美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    タグ:トレンド


    『芸能』おのののか、結婚2周年を挙式したホテルで祝う「相変わらず、本っ当に、美味しい」家族3ショットも


    おの ののか(Nonoka Ono、1991年〈平成3年〉12月13日 - )は、日本タレントで元グラビアアイドルである。出生名は宮田 真理愛(みやた まりあ)で、東京都出身である。芸能事務所プラチナムプロダクションに所属する。夫は競泳選手塩浦慎理。 文京区立第一中学校を経て、日本大学第二高等学校を卒業
    28キロバイト (3,613 語) - 2022年9月7日 (水) 18:54



    昨年10月に第1子女児を出産したタレント・おのののかが11日までに自身のインスタグラムを更新し、家族で祝った結婚2周年を公開した。

    【写真】ウエディングドレス姿など(別カット4枚)

     家族3人の3ショットを披露。「結婚式をした@hoteldemikuniさんで2周年のお祝いをしました 相変わらず、本っ当に、美味しい。口に運ぶたび幸せだなぁ、、と呟いてしまいました」とつづり、挙式した思い出のホテルを訪れ、家族で食事をしたことを報告。「メニュー表には三國シェフのサイン。そして、"料理は愛"と一言。最近の私は忙しい中お料理をただの作業としてやっていたなぁ、、と反省」と日常を振り返るなど区切りの日となったことを告白した。

     おのは東京五輪競泳代表の塩浦慎理と2020年9月に結婚し、1児の母になった。

     この投稿には「ののちゃんの幸せな笑顔にうっとりします」「こういう料理はいいね!」などの声が寄せられている。 

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/290a2373b65057a2e74fa4d552d0c151adbb6f4a

    【『芸能』おのののか、結婚2周年を挙式したホテルで祝う「相変わらず、本っ当に、美味しい」家族3ショットも】の続きを読む


    『菅田将暉』三谷幸喜氏、菅田将暉が演じた「義経」は「完ぺき、120%で演じてくださった」


    菅田 将暉(すだ まさき、1993年〈平成5年〉2月21日 - )は、日本の俳優、歌手。本名は菅生大将(すごう たいしょう)。大阪府箕面市出身。トップコート所属。 2007年、中学生時代から大阪市内に遊びに行くと度々スカウトされていた。14歳の時アミューズの誘いで「アミューズ30周年記念オーディション」に参加、応募者65
    137キロバイト (17,206 語) - 2022年9月11日 (日) 16:27



    脚本家の三谷幸喜氏(61)が11日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(日曜後9・00)に出演し、俳優の菅田将暉(29)の演技力を絶賛する場面があった。

     NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に「源義経」役として参加した菅田。ただ三谷氏とは実際に会ったことがなく、演技指導もなかったことから「どう思っているかも分かってない。台本だけの関係でした」と告白して驚かせた。

     そこで、番組では三谷氏にインタビューを決行。菅田の演技について「完ぺきですね。素晴らしかったですね。ぼくが“こういう風に演じてほしい”と思って書いた台本を100%、もしくは120%で演じてくださったという印象があります」と絶賛した。

     その後、三谷氏は「むしろ(源頼朝を演じた)大泉ですよ、問題は。なぜ僕の気持ちをわかってくれなかったのか…また改めてお話しします」とオチを付けて笑わせた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd90de6893b9f0f654a85b382a2d94f75d06d2e7

    【『菅田将暉』三谷幸喜氏、菅田将暉が演じた「義経」は「完ぺき、120%で演じてくださった」】の続きを読む


    『健康情報』「スマートウォッチ」注目の新製品9選 「Apple Watch Series 8」ついに発表!【2022年9月版】


    スマートウォッチ(英語: Smartwatch)は、小型のタッチスクリーンとCPUを搭載した、多機能な腕時計型のウェアラブルデバイス。 形状は腕時計型・リストバンド型で、タッチスクリーン・スピーカー・通話用マイク・通知用バイブレータ・充電池・操作ボタンが搭載されている。
    23キロバイト (2,723 語) - 2022年8月5日 (金) 20:21



    スマートフォンの通知を確認できたり、電子マネー決済ができたり、健康状態をモニターしたり……さまざまな機能を搭載しているスマートウォッチ。毎日着けているという方や、スマートウォッチを着けたまま運動をするという方も多いでしょう。

    【画像】シリーズ最大、49mmのケースを採用した「Apple Watch Ultra」

     スマートウォッチにはさまざまな製品があり、また新製品も多く登場します。9月8日には「Apple Watch」シリーズの新モデルが発表され、話題となりました。今回は、スマートウォッチの注目新製品を紹介します。

