美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:悲報


    悲報、関係者絶句『人気アイドル・舵木まぐろさん急逝』関係者絶句 母報告「あまりにも突然」「心が押し潰されそう」



    モデル・歌手・アイドルとして活動していた舵木まぐろさんが亡くなったことが2023年1月24日、舵木さんの母のツイッターで伝えられた。本人の誕生日である21日に亡くなったという。

    【投稿】舵木まぐろさん生前最後のツイート

     舵木さんはアイドルオーディション「ミスiD 2019」で「サバイバル賞」を受賞した経験がある。同オーディションは、アイドルの戦慄かなのさんや、俳優の玉城ティナさんなど、多くの人気タレントを輩出している。

    ■「本来なら喜ぶべき、誕生日の日に亡くしてしまいました」

     舵木さんの母は、「皆様にお知らせがございます。突然ですが、娘が亡くなりました。本来なら喜ぶべき、誕生日の日に亡くしてしまいました。あまりにも突然で、親より先に失う覚悟など当然無くて心が押し潰されそうです。生前は、皆様に愛されて幸せだった事がTwitterからも伝わって来ます。本当にありがとうございました」と伝えた。

     「今回の件でご迷惑をお掛けしてしまったお仕事の関係者の皆様に、心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と関係者にお詫びも。「皆様には、可愛らしい娘の思い出を忘れないでいただきたく思います。また、個別にお返事をする事、詳しい内容を伝える事は控えさせていただきます。生前の娘の素敵な写真を撮影してくださった方々、思い出を残していただき本当にありがとうございました。大切にします。娘を愛してくださった、全ての人に感謝しております。ありがとうございました」ともつづっている。

     舵木さんのツイッタープロフィールによると、誕生日は1月21日。12日には、28日に開催予定だった自身の誕生日イベントを告知しており、亡くなる前日にあたる20日には「猫起こしてしまったら『プ』て言われた」と、和やかな日常を絵文字を添えて伝えていた。

    「すごく不思議で特別な女の子でした」
     舵木さんは21歳でアイドルオーディション「ミスiD 2019」にエントリーし、「サバイバル賞」を受賞。18年夏に配信されたオーディションの自己PR動画では、アルバイトで納棺師の経験があることなどを語っていた。

     「ミスiD」実行委員長の小林司さんは24日にツイッターを更新し、「お母様のツイートの通り、舵木まぐろさんが亡くなりました。誕生日でした。すごく不思議で特別な女の子でした。まだ何と言っていいかわからないです」と胸中を明かした。

     小林さんは、オーディション当時のウェブサイトで、舵木さんについて「148cmというのがいつも信じられない。それほどに存在感がある女の子。存在感で言えば、今回個人的にナンバーワン」と賛辞を送り、「綺麗なルックスはあくまで借り物で、魂が息して生きてる感じ」「サバイバル賞は個人的には文句なしです」と太鼓判を押していた。

     「ミスiD 2020」で、実行委員特別賞に輝いた俳優・歌手の夕月未終(ゆづき・みお)さんも、ツイッターで「一緒にライブ活動をしておりました舵木まぐろが亡くなりました。お母さまからご連絡があり事実と確認しております。生前は大変お世話になりました」と謝意をつづった。

     舵木さんの友人だというモデルのLIQさんは、「友人の舵木まぐろが亡くなりました。僕の人生の中で1番の、本当に大切な友達でした。こんなかわいくて素敵で唯一無二な女の子が、僕を気に入ってくれて、たくさん仲良くしてくれて、本当に幸せでした。楽しかった思い出の全部にまぐがいます。まぐはいっつも、ちょっとだけ俺の先にいるんだよな」と生前の日々を振り返った。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d894e9fd3a06bff49b3c44f538c1d89672bf5afb

    【悲報、関係者絶句『人気アイドル・舵木まぐろさん急逝』関係者絶句 母報告「あまりにも突然」「心が押し潰されそう」】の続きを読む


    『悲報、マイケル・ジャクソンの元妻』病院搬送後に脳死宣告されていた 2度の心臓発作で急死


    マイケルジャクソン(Michael Jackson ONM、1958年8月29日 - 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター、ダンサー。本名、マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson)。インディアナ州ゲーリー出身。「キング・オブ・ポップ」と称されている。…
    82キロバイト (9,710 語) - 2022年12月28日 (水) 10:29



