサミで切って、残りは冷凍庫で保存できる

    (5)逆流防止弁がついているのでこぼれる心配なし

    (6)1箱24枚も入っていて、たっぷり氷を作れる!

    重ねられるのでスッキリ収納!

    今回はアイスバッグでレモン氷を作って色々なドリンクにTRY!ジュースからお酒までバリエーション豊富に試したので、最後までご覧ください♪

    アイスバックで「レモン果汁」を凍らせてみた。
    漏斗もダイソーで購入できます

    注ぎ口が小さめなため、漏斗を活用!どんな飲み口のドリンクでも簡単に注ぐことができるので買ってよかった!ちなみに、漏斗もダイソーで購入できますよ。

    100%レモン果汁をそのまま

    100%レモン果汁をそのまま凍らせたので、かなり酸っぱい(笑)。お好みの味に水で薄めてからアイスキューブにするのもアリだと思います。

    少しずつ使えます!

    使いたい分だけハサミで切って、あとは冷凍庫で保管!なんて便利なのでしょう。

    【1】「レモン氷×ソフトドリンク5種類」編
    レモン氷×三ツ矢サイダー

    (1)レモン氷×三ツ矢サイダー

    まずはレモン氷に三ツ矢サイダーをIN!想像しただけでハズレはなさそう。

    わあ、おいしそう!お味は…予想通りのうまさ(笑)甘い三ツ矢サイダーにレモンの酸味が合わさって、スッキリ度強めに。大きいボトルの三ツ矢サイダーを買ったものの飽きたな~ってときに味変としてレモン氷を入れると、心機一転おいしく飲めて良いかも。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c2d3396f9ffada682ba84df51fb014acc0ccc43d

    【『ダイエット』ダイソーの「アイスバッグ」で作ったレモン氷が、思いのほか使える件!活用法ベスト8】の続きを読む


    『ダイエット』韓国から輸入したダイエット薬が“覚せい剤”に-危ないサプリ&健康食品



    「韓国でネット販売されているダイエット薬『スーペリンタブ』から、覚せい剤の原料となる『プソイドエフェドリン』が基準値を超える濃度で検出されました。8月上旬、1カ月分を2万円ほどで購入し、日本に輸入した日本人女性が家宅捜索を受けました。日本国内で、30代から40代の女性を中心に500件以上も購入されているとみられていて、健康被害も懸念されます」(医療ジャーナリスト)

    気軽にネット購入したサプリに違法成分が含まれていたり、健康被害につながったりするケースが年々増えているという。薬剤師で医療ジャーナリストの吉澤恵理さんが語る。

    「サプリは食品に分類されるため薬のような一定の規定がなく、すべてが安全とはいえません。特に海外製品については日本での規制が追いついていないのが現状です」

    金沢大学助教で臨床薬学博士の吉田直子さんも警鐘を鳴らす。

    「コロナ禍でネットショッピングがより身近になりました。簡単に海外から個人輸入できるため、いっそうの注意が必要です」

    近年、国や自治体などで購入・使用を控えるなど注意喚起されたり、メディアで危険性を指摘されたサプリや健康食品は数多くある(表参照)。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c416f480c46ae99e026b77810d7c69f45aa746cb

    【『ダイエット』韓国から輸入したダイエット薬が“覚せい剤”に-危ないサプリ&健康食品】の続きを読む

    このページのトップヘ