    「スマートウォッチ」注目新製品:Apple Watch Series 8/Apple Watch Ultra/Apple Watch SE(第2世代)
     Appleの「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE」が、9月8日に発表されました。Apple Watch Series 8、Apple Watch SEの発売は9月16日、Apple Watch Ultraの発売は9月23日を予定しています。

    Apple Watch Series 8

     Apple Watch Series 8は、ケースサイズ41mmと45mmの2種が展開する標準モデルです。女性の健康管理に役立つ皮膚温センサー機能を新搭載。また、従来の転倒検知機能に加え、高重力加速度センサーで交通事故を検知し、ユーザーの代わりに助けを呼ぶ衝突事故検出機能も新たに搭載しました。価格は5万9800円~(税込、以下同)です。

    Apple Watch Ultra

     Apple Watch Ultraはシリーズ最大である49mmのケースを採用したモデル。ケースはチタニウム製で、軽さ・強さ・耐食性を備えています。高精度なGPS、IPX6Xの防塵性能、100mの耐水性、マイナス20度から55度の動作温度など、過酷な環境でも使える仕様です。

     バッテリーは通常使用で最大36時間、低電力モードでは最大60時間持続するため、長時間充電できない場合でも安心です。価格は12万4800円~です。

    Apple Watch SE(第2世代)

     Apple Watch SE(第2世代)は手軽に導入できるコストパフォーマンスが高いスマートウォッチ。低価格ながら、心拍数のトラッキング、転倒検知、睡眠追跡、音楽機能、タッチ決済機能など、日々の生活や健康に役立つさまざまな機能を備えています。また、第2世代ではApple Watch Series 8と同じく「衝突事故検出機能」も搭載しています。ケースサイズは44mmと40mmが展開。価格は3万7800円~です。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4318ce5f5b4496cdab554c77586f8ac805a9deb1

    【『健康情報』「スマートウォッチ」注目の新製品9選 「Apple Watch Series 8」ついに発表!【2022年9月版】】の続きを読む


    『芸能・美容』ゆうちゃみ、ファースト写真集は「120%」の出来も「ママはほぼNG」?


    古川優奈 (ゆうちゃみからのリダイレクト)
    社I'ma(イマ)が業務提携。『egg』専属モデル。大阪府東大阪市出身・在住。愛称およびタレント活動における名義は「ゆうちゃみ」。令和の白ギャルとも称される。妹はタレントの「ゆいちゃみ」こと古川結菜。 幼少期はEXPG生として、EXILEのバックダンサーとして活動していた。
    14キロバイト (1,342 語) - 2022年9月8日 (木) 06:43



    モデルでタレントのゆうちゃみがファースト写真集『ゆうな』(講談社)を発売、10日、都内で発売記念イベントを行い、ありのままの自分を詰め込んだ一冊についてアピールした。

    「ギャルといえばデニムなんで」ゆうちゃみのデニムコーデ

     写真集は、21歳の誕生日だった8日に発売。タイトルを自身の本名である『ゆうな』としているように、ナチュラルでありのままの自分を切り取った。テレビなどで見かける、にこやかな“ゆうちゃみ”とは別の、しっとりとした大人の女性の魅力も感じられる作品で、21歳になるにあたって「20代のスタートをきったところで自分の新しい大人の部分を新しい一面として見せられたらいいなと思った」のが写真集に挑戦した理由だという。

     沖縄で3泊4日で撮影。梅雨で雨模様だったというが、「どうしても夕日のカットを撮りたくてダメもとで行ったんですけど、私が晴れ女すぎてその時だけ晴れて、めちゃめちゃエモい写真になりました!」

     写真集の撮影といえば、減量をしたりトレーニングをして臨むのが一般的だが、「逆にうちは2キロ太りました」と、ゆうちゃみ。「痩せようかなと思ったんですけど、やっぱりファンの方が見た時に親近感が湧くような写真集にしたくて。 2キロ太ったけど、お尻の筋トレとかバストとか腹筋とかも筋トレして。締めるところは締めたっていう感じです」

     選ぶのが大変だったという写真集の出来を聞かれると「120%」とのこと。なかでも、お気に入りはベッド上でこちらを見上げる一枚だ。

    「やっぱりナチュラルだなあ、と。テレビとか他のところではギャルっていう形でやらしてもらってるんですけど、写真集全部ナチュラルでつけまもつけずにやらせていただいて、やっぱこのカットが一番彼女感あっていいのかなと思いました」

