美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:メイク


    『化粧』スキコンからヴィーガンラーメンまで。素晴らしきMADE IN JAPANビューティの世界


    スキン (skin) 英語で肌、皮膚、革、表皮、果皮などを指す名詞。 コンピュータのアプリケーションソフトウェアなどで、ユーザインタフェースの外観表示を変更できる機能。⇒スキン (GUI) コンドームの通称。 スキンヘッド(髪型)のこと。 SKIN - 1980年頃に活動した日本のロックバンド。 S
    1キロバイト (199 語) - 2022年1月8日 (土) 09:28



    増えてきた肌悩みに応えることにばかり気を取られていませんか? 40代からこそビューティは自由に、アグレッシブに、そしてエモーショナルに楽しむべき! 長引くご自愛モードはもう終わり! 新しい時代を感じる、スタイリッシュでパワフルな美容のムードを美容ジャーナリスト永富千晴さんが解説します。


    当たり前すぎて忘れがちですが日本の美容感度は世界トップレベル
    昔からMADE IN JAPAN製品といえば、クオリティの高さや安全性、繊細な仕事。そんなイメージがありますよね。たとえば食。近年では「生産者の顔が見える食材」が増え、どこの誰がどうやって作ったものか一目瞭然。これも日本ならでは。好みの違いはあれど、外国人がこぞって日本の料理を美味しいと評価するのもある意味当然ともいえて、日本人の舌が肥えていて繊細に味を読み取る感度の高さも大きな要因でしょう。

    そして、やっぱり誇るべきは日本の美容感度の高さ! 効果やカラーバリエーションといったところはもちろんのこと、手触りや肌あたり、なめらかな質感、心地よい香り、パッケージの美しい佇まい……そういった“感じる”部分にまで行き届いたものづくりは、世界中を見渡してみても、日本が抜きん出ていると思うんです。我々にとっての当たり前は、実は世界に誇れるとっても素晴らしいこと! なのに、当たり前だからこそ、ついその素晴らしさを忘れがち。だから改めて日本に目を向けて、世界に向けてどんどん発信していきたい、日本のものづくりの精神が光るコスメをご紹介します。

    ヒノキの葉まで有効利用した木材会社だからこそ作れたボタニカルコスメ
    Meet tree mtハンドクリーム 30mL ¥1320

    「岐阜県中津川で100年続く老舗材木会社から誕生した。モダンなパッケージからは想像つかなかったほど林業…特に日本の3銘木でもある『木曽桧』への熱い想いを込められたブランドストーリーがあり、『森を守るためにできること』のひとつの働きかけとして、このブランドを立ち上げたそう。製品には、木曽桧の葉や枝から抽出した上質な精油を配合。森に行かなくても、森林浴をしているような、桧から揮発するモノテンペルのリラックス効果を製品一つ一つから味わえます。木材加工会社ならではの視点で木曽桧をあますことなく活用し、地球の未来のために森林環境保全に貢献するなどの活動も。すっと馴染みのいいハンドクリームを始め、柔軟剤、消臭アロマミストなど、桧成分を軸に作られているだけあり、清々しい気持ちに」

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/df438fb2699535df8a98895aa92929354f119931

    【『化粧』スキコンからヴィーガンラーメンまで。素晴らしきMADE IN JAPANビューティの世界】の続きを読む


    『美容』1万人を接客した美容部員が教える「汗でベースメイクが崩れる」解決の意外すぎるコツ


    メイク (メークからのリダイレクト)
    メイク 英語で作るの意味。 銘柄、ブランドなどの意味であり、主に工業製品に用いられる。多くは製造者名の中核部や創業者の名などに由来するが、厳密には製造者名 (法人名など) とは異なる。 メイクアップの略。化粧のこと。マックス・ファクターの台詞「Make Up(もっと美しい表情を)」の台詞が、後に「化
    1キロバイト (223 語) - 2020年11月24日 (火) 11:02



    マンガ家の吉川景都さんと、小学校からの幼なじみで現役美容部員のBAパンダさんの共著『メイクがなんとなく変なので友達の美容部員にコツを全部聞いてみた』。
    本書は二人の楽しいやりとりと、BAパンダさんが教える目からウロコのメイクテクニックが話題となり、マンガはTwitterで累計70万いいね!を獲得。「メイクをこんなふうに、友達に教えてほしかった!」「まさに求めていた本!」と大反響が寄せられています。
    いよいよ梅雨明けも近づき、30度を超える日々がやってきました。今回は、暑い時期の悩み「ベースメイクが崩れる」を解決。本書から特別に内容を抜粋して紹介します。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/10832caa4e8a4da7827559b6376273e7ad55a621

    【『美容』1万人を接客した美容部員が教える「汗でベースメイクが崩れる」解決の意外すぎるコツ】の続きを読む


    化粧に用いる品々を(おもにからだに塗る粉、液、ペースト類を)「化粧品」と言う。道具類は「化粧道具」と言う。化粧を行うため部屋は「化粧部屋」「化粧室」という。 古代から一部人が化粧をしていた。古代エジプトでは王族などがすでに化粧をしていたらしい。中世ヨーロッパでは「七つ大罪」ひとつ「傲慢」にあたるとして行われなくなった。
    22キロバイト (3,334 語) - 2022年5月13日 (金) 08:10

    【【悲報】男性用化粧品のCM「面接はメイクで印象アップ」、メイクしないと落ちる時代に…】の続きを読む

    このページのトップヘ