    マイケル・ジャクソンの元妻で歌手のリサ・マリー・プレスリーは、病院搬送後に脳死を宣告されていたという。

    【写真】リサ・マリー・プレスリーと息子のベンジャミン・キーオさん

     今月12日に2度の心臓発作をおこし54歳の若さでこの世を去ったリサ・マリー、22日に行われた彼女の追悼式では何千人もの弔問客と家族が集まり敬意を表した。

     その追悼式に先立って、彼女の死に関する詳細が明らかにされたかたちで、報告書によると、ロサンゼルスのカラバサスの自宅で倒れたリサ・マリーの最初の心臓停止は自宅で、2回目は病院に向かう途中だったとみられている。そして2回目の心臓発作の後、すぐに死亡が確認されたそうだ。

     TMZは死因に関する新たな情報をこう伝えている。「リサ・マリー・プレスリーは入院後、2回目の心臓発作を起こしました。その絶望的な状態から、彼女の家族はすでに医師に蘇生をしないように命じていました」「木曜日に入院した後、脳死と宣告されており、医師は昏睡状態の彼女に、生命維持装置をつけました」「家族は再び心配停止した時に備えてDNR(蘇生処置拒否指示)に署名しました」

     リサ・マリーの死後、多くの追悼の言葉が寄せられている。2002年から2004年まで結婚していた元夫のニコラス・ケイジ(59)は「リサは私が出会った中で最も笑いを届けてくれた人でした。いつも場を明るくしてくれました。胸が張り裂けるようです」と声明を発表した。

     また1977年に他界したリサ・マリーの父親エルヴィス・プレスリーの伝記映画『エルヴィス』のバズ・ラーマン監督(51)は「この1年間、映画『エルヴィス』ファミリー全員と私は、リサ・マリーの優しい抱擁を感じることができました」「彼女の突然の衝撃的な喪失は、世界中の人々を打ちのめしました」「私は、世界中の彼女のファンが、彼女の母プリシラと素晴らしい娘たち、ライリー、フィンリー、ハーパーのために、 愛と支援の祈りを分かち合っていることと思います。私たちはあなたの温かさ、笑顔、愛を惜しむことでしょう」と故人を偲んだ。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0412b9987dd9119c7c425e73aa8f6b6df2f1d24b

    【『悲報、マイケル・ジャクソンの元妻』病院搬送後に脳死宣告されていた 2度の心臓発作で急死】の続きを読む


    『悲報・高橋幸宏さん死去』昨年6月の誕生日翌日に最後のツイート「本当にありがとう」 インスタでは療養中の姿も


    高橋 幸宏(たかはし ゆきひろ、1952年〈昭和27年〉6月6日 - 2023年〈令和5年〉1月14日)は日本のシンガーソングライター、ドラマー、音楽プロデューサー、ファッション・デザイナー、文筆家。 ソロ・デビューした1978年(昭和53年)から1980年(昭和55年)前半までは、「高橋ユキヒロ」とカタカナ表記の名前を名乗っていた。…
    53キロバイト (2,999 語) - 2023年1月14日 (土) 22:43



    1980年代にテクノブームを巻き起こした伝説のバンド「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のドラムスでミュージシャンの高橋幸宏(たかはし・ゆきひろ)さんが亡くなったことが14日、分かった。70歳。東京都出身。死因や日時は明らかになっていない。2020年8月に脳腫瘍の摘出手術を受けていた。昨年9月に予定されていたデビュー50周年記念ライブへの出演を目指し、懸命にリハビリに努めてきたが、復活のステージに上がることはかなわなかった。

    【写真・別カット】昨年6月の誕生日翌日のインスタで公開した軽井沢で療養中の自身の姿

     関係者によると、高橋さんは年明けに肺炎を患い、容体が悪化した。亡くなったのは今週とみられる。

     高橋さんは20年初夏から断続的な頭痛に悩まされ、同年8月のMRI検査で脳腫瘍と判明。摘出手術は成功し、入院治療の全工程終了を報告した同10月のツイッターで「新幸宏になって戻ると決意しました」と宣言。長野・軽井沢の別荘で静養する一方、通院治療を続けた。しかし、21年6月に定期検診を受け、「まんまと嫌な予感が当たり、また別の治療始めます」と投稿。再発ではないとしながらも、詳しい治療内容などは明かさなかった。

     最後のツイッター投稿は昨年6月7日。前日6日に70歳の誕生日を迎えた高橋さんは「みんな、本当にありがとう。 from ユキヒロ」とつづり、ハッシュタグで「allyouneedislove」「愛こそすべて」「ありがとう」と感謝の言葉を添えた。同日のインスタグラムでは軽井沢で療養する自身の姿を投稿していた。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e954009be2886ec229cb498d088dad0d6eeb10ec

