美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:筋トレ


    『川上麻衣子』コロナ感染、スタッフが一時危篤 志村けんさんや上島竜兵さんの死去は実感なく


    川上 麻衣子(かわかみ まいこ、1966年2月5日 - )は、日本の女優。 スウェーデン・ストックホルム生まれ。ステージUPスタジオ所属。 ともにインテリアデザイナーである両親が改めて北欧家具を勉強するために揃ってスウェーデンの大学へ留学した経緯で、スウェーデン・ストックホルムで誕生。その後1歳で帰国。…
    74キロバイト (9,936 語) - 2023年1月28日 (土) 19:59



    14歳で女優デビューした川上麻衣子さん。50代半ばを過ぎた今も、女優業に加え、スウェーデン小物の店の経営、ガラスデザイナー、猫と人の共生をテーマとする団体の代表理事なども務め、多忙な毎日を過ごしています。そんな川上さんに、年齢を重ねることへの向き合い方や若い頃のパニック症、最近のコロナ感染の経験などをお聞きしました。(聞き手・藤田勝)

    【写真】飼っていた愛猫を抱く川上麻衣子さん

    舞台をやることで自分の生活サイクルを取り戻す
    撮影・小倉和徳

    ――中学時代に女優デビューして40年余り。年齢を重ねることにどのように向き合っていますか。

     モデルさんだったら、きれいでなきゃいけないということもあるかもしれないですけど、女優は違うと思います。年をとることはしょうがないので、若い時にできなかった表現ができるといいなと思っています。そういう職業ですからね。

     もちろん、体力が落ちてきたことを感じることはあります。ドラマの仕事なら睡眠時間の調節など自分で対処しやすいですが、舞台の場合は毎日続くので、体調をキープしなきゃいけないっていうのが本当に厳しいですよね。でもある意味、舞台をやることで自分の生活サイクルをきちんと戻せるという面もあるので、舞台の仕事がなくなってしまうと相当、体力が落ちるんじゃないかなと思います。

    ――更年期の症状などは?

     ホットフラッシュとか、ありましたよ。急に暑くなるとか、汗が止まらないとか。でも20代のときに自律神経失調症、パニック症など、もっと激しいのをいろいろ経験しているので、それに比べれば50代はきつくないですね。

    20代でパニック症 自分を追い詰めていた
    ――20代のころは仕事のストレスが強かった?

     何か思い通りにいかなかったことが多かったんじゃないですかね。パニック症は30代で治り、今はまったく問題ないです。

    ――パニック症の経験から学んだことはありますか。

     やっぱり本当に気の持ちようだと思います。責任感が強すぎる人がなるともいわれますが、自分で自分を追い詰めていって、「今ここで私が倒れたらどうなるんだろう」と思ってしまうのが一番良くないですね。舞台の公演前とか、本当に楽屋で息切れしていたことがよくあり、怖かったです。発作がひどかった時は、手がしびれちゃって全部そっくりかえっちゃうし、意識はあるけれど体温調節もできなかったです。過呼吸になるので、自分の吐いた息を吸うための袋はいつも持ち歩いていました。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb05c32af60e3584327d22e3f5f79fb9a0cd62f1

    【『川上麻衣子』コロナ感染、スタッフが一時危篤 志村けんさんや上島竜兵さんの死去は実感なく】の続きを読む


    『朝からパジャマで、かわいい』中谷美紀さん(47歳)「朝はパジャマでゴミ捨て。夫に笑われます(笑)」


    中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。…
    59キロバイト (6,679 語) - 2023年1月26日 (木) 22:00



    気品と知性を備えた凛とした佇まいに幸せオーラが加わって、ひときわ輝きを放つ中谷美紀さん。オーストリアに暮らすようになって、日本人の高い美意識や美徳を再認識することも多いそう。徹底したプロ意識で厳しく自己管理をしながらも、自分を褒めて慈しむことも大切にする自律と自愛の絶妙なバランス感覚を、率直な言葉でたっぷりと語っていただきました。

    中谷美紀さん(47歳)肌の透明感に思わず驚く!特別カット集

    “頑張る私”を褒めてこそ、周囲を愛することができる
    引用元:美ST

    お話を伺ったのは… 俳優 中谷美紀さん (47歳)
    ’76年東京都出身。’93年のドラマデビュー以来、映画、ドラマなど数々の話題作に出演。’06年『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞の他、多数の受賞歴を持つ実力派。音楽活動や書籍執筆などでもマルチな才能を発揮。’23年3月にはミハイル・バリシニコフと共演の演劇「猟銃」のニューヨーク公演を控えている。

    トップス¥83,600(カオス/カオス表参道)

