美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:大谷翔平


    『大谷翔平 2ショット』スーツ姿で女性と2ショット そっと手を触れる所作にファンがジェラシー「私と代わりなさい」「私のポジション」


    大谷徹とバドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。…
    250キロバイト (33,822 語) - 2023年1月17日 (火) 16:38



    大リーグ「ロサンゼルス・エンゼルス」の大谷翔平選手が1月25日にInstagramを更新し、アンバサダーを務める紳士服ブランドのイメージ撮影の様子を公開。スーツ姿に称賛の声が多く寄せられた一方で、画面に女性の姿が映り込んでいることから、「私と代わりなさい」「そこは私のポジションなんだけど」「泣いた」などとファンのジェラシーが爆発しています。うらやましい。

     大谷選手が公開したのは、アンバサダーを務めるドイツの紳士服ブランド「ヒューゴ・ボス」の撮影風景。鍛え上げられた体で黒のスーツをかっこよく着こなしており、壁にもたれかかった姿はファッションモデルさながらの雰囲気をかもしています。毛先も遊ばせちゃって……。

     さらに、大谷選手の手前には女性の姿も見え、両手でスーツの前裾部分に手を添えています。女性はモデルなのか、スタイリストといったスタッフなのか正体は判明していませんが、陰影が色濃く浮かび上がるトーンからはどことなくロマンティックなムードを感じざるをえません。

     コメント欄ではスタイリッシュな大谷選手に称賛の声が相次いだ一方で、「私と代わりなさい」「私のショウヘイに何してくれてんの」「そこは私のポジションなんだけど」「泣いた」「(女性の)仕事に空きはありますか?」「ねぇショウヘイ、説明して」などと、画面の女性につい嫉妬してしまうファンからの悲鳴が多く見られました。

     2022年シーズンでは、史上初の規定打席と規定投球回のダブル達成を果たし、15勝・34本塁打を記録するなど勢いの止まらない大谷選手。3月に行われる「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)」の出場も決定しており、今シーズンもさらなる活躍が期待されています。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc13c5d987c188cde87129f7c50550bbf2b27fca

    【『大谷翔平 2ショット』スーツ姿で女性と2ショット そっと手を触れる所作にファンがジェラシー「私と代わりなさい」「私のポジション」】の続きを読む


    『大谷翔平』166回投げ666打席に立った大谷翔平「健康な状態続けられた」…「W規定」到達の快挙


    大谷徹とバドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。…
    228キロバイト (30,602 語) - 2022年10月6日 (木) 02:48



    【オークランド(米カリフォルニア州)=帯津智昭】米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(28)が5日(日本時間6日)の今季最終戦となるアスレチックス戦で、先発投手兼3番指名打者で出場し、同一シーズンで規定投球回(162)と規定打席(502)の両方に到達した。1903年にワールドシリーズが創設された現在の大リーグ史上初の快挙となった。

     投打いずれもチームの主力として出場を続けたことを示すもので、投球回はメジャー5年目で初、打席は2年連続の到達。計166回を投げ、666打席に立った大谷は「健康な状態で毎試合、マウンドに上がることができた。いいリカバリー(回復)を続けられた」と振り返った。

     開幕投手を務めた今季、投手として15勝9敗、防御率2・33、打者として打率2割7分3厘、34本塁打、95打点の好成績を残した。1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりとなる「2桁勝利・2桁本塁打」を達成し、大リーグ初の「10勝、30本塁打」「200奪三振、30本塁打」などもマークした。アメリカン・リーグ最優秀選手(MVP)に選出された昨季同様、記録ずくめの1年となった。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aac52c1219ae6d167795756119d12250cf89314e

    【『大谷翔平』166回投げ666打席に立った大谷翔平「健康な状態続けられた」…「W規定」到達の快挙】の続きを読む


    『メジャー初の快挙』大谷翔平に逆転3ランのメジャー史上初10勝&30本を許したヤ軍エースがNYメディアに”恨み節”…「この夜最悪の速球。まさに失投」


    の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 野球を始める前はバドミントンと水泳を習い、これらにより後に野球で活躍する基礎を作った。
    224キロバイト (29,938 語) - 2022年8月31日 (水) 15:00