     今後、こちらへの路線変更はあるのかといえば「絶対ないです」ときっぱり。「私のママは41歳なんですけど、まだ全然現役のギャルで、私よりも全然ギャル。ギャルマインドは変わらず一生ギャルでいたい」と笑った。

     報道陣から、完成した写真集を誰に見てもらいたいかと質問されると、ゆうちゃみは「皆さん多分ママとか親って言うんでしょうけど、私の場合……ママはちょっとこういうグラビアNG なんで、ママには一切見せてません。事務所からお家の方に送るみたいなのもあったんですけど、一切送らないでください!と言って、ママもまだ見てない状態です(笑)。地元の友達には見てほしいな。やっぱり昔から一緒にいるので」


     最後に21歳の抱負を問われると、「いろいろあるんですけど、1つは私の冠番組を持ちたい。そして、海外進出したいです。パリコレに出るのが夢で、小学生のころからずっと言ってるんですけど、21歳になってやっとこう……現実味というか、モデルのステップとして。足りないところもいっぱいあると思うんですけど、一番の夢のひとつのパリコレっていうのは叶えたい」。パリコレ進出は叶いそうかと突っ込まれると「まだわからない!」と、笑顔。「私がめちゃめちゃ努力して、いつかパリコレのモデルができたらいいなってことが目標です」と瞳を輝かせていた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e37dc4ad538896a4ab892e64d9ca4a3d1c602568

    【『芸能・美容』ゆうちゃみ、ファースト写真集は「120%」の出来も「ママはほぼNG」?】の続きを読む


    『健康』ステマ法規制が検討される今こそ気をつけたいステマの境界線


    ない短時間の画像などを挿入して脳内に刷り込む宣伝方法で、ステルス機のように相手に気づかれずに宣伝する手法が語源とされる。 英語圏ではアンダーカバー・マーケティング(英: Undercover Marketing)と呼ばれるゲリラ・マーケティングの1つ。日本では明確には違法になっていないグレーゾーンな
    17キロバイト (2,340 語) - 2022年8月11日 (木) 13:58



    いよいよ、日本でもステマに法規制が検討されることになるようで、業界でも動向が注目されています。

    9月9日(金)に消費者庁が「ステルスマーケティングに関する検討会」を開催し、令和4年中を目処に結論を得るというプレスリリースを発表したのです。

    参考:消費者庁が「ステマ検討会」開催へ 規制の必要性を検討

    これは、テレ朝ニュース等の報道によると、8月に消費者担当大臣に就任した河野太郎大臣の「広告でないと思って飛びついたら、実はそれは広告だったということは、消費者の消費行動にとってどうなのよっていうことがある」という問題提起が背景にあったようです。

    参考:“ステマ”に法規制検討 年内めどに結論 河野消費者担当相「消費行動にとってどうなのよ」

    実は、日本でもステマの法規制の必要性については、ステマが社会問題化するようになってから何度も議論の俎上には上がり、見送られてきた経緯があります。

    ただ、今回は河野太郎大臣肝いりの検討会ということもあり、なんらかの法規制に踏み出す可能性が高そうな印象です。

    自分が普段SNSに投稿している内容が、ステマにあたらないかどうか不安になる方も少なくないと思いますので、ここでステマの整理をしておきたいと思います。

    米国や欧州ではステマは法律で明確に規制
    日本でステマの法規制を議論する際に、必ず比較対象として話題になるのが、すでに米国や欧州では消費者を欺くようなステマ行為を法律で規制しているという点です。

    しかも、米国では現状の法規制ですらゆるいのではないかという議論が出てきており、丁度ルールの厳格化を検討しているというニュースが6月に話題になっていたばかりでした。

    参考:米FTCが「ステマ追放」へ、偽の肯定的レビューの禁止を検討

    報道によると、米国規制当局は昨年1年間だけで1,000以上の企業に警告を行ったそうですが、その米国ですら英国などの罰則規制に比べると規制が遅れているという議論があるほどなのです。

    当然ながら何の法規制も存在しない日本がこのままで良いのかという疑問は、河野大臣だけではなく多くの関係者が感じていたことでしょう。

    筆者は、クチコミマーケティングのガイドラインを検討するWOMマーケティング協議会の立ち上げに携わった人間ですので、元々アンチステマ側の人間ですが、当初は闇雲な法規制には後ろ向きでした。

    ただ、それから10年以上がたち、ここまでいろいろやってもステマが減らないなら、法規制はやむを得ないなと考えるようになった経緯があります。

    日本においては現行法の範囲で対応
    しかし、日本においては現行法の法体系の中では、ステマ行為を明確に規制する法律を制定するは難しい、というのがこれまでの識者の間の議論結果でした。