    「I can do it!」の精神で前を向いています
    どちらかと言えば、もともと怠惰な人間なのですが、仕事に入ると一転してスイッチが入ります。1月に放送・配信となるWOWOWの「連続ドラマW ギバーテイカー」で演じたのは、少年犯罪により娘を殺されたことで刑事に転じた元教師。自分が体験したことがない壮絶な境遇を理解することは簡単ではなく、どのように彼女の苦しみに近づいて自分の中に取り込むことができるのかを考えて悩みました。

    そこで、役柄の苦悩を何とか掘り起こそうと、たまたま近くで開催していたムンクの絵画展を観に行きました。苦しみや痛みを抱えた人の作品に触れることで自分の中にネガティブな感情を移植することができるのでは、と考えたのです。撮影中の2カ月間は掃除洗濯などの雑事はせず、日常生活から離れることでひたすらに役柄の感情と一体化するよう努めました。

    現場では享楽的なことを一切封印するために、食べる楽しみやお腹いっぱいになった幸福感も味わってはいけないと、なつめバターや無糖チョコ、MCTオイルなど少量でエネルギー値の高い食品を、まるで車にガソリンを入れるかのように粛々と摂取(笑)。生命維持のための最小限のエネルギーを体に取り込むだけの食生活を続けました。

    あまりに壮絶な役柄に没頭した2カ月余りは非常に苦しく、撮影が終わった後は達成感よりも虚無感の方が大きかったくらいでした。少年犯罪などを包括するこのドラマのテーマは決して軽くはないですが、猟奇殺人犯を演じる菊池風磨さんはじめ魅力的な共演者、素晴らしい演出や編集のおかげで見応えのあるエンターテインメントに仕上がり、とても嬉しく思っています。

    自責の念という十字架を背負って生きる苦しみ、生きることの難しさ……。だからこそ人生や人間は味わい深い、とも感じますし、観てくださる方々それぞれが違った見地からいろいろと考えるきっかけになれば嬉しいですね。

    10代の頃お世話になった英語の先生から、物事の達成のためには自分自身のエンパワーメントが大事、と言われました。それ以来、鏡を見ながら背筋を伸ばし、胸を開いてシャキッと立ち「I can do it!」と唱えています。そうすることで自分自身が鼓舞されてどんな状況でも最大限の力が発揮できる。背筋を伸ばすといった己との非言語コミュニケーションは、スポーツ心理学的にも自信を高めるための最善の方法だそう。

    さらに大切なのは自分で自分をきちんと褒めること。私も仕事が終わった後には「よく頑張りました!」と自分自身を褒めることを習慣にしています。失敗もしますし、決して完璧ではないけれど、努力した自分を自分で労うことは自己肯定感を高めて前を向くためにもとても有効なことだと思うのです。自分を大事にしたり愛したりすることができない人は、人にも優しくできないし、誰かを愛することなどできないと思いますから。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74fe753c1114ebca39e2c60e256eb26f5378c343

    【『朝からパジャマで、かわいい』中谷美紀さん(47歳)「朝はパジャマでゴミ捨て。夫に笑われます(笑)」】の続きを読む


    『ざわちん』美容整形のビフォーアフターに大満足 気にしていた面長緩和で「メイク中ばりに鏡みてる」「自分でも驚き」


    ざわちん(本名:小澤 かおり(おざわ かおり)、1992年8月16日 - )は、日本の女性タレント、マスクメイクを極めたマスクマイスター、目元メイクに特化した目元メイクスペシャリスト、eスポーツプレイヤー、YouTuber。群馬県太田市出身。 ものまねメイクのパイオニア的存在。日本では今までになかっ…
    53キロバイト (7,401 語) - 2022年12月31日 (土) 21:42



    タレントのざわちんさんが1月14日にInstagramを更新。美容整形の施術を受けたことを明かすとともに、ビフォーアフター写真を公開しました。

    【比較画像】美容整形前の顔つき

     以前からフィスラインのたるみを引き上げる糸リフトが気になっていたものの、「痛みがこわいのと面長なので顔が細くシュッとなりすぎると余計面長が目立ってしまうため躊躇していた」というざわちんさん。しかし、担当医師から施術方法次第で面長を緩和できると聞いたため、施術に踏み切ったとのことです。

     術後の成果には「やってみて本当によかった」「めちゃくちゃ感動した」とすっかり大満足なもよう。「短時間の施術でこんなに変化するなんて自分でも驚き」「ものまねメイク中ばりにずっと鏡みてる」と、自身の生まれ変わったフェイスラインに思わずうっとりしていることも伝えました。

     腫れについてはむくみ程度だそうで、痛みについては「“髪の毛をかなりきつめに縛ったハーフツインテール”をずっとしてる感覚です!」「頬や顎(輪郭全体)の痛みはほぼゼロです」ともコメント。「全然耐えれる」「恐れていたので良かった」とホッとしたようにつづっています。