    【『悲報・高橋幸宏さん死去』昨年6月の誕生日翌日に最後のツイート「本当にありがとう」 インスタでは療養中の姿も】の続きを読む


    『悲報・野杁俊希さん急死』赤木春恵さんの孫・野杁俊希さんが脳出血のため33歳で急死 階段で転倒し頭部強打…大河にも出演


    野杁 俊希(のいり としき、1989年10月18日 - 2023年1月2日)は、日本の俳優。東京都出身。祖母は赤木春恵。 LDH JAPAN所属。 文学座付属演劇研究所49期卒業。 金曜プレステージ浅見光彦「佐渡伝説殺人事件」(2011年、フジテレビ) 金曜プレステージ浅見光彦「還らざる道」「志摩…
    4キロバイト (405 語) - 2023年1月2日 (月) 20:15



    女優・赤木春恵さん(2018年没、享年94)の孫で俳優の野杁俊希(のいり・としき、本名同じ)さんが2日、脳出血のため都内の病院で亡くなった。33歳という若さでの急死だった。

     演劇関係者によると、俊希さんは12月29日夜、都内の飲食店の階段で誤って転倒し頭部を強打。すぐに救急搬送され、ICU(集中治療室)で治療を受けたものの2日未明、力尽きた。

     俊希さんは文学座付属演劇研究所49期生で、卒業公演「僕の東京日記」では主役に抜てき。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(14年)で赤松広秀役を演じ、昨年は吉幾三特別公演などに参加した。

     役者志願に親が反対する中、俊希さんをかわいがっていた赤木さんは理解を示した。人への観察眼が鋭く、感情表現の豊かさに、才能を感じたようだ。ただ「焦らず、40歳過ぎて花開くのを待て」と助言。晩年の赤木さんは就寝前の“願いごと”が日課だったが、孫の成功を祈り続けた。俊希さんは赤木さんが所属した芸能事務所「オフィスのいり」を営む野杁和俊さんの長男だが、身内の甘えを捨ててLDHに所属。今年は役者として活動の幅をさらに広げたいと強い意欲を見せていた。

     ◆野杁 俊希(のいり・としき)本名同じ。1989年10月18日、東京都生まれ。名前は石井ふく子さんが命名。身長178センチの整った容姿で一時期モデル活動も。スケートボード、殺陣が得意だった。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/05f983c9d30c3b17ba20575ecc3a1287ac435c1a

    【『悲報・野杁俊希さん急死』赤木春恵さんの孫・野杁俊希さんが脳出血のため33歳で急死 階段で転倒し頭部強打…大河にも出演】の続きを読む


    『悲報』交通事故死、23歳の若さで。。しめじ寺本大樹さんの相方で兄・太朗「彼が生きていたこと自体が素晴らしい事だった」


    さくらしめじは、日本のフォークデュオ。スターダストプロモーションの若手男性タレント集団「EBiDAN39&KiDS」から選抜された、初のフォークデュオである。さくらしめじの他に、「ガク&ヒョウガ」や、「ヒョーガク」、「しめじ」と呼ばれることもある。 デビュー時からイメージキャラクター、CDジャケッ…
    31キロバイト (3,023 語) - 2022年10月7日 (金) 20:52



    お笑いコンビ、しめじの寺本大樹(てらもと・たいき)さんが13日に交通事故のため都内の病院で亡くなり、兄で相方の寺本太朗(25)が17日、コメントを発表した。

     兄の太朗はツイッターで「故人のことを悪く言うのは良くないと思いますし、そもそも僕自体そんなにできた人間ではないと言うことも踏まえても、彼は決してお手本になるような人間ではありませんでした」と書き出し、「周りの人に迷惑ばかりかける生き方をしてきた彼ですが、あんな人間でも、人が亡くなるという事、それに立ち会うと、その説得力が僕やその場に立ち会ってくれた人々に語りかけ、悲しみを抑えることができませんでした。彼がどんな生き方をしていても、彼が生きていたことそれ自体が素晴らしい事だったんだなと今は思います」とつづった。

     続けて「生前彼の生き方が面白いと思い、話してくれた芸人の方たちが、いつかまたそれを振り返って笑って頂けると彼も幸せかと思います」とし、「応援して頂いた方ありがとうございました」と感謝した。

     大樹さんは大阪府八尾市の出身。兄の太朗と17年8月に、しめじを結成。今月もライブなどを告知していた。23歳だった。すでに葬儀・告別式は執り行われたという。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/690719df1265d8d859430bd356a1daf7160f9ca2

    【『悲報』交通事故死、23歳の若さで。。しめじ寺本大樹さんの相方で兄・太朗「彼が生きていたこと自体が素晴らしい事だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