    エンゼルスの大谷翔平(28)が8月31日(日本時間1日)、本拠地で行われたヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場し、0-2で迎えた6回一死一、二塁にバックスクリーンに飛び込む逆転の30号3ランを放ちチームは3-2で勝利した。相手は昨季最多勝のヤンキースの右腕エース、ゲリット・コール(31)。またMVP争いのライバルのアーロン・ジャッジ(30)は2打数ノーヒットだった。大谷が成し遂げた10勝&30本はベーブ・ルースもできなかったメジャー史上初の偉業。敵地のニューヨークメディアも含めて全米に喝采の嵐が吹き荒れた。

    「さらなる歴史を作った」「単純にうれしい」
     その初球は当たったか当たらなかったかのスレスレの内角球。エンゼルスベンチは映像で確認。当たっていないとの判断でチャレンジはしなかった。カウント2-0からの3球目だった。ヤンキースの大エース、コールが投じた97.9マイル(約157.6キロ)のストレートが甘く真ん中に入ってくる。大谷は見逃さない。バットを一閃すると打球はバックスクリーンへと大きなアーチを描く。大谷は確信歩きからのガッツポーズ。そして吠えた。コールは打球の行方も見なかった。
     メジャー史上初となる10勝&30本の記念すべき一発が劇的な逆転3ラン。二塁ベースを回るときに大谷は珍しく再びガッツポーズを繰り返し、ベンチではウォータースプラッシュの祝福を受けた。
     全米メディアは称賛の嵐だ。
     MLB公式サイトは「大谷が初の30本塁打、10勝の選手へ」との見出しを取り「エンゼルスの二刀流スター大谷が、メジャーリーグの歴史でいまだ見られていないことをやり遂げているが、水曜日にさらなる歴史を作った。大谷は10勝、30本塁打を放ったア・リーグ、ナ・リーグを通じて史上初の選手となった。そして、その一打は重要な場面でもたらされた。ヤンキースのエース、コールから6回に放たれた3ランは逆転弾で、そして大谷が日本出身選手として初めて複数シーズンで30本塁打を記録した初めての選手となった」と伝えた。
     同サイトは、大谷の「単純にうれしいし、ここまで安定してしっかりと出続けているのがまずいいところ。継続して最後まで健康で出られるように調整したい」とのコメントを紹介。  
     またMVP争いをしているジャッジとの直接対決を「このシリーズは大谷とジャッジのア・リーグMVP候補による対戦として宣伝され、評判通りの素晴らしい対戦となった」と評価。大谷、ジャッジは揃って、今回の3連戦で2本塁打を放ち、大谷は3試合の打率が.417(12打数5安打)、2本塁打、二塁打1本、5打点と大活躍したことを紹介。
     大谷が、2年連続でMVPを獲得すれば、ミゲル・カブレラが2012、2013年に達成して以来となることを伝えた上で、大谷のジャッジとのMVP争いについての声を紹介した。
    「もちろんモチベーションにはなる。そういう形になるか、ならないか、プレーヤーとして違いが出てくる。ただ1試合1試合、今日のいい場面で打てたのもそうだけれど、勝ちを意識して頑張っていればおのずと数字はついてくる」
     同サイトによると30本&100奪三振以上もメジャー史上初の記録で、大谷の30本はリーグで3位、奪三振数176はリーグ5位であることを伝えた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c0dfdc2061940b28f57546e2838ad6de1735b38

    【『メジャー初の快挙』大谷翔平に逆転3ランのメジャー史上初10勝&30本を許したヤ軍エースがNYメディアに”恨み節”…「この夜最悪の速球。まさに失投」】の続きを読む

    このページのトップヘ