『ダイエット』セレブたちがたどり着いた「自分史上最高」ボディ、その道のりをプレイバック


セレブリティ(celebrity)、ないし、セレブ(celeb)とは、世界的にマス・メディアや大衆に広く認知されていること。名士、著名人、有名人。ただし日本国内では、本来の英語とは若干異なる意味で用いられることが多い。 Celebrityは、ラテン語: celebritas
23キロバイト (2,027 語) - 2022年5月30日 (月) 10:52



周囲の声やコンプレックスを乗り越え、史上最高のボディを発見したセレブたち。その道のりをプレイバック。


2019年からエクササイズに取り組み、見違えるほどスリムになったアデル。減量過程をSNSで披露しなかったのは「私の体は私のものだと示したかったから」。人の体型を話題にし、やゆするマスコミを批判している。

【2022年】
ワークアウトは減量のためではなく、何かに集中することで不安障害を乗り越えたかったからだと語る。

2020年を健康の年にすると宣言、ダイエットにまい進したレベル。食生活を見直すことで「感情を満たすために空腹でなくても食べていた」ことに気がついたとも。心と体のあり方を見直すことですっきりボディを獲得。

【2020年】
減量を達成したことで、それまで周囲の求める「太った女の子」を演じていたのに気がついたとも。

デビュー以来ずっとスリムなテイラー。痩せすぎだとシェイミングされることも。転機になったのは2018年のツアー「レピュテーション」。ハードなダンスもこなせる体にビルドアップ、迫力あるショーを作り上げた。

【2021年】

隔離生活中に作った2枚のアルバムで新境地を開拓。カントリーやポップというジャンルを超越した余裕が全身から漂う。

細すぎるとか太ったとか勝手な批判を受けても動じなかったリアーナ。自身のブランド「SAVAGE X FENTY」のボディポジティブは、これまで彼女が自分の体で表現してきたポリシーそのもの。

【2021年】

実業家として成長するにつれどんな服も着こなせるしっかりした体形に。内なるパワーが伝わってくる。

Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/d304b4ea0a81608add5275373b307b6952620456

【『ダイエット』セレブたちがたどり着いた「自分史上最高」ボディ、その道のりをプレイバック】の続きを読む