美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:プロ野球


    【あいにょん.・モラハラを告白】「一生償ってください」 プロ野球選手「モラハラと裏切り」告発YouTuber再暴露...晒されたLINEの中身とは


    あいょん(1995年3月6日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名は非公開。兵庫県西宮市出身。所属芸能事務所はエンズエンターテイメント。所属レーベルはワーナーミュージック・ジャパン傘下のunBORDE。血液型はO型。 歌手や女優なることを夢見ていた祖母やPAエンジニアである父の影響で音楽…
    64キロバイト (5,956 語) - 2022年11月19日 (土) 11:14



    プロ野球選手からモラルハラスメントを受けたことを告発したYouTuberの「あいにょん.」こと大塚愛里さん(25)が2022年11月22日、当該選手と球団側への不満をインスタグラムで爆発させた。

    【画像】大塚さんが暴露したLINEのやり取り

     投稿では、「自分のケツも拭けねぇ野郎がのこのこ生活してんなよ」「筋通さない奴まじで嫌いなんだよね」などとつづっている。

    ■「自分のケツも拭けねぇやつがのこのこ生活してんなよ」

     大塚さんは10月21日に更新したインスタグラムで、複数のプロ野球選手の個人名・アカウントを掲載した上で、「私の良心を踏み躙り、心を殺した、モラハラ男」「私を暗闇に落とし込んで私は毎日生き地獄」「謝罪の一言もなく、連絡の1つ、返ってこなかったです」などと告発した。

     具体的な被害の内容は明かさなかったものの、大塚さんは「親密な人間からのモラハラと裏切りです」とし、当時の所属事務所の対応についても、「診断書まで見せても仕事をしろ。と、向き合ってくれたなかった」(原文ママ)とコメント。11月2日には、所属していた2つの事務所の退所を報告している。

     その後、20日には自身のYouTubeチャンネルで、うつ病の診断を受けてから3か月が経過したことを報告。あわせて、「人をうつ病にできる人間って何を学んできたのかな。返して欲しいな、私の人生」などと胸中を明かしていた。

     さらに21日未明には、インスタグラムのストーリーズで、「28歳がごめんなさいも言えないってどんなプライドをお持ちなんですか?」「球団に守ってもらって黙秘貫いて自分のケツも拭けねぇ野郎がのこのこ生活してんなよ~っ 20歳だよね、大人だよね。自分のケツは自分で拭こうね」とつづり、トラブルがあったという選手らへの不満を吐露した。

     ギャル風の印象を受ける自身のプリクラ写真も添え、「マインドがこれだから筋通さない奴まじで嫌いなんだよね」と強気の姿勢を見せている。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5fd0193d3e3e3cac6dc07e1d99009e59b6afebe

    【【あいにょん.・モラハラを告白】「一生償ってください」 プロ野球選手「モラハラと裏切り」告発YouTuber再暴露...晒されたLINEの中身とは】の続きを読む


    『プロ野球』【2022ドラフト展望|オリックス】課題の打線強化には内藤・杉澤ダブル指名が望ましい?エース山本の後継者候補も獲得したい<SLUGGER>


    ドラフト draft 徴兵のこと。 選抜という意味。プロスポーツで所属チームを決めるドラフト制度のドラフトはこの意味。 プロスポーツにおける選手獲得の交渉権を決める方法の一つ。 トレーディングカードゲームの遊び方の一つ。 本人の意志を問わず公職者を擁立する運動。 生ビール (draft beer)…
    1キロバイト (194 語) - 2022年9月7日 (水) 13:27



    10月20日に行われるプロ野球ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえた上で、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。

    【表】オリックス ポジション別年齢分布

    【指名方針】
    ・将来性重視

    【補強ポイント】
    ・3年後に20本塁打を狙えるスラッガー候補
    ・山本由伸の後継者となる本格派エース候補
    ・パワーツールに優れ、センターも守れる外野手

     前年に続くパ・リーグ連覇を果たしたオリックス。2年連続で投手4冠に輝いた山本由伸を大黒柱とした先発陣は個の力が非常に高く、先発防御率2.77はリーグトップの成績だ。2年連続で規定投球回に到達した宮城大弥はまだ高卒3年目で、将来性の観点でもしばらくコアとなる先発投手には困らないだろう。

     リリーフ陣も宇田川優希や本田仁海が150キロ以上の快速球を投じており、平野佳寿の後を担う将来のクローザー候補が一軍の登板を重ねている。一方、二軍では先発投手が不足気味。昨年のドラフト1位指名で入団した椋木蓮がトミー・ジョン手術を受けたことを考えると、今回のドラフトでも将来のエース候補を獲得しておきたい。