    もちろん消費者庁も、水面下に潜ってステマ行為を継続する事業者を放置していたわけではなく、昨年11月には悪質なステマを継続していたバストアップサプリを景品表示法の優良誤認の観点で措置命令をだすなど、現行法の範囲内で対処されてきました。

    参考:「ステマは違法じゃないから大丈夫」が通用しない時代に注意すべきこと

    実際問題として、過去に大きな騒動になったディズニーのアナと雪の女王2や、吉本興業の芸人による京都市観光促進、そしてフジテレビのアナウンサーの美容院優遇などにみられるように、ステマ行為に対しては法的規制はなくとも社会的制裁の方が大きくなっており、大企業や著名な芸能人が手を出すメリットは明確に無くなっていると言えるでしょう。

    筆者自身も、メディア出演時に芸能人の方が、ステマを実施していると誤解されるリスクをクチにされているのを耳にして、時代の変化を痛感したことがあります。

    「ステマは違法ではないんですよ」という言い訳
    一方で、現在のステマにおいて問題なのは、消費者庁が措置命令を出したバストアップサプリのように、確信犯で水面下でステマを継続している企業や、そうしたステマ行為をサポートするステマ事業者が未だに後をたたない点です。

    特に、悪質な事業者は、こうしたステマなどの知識がない一般人に対して、メッセージなどで投稿を依頼してくる際に、「日本ではステマは違法ではないんですよ」とステマであることを認識しつつ、法的に問題ないことを根拠にまるで一切問題がない行為かのように説明してくるケースもあるようです。

    その結果、「私も長いことやっているけど問題になってないから大丈夫」「黙っていれば絶対バレないから」というような友人からの勧誘も発生してしまうようです。

    ある意味で現状のステマというのは、厳罰化される前の飲酒運転に似ている状況と言えます。

    「一杯ぐらいなら」「私もいつもやっている」という人が周りにいることによって、本来なら飲酒運転をしない人がしてしまう、というのと似たような状況が、ステマにおいても発生してしまっているわけです。

    そういう意味で、今回のステマ法規制の議論の結果、明確に法規制の対象になるかどうかで、現状の水面下で活動しているステマ事業者やその発言が明確に違法認定でき、状況が大きく改善する可能性はあります。

    今は大きな分岐点に立っていると言えるでしょう。

    なお、現在のところは日経新聞などの報道によると、景品表示法で定義されている「優良誤認表示」「有利誤認表示」「誤認されるおそれのある表示」の3項目の3番目に、ステマに関する記載を追記する案があるというところまで言及されていますので、過去の議論に比べるとかなり規制に対して前のめりな議論のように見えます。

    自分が加害者にならないために
    ステマのようなSNS投稿レベルの行為を、人命に関わる飲酒運転と比較するのは大袈裟だと思われる方もおられるかもしれませんが、実はステマを通じてペニーオークションのような詐欺行為の片棒を担ぐことになってしまったり、リスクのある健康法を推奨してしまったりという騒動が過去にありました。

    参考:血液クレンジング炎上騒動で考えるネットとメディアの話題のスパイラル

    ステマを投稿している方にとってはちょっとした小遣い稼ぎかもしれませんが、その投稿が思いもよらない犯罪行為の片棒を担ぐ結果になってしまうリスクもあるのです。

    そういう意味で、是非読者の皆さんに気をつけて頂きたいのは、ご自身がステマの加害者側にまわらないことです。

    SNSの投稿でお金をもらえるというオファーが来たら、是非ステマにならないかに注意することを忘れないで下さい。

    また、もしステマが法規制された場合、過去の投稿に対する社会的制裁は今まで以上に重くなる可能性もあります。

    もし、まだ今もステマに近しい手法に関わっているという方は、早急にやめることを強くお勧めします。

    最も重要なのは「関係性の明示」
    なお、最近は「それステマじゃん」という風に、ステマという言葉が「それ宣伝じゃん」という意味で使われてしまうケースもあるため、混乱している方も少なくないようです。

    あくまで、本来のステマというのは「ステルスマーケティング」という相手にマーケティングであることが分からないように隠すことを言います。

    ステマについての詳細は、是非下記のマンガを読んで学んでいただきたいと思いますが、知らずにステマに関わらないために最も重要なキーワードは「関係性の明示」です。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20220911-00314514

    【『健康』ステマ法規制が検討される今こそ気をつけたいステマの境界線】の続きを読む

    このページのトップヘ