『健康』就活で人生を諦めた大卒27歳男性 スーパーのアルバイトで得た自己肯定感と社会との接点


就職活動 (就活からのリダイレクト)
就職活動(しゅうしょくかつどう)英語Job huntingは、職業にくための活動の総称。略して、就活(しゅうかつ)とも呼ばれる。また一般に、仕事をしていた人が一度退職し一定のブランク期間(働かない期間、離職期間、あるいは失業期間)を経て、再び就職することを再就職という。 就職活動のあり方は、世界を見渡せば多様である。
82キロバイト (7,248 語) - 2022年6月9日 (木) 14:46



 大卒者の13人に1人が、ニートや無職になっているという現実を、どれだけの人が知っているだろうか。理由はさまざまだが、人間関係を構築するのが極端に苦手な人の場合、就職活動がうまくいかず一度「普通の人」のコースを外れてしまうと社会復帰が難しいことは想像がつく。再チャレンジ可能な社会の実現が提唱されて久しいが、実態はどうなのか。ある男性のケースから、世の中のあり方を考えたい。

* * *
 田原悠(仮名)さんは、現在27歳。スーパーでのアルバイトを始めて半年になる。

 仕事は品出しやレジ打ちで、勤務は週5日。基本は9時から17時までだが、時には夜勤に入ることもある。

 母親と二人の実家暮らし。父親は単身赴任中で、会社員の弟はひとり暮らしをしている。

 悠さんは今の仕事に就くまで、大学を出てから一度も働いたことがなかった。

 1年前から、若者の就職支援をする団体のサポートを受けるようになり、ようやく受かったのが今の職場だ。この半年間、仕事は一日も休まずに続けられている。周りからは「次は正社員」と言われるが、今はアルバイトで精いっぱいの日々だ。

「正直、自分としては正社員になるのはずっと先かなと思っています。今のバイトをいつまで続けるかもわからないけれど、職場が変わってもやっていけるような人になりたい」

■嫌われても仕方がない人間だった

 悠さんは、子どものときから人との付き合いが苦手で、おとなしい性格だった。弟ともあまり仲が良くなく、ひとりでゲームばかりしていたという。

「小さいころ、友達はいましたか?」と聞くと、「友達、いたのかな? ときどき遊ぶ子はいたけど、友達だったのかな……」と考え込んでしまった。

 不運なことに、小学校ではいじめにあった。

「嫌われても仕方がない人間だったから」

 寄り添ってくれる先生もいなかったし、母親は「相談できる相手ではなかった」という。

「それはつらかったでしょうね」というと、「相談できる相手が見つけられなかった自分が悪いんです」という答えが返ってきた。

Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc11fd26c69c5e08c2f0ec5ab026a6b783431fc0

【『健康』就活で人生を諦めた大卒27歳男性 スーパーのアルバイトで得た自己肯定感と社会との接点】の続きを読む