     野手陣は昨季の本塁打王・杉本裕太郎の不調もあって、チーム本塁打数はリーグワースト。吉田正尚を除く主力が発揮しきれない中、中川圭太や頓宮裕真ら中堅選手が台頭し、ドラフト2位の野口智哉も出場機会を多く獲得した。

     こうした傾向を踏まえると、昨年のドラフトでは大学・社会人を中心とした即戦力を重視していたが、今年は黄金期確立を目指して将来性を重視した指名を行いたい。

     まず、一軍は京セラドーム、二軍は舞洲と、どちらも一発の出にくい球場を本拠地としている。このハンデをものともしないスラッガーを獲得できれば、投手力が強いチームの優位性は大きく高まる。今年のドラフト候補の中で、飛距離に優れた打球を放つ能力を最も感じさせるのが内藤鵬(日本航空石川高)だ。

     中村剛也(西武)のような柔らかさを感じるようなバッティングはチームにいないタイプで、1年目から二軍で中軸を任せて英才教育を施したい。身体ができ上がった時の打撃が底知れないイヒネ・イツア(誉高)、秋の国体で見せた逆方向への本塁打が兄・宗隆(ヤクルト)を彷彿とさせた村上慶太(九州学院高)も候補に挙がってくる。

     また、エースの山本が近い将来にメジャーへ移籍する可能性が高いことも考えると、その後継者となり得る素材も確保したいところ。その点、二軍の環境は投手育成に優れており、ダイヤの原石を発掘することも視野に入る。

     斉藤優汰(苫小牧中央高)、川原嗣貴(大阪桐蔭高)は190cm近い長身から繰り出されるストレートに力があり、山﨑颯一郎や山下舜平大らに続く長身右腕として期待値が高い。日髙暖己(富島高)も指にかかったボールは力強く、同じ宮崎県の高校からドラフト4位で入団した山本を意識した投球フォームも美しい。

     将来性ある高卒選手を基本線とする一方で、センターを守れる上で2ケタ本塁打を期待できる外野手は既存選手との競争を煽る意味でも獲得を目指したい。いずれも大学日本代表に選出されている3選手――森下翔太(中央大)、杉澤龍(東北福祉大)、萩尾匡也(慶応大)――は打席でのアプローチは異なるが、ここ一年にわたって中軸打者としてリーグ戦で結果を残している。

     実際のドラフトでは谷間に入る先発投手候補も獲得していくだろうが、今年のオリックスは将来性に主眼を置いた指名を行うのではないだろうか。近年は高卒でも2~3年目で一軍レギュラーになるケースが増え、育成メソッドも広がっている。群雄割拠のパ・リーグで頭一つ抜けるために、将来のスラッガーとエースの両輪を獲得できれば黄金期はすぐそこだろう。

    <理想の指名>
    1位:内藤鵬(内野手/日本航空石川)
    3位:杉澤龍(外野手/東北福祉大)
    4位:日髙暖己(投手/富島高)

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e68c5bb3ff0f6952fd2158026732a206413f2ba

    【『プロ野球』【2022ドラフト展望|オリックス】課題の打線強化には内藤・杉澤ダブル指名が望ましい?エース山本の後継者候補も獲得したい<SLUGGER>】の続きを読む


    『ホームラン王 新記録』村上宗隆56号にマスコミ沸騰も「バレンティンの60本が軽視されてる」 違和感続々...「排他的」指摘も


    村上 宗隆(むらかみ むねたか、2000年2月2日 - )は、熊本県熊本市東区出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。 2021年開催の東京オリンピック野球金メダリスト。 NPBにおける日本人およびアジア人、左打者としてのシーズン最多本塁打記録保持者(2022年、56号、NPB史上歴代2位)。…
    90キロバイト (11,781 語) - 2022年10月5日 (水) 11:33



    シーズン56本塁打をマークしたプロ野球・東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手をめぐる報道について、インターネット上で一部から「バレンティンの60本が軽視されてる」といった指摘があがっている。

    【実際の動画】疑問が相次いだ56号の実況フレーズ

    ■「バレンティン選手に対しての暗黙な排他的意志も表している様だ」

     村上選手はシーズン最終戦となる2022年10月3日の横浜DeNAベイスターズ戦で、56本目となるホームランを打った。6月には1試合に2本塁打を放つ「マルチホームラン」で月14本塁打を記録するなどハイペースで本塁打を量産していた村上選手だが、終盤に失速。それでも最終戦の第4打席で見事チャンスを掴んだ。