     なお、まだダウンタイム中だといい、「最終的に施術直後のお顔より小さくなるらしいので楽しみ」と、完成した自身の顔つきに期待していることも明かしました。

     ファンからは「めっちゃかわいい」「綺麗です」「素敵ですね」と変化したフェイスラインを称賛する声や「鏡ずっと見てるって…、わかるぅ」と術後の心境に共感する声とともに、「卵みたいなツルツル肌羨ましい」と美肌に注目する声も寄せられています。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/de3d53f3551ebff8cc84d1ae2064fe53608c24fa

    【『ざわちん』美容整形のビフォーアフターに大満足 気にしていた面長緩和で「メイク中ばりに鏡みてる」「自分でも驚き」】の続きを読む


    『「マジで怪しすぎる」と反響』20キロ減量・渡辺直美、髪ばっさりイメチェン!NYの運転免許証の写真公開 


    渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年〈昭和62年〉10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、インフルエンサー、司会者、女優、声優、歌手。吉本興業所属。東京NSC12期生。ニューヨーク在住。 父親が日本人、母親が台湾人で、直美も出生は台湾である。一人っ子であり、かねてから姉として噂されていた女…
    52キロバイト (6,632 語) - 2023年1月10日 (火) 05:47



    米在住のタレント・渡辺直美が12日にインスタグラムを更新し、ニューへアショットと運転免許証の写真を披露した。

    【写真】「マジで怪しすぎる」NYの運転免許証も公開

     20キロ減量し引き締まった姿が話題となっていた渡辺。この日は「髪の毛を@nerohairに切ってもらいました」とカットを担当した美容師とともにツーショットを披露。

     続けて「私の裏ダブルピースがダサすぎてヤバいと思ったけど、うちらのニューヨークの運転免許の写真の方がヤバかったにょw」と運転免許証の写真も披露。

     ぼやけているセピアがかった写真に「ハッカー集団?www怪しい2人すぎて草」と自虐を交えたコメントをつづり「可愛い髪型ありがとうございましたw」と感謝の言葉で締めくくった。

     この投稿にファンからは「笑いが止まりません助けてw」「マジで怪しすぎる」「密輸で捕まった夫婦みたい」「フルカラーじゃないところがまた良い味を出してる!」といった反響が寄せられた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/29946d6771a4de0cf9719c839c9920f902f339e5

    【『「マジで怪しすぎる」と反響』20キロ減量・渡辺直美、髪ばっさりイメチェン!NYの運転免許証の写真公開 】の続きを読む


    『可愛すぎてびびる』飯島直子「54歳」にネット「信じられない」「色気と可愛さが」TV出演で反響


    飯島 直子(いいじま なおこ、1968年2月29日 - )は、日本のタレント、女優。神奈川県横浜市港北区出身。所属事務所はハーキュリーズ。 横浜市立日吉台中学校、大東学園高等学校卒業。アルバイト先でスカウトされる。 1988年、深夜番組『11PM』のカバーガールで芸能界デビュー。翌1989年には小…
    23キロバイト (2,558 語) - 2023年1月4日 (水) 06:09



    女優・飯島直子(54)が9日夜、フジテレビ系で放送された「グータンヌーボ2スペシャル」に出演。自ら「54」と年齢を説明したが、ネット上では「50代 信じられない」「可愛すぎてびびってる」などと色気と可愛さの共存に驚きの反響となっている。

    【写真】奇跡では済まされない美貌 あいた胸元からのぞく不変の艶っぽさ

     RIKACO(56)らとの女子会トークで、2度の離婚歴がある飯島は、結婚について聞かれ「3度目ってどうなんだろう…」とぽつり。RIKACOから「したければすれば?『紙の誓約』でしかないかなと」と言われ、「(もし結婚するなら)80歳ぐらいでいいかな」と微笑みを浮かべていた。

     視聴者からは「飯島直子が可愛すぎてびびってる」「色気と可愛さ混じっていい」「54歳でも色気がすごいし可愛らしいし全然年取らないしやばすぎる 本当にあれは魔女だわ」「飯島直子が50代… 信じられない…美しすぎる」「全然変わらなくて相変わらず可愛い 54歳ってほんと?」「全然かわらない。かわらずに綺麗 美しすぎるー♥」などの声が寄せられている。

     RIKACOも同番組の収録を終えた12月のインスタグラムで、胸元がくりぬかれたような黒い衣装の飯島との2ショットを添え「それにしてもこんな可愛い50代って本当奇跡だ 素敵に年を重ねていた」と投稿していた。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2958ed7b625233dede8a48d88c752a17d4bcebd4

    【『可愛すぎてびびる』飯島直子「54歳」にネット「信じられない」「可愛すぎてびびる」「色気と可愛さが」TV出演で反響】の続きを読む

    このページのトップヘ