     村上選手がマークした56本塁打は、2013年にウラディミール・バレンティン選手(ヤクルト)が記録した60本に次いでプロ野球歴代単独2位となる。同時に1964年の王貞治氏(巨人)、2001年のタフィ・ローズ氏(近鉄)、02年のアレックス・カブレラ氏(西武)が記録した55本を上回ったことで、「日本選手のシーズン最多本塁打記録」を更新したことが盛んに報じられている。

     こうした村上選手をめぐる報道について、バレンティン選手の記録を引き合いに違和感を示す指摘もあがっている。

     東京大学名誉教授のロバート・ゲラー氏は4日、スポーツ中継アプリ「DAZN」による村上選手のホームラン動画を引用し、「村上選手が今期よくできたが、『日本人最多56本塁打』との表現に対して複雑な心境がある」として、こう心中を吐露した。

    「素直な気持ちを分からない訳ではないが、同時これは日本国籍を有しなかった2013年に60本打ったヤクルトのバレンティン選手に対しての暗黙な排他的意志も表している様だ」

     ゲラー氏は「そもそも王さんも。。なんですよね」とするリプライに、「そうです。英字メディアがより正確。『日本に生まれた選手の記録』と書いている。これに王選手が含まれています」としている。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6630b719d76036d8e9321cb8634d2a431e9c980b

    【『ホームラン王 新記録』村上宗隆56号にマスコミ沸騰も「バレンティンの60本が軽視されてる」 違和感続々...「排他的」指摘も】の続きを読む


    『ホームラン 56号』ヤクルト・村上宗隆が最終打席で劇的56号! “平成唯一の三冠王”松中氏も「鳥肌が立ちました」と驚嘆


    本塁打 (ランニングホームランからのリダイレクト)
    本塁打(ほんるいだ)、ホームラン(英語: Home Run)とは、野球における打者の記録。スポーツ新聞紙上などでは、HRと略される場合が多い。 打者が打った正規の打球が、地面かあるいは「野手以外のもの」に触れることなく(これを「インフライトの状態」という)、両翼のファウルラインとフェンスの交差地点…
    46キロバイト (3,565 語) - 2022年10月3日 (月) 16:07



    ◆ 最終戦の第4打席で偉業達成!

     ヤクルトの村上宗隆が今季最終戦のDeNA戦で56号を放ち、王貞治(巨人/1964年)を抜いて歴代単独2位に浮上した。

    【動画】最終戦で“世界の王”超え…ヤクルト・村上宗隆が成し遂げた!

     初回一死一・二塁の第1打席では二ゴロに倒れるも、3回一死一・二塁の第2打席ではレフトへの適時打。これで打率が.318に上昇。5回の第3打席は一ゴロに倒れ、迎えた7回の第4打席。先頭でDeNAの右腕・入江大生と対峙した背番号55は、初球の151キロをフルスイング。打った瞬間に確信、神宮の観客も総立ち。ライトスタンドへ突き刺さる今季56号となった。

     これで打率も再び.318に上昇。本塁打は56、打点は2つ上積みして134に。2004年の松中信彦氏(ダイエー)以来となる三冠王を確実とするとともに、シーズン本塁打数で日本選手最多を更新、歴代単独2位に浮上してみせた。

     3日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した“平成唯一の三冠王”松中氏は「生で観ていて鳥肌が立ちましたよ。あの打席が最後だったと思うんですよ。そこで結果を出せる。なかなかいないですよ」と振り返り、「最後に1本出るまでの50数打席(ホームランが出ずに)苦しんだ中で、彼しか感じ得ないプレッシャーとずっと戦いながら最後の最後で結果を出せた。ほんとうに来年以降どれだけ成長していくのだろうという楽しみはありますよね」と“令和初の三冠王”へ賛辞を送った。

     同じく解説を務めた高木豊氏は「引退する選手に対して村上は涙していましたよね。その人への配慮というか気持ちというか、そういうものが最後の打席に全選手が背中を押してくれたように感じました。なにか温かいものが村上という男の中にあるなというふうに感じましたね」と、22歳の若き大砲の人間性を評価。

    「プレッシャーで押しつぶされそうになっていたと思うですけど、それが周りも支えていたというそんな1本だったんじゃないかなと思いますね」と感慨深そうに語り、「松中さんが言うように、これを乗り越えたことによってさらに大きくなると思いますね」とさらなる進化への期待を込めた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/01de3463878d36caf2d77ee296d9263f50920a8e

    【『ホームラン 56号』ヤクルト・村上宗隆が最終打席で劇的56号! “平成唯一の三冠王”松中氏も「鳥肌が立ちました」と驚嘆】の続きを読む

    このページのトップヘ