『健康』自宅でできる?韓国発祥「よもぎ蒸し」の効果とやり方


よもぎ蒸しよもぎむし)は、よもぎを煎じた蒸気を下半身を中心に体全体に浴び吸収させる韓国の民間療法である。韓国では600年から700年ほど前から、産後ケアとして愛用されている。 よもぎ蒸しの方法には、薬草の入ったお湯を沸かしてその蒸気を皮膚や粘膜から吸収する方法、薬草を燃やしてその煙を浴びる方法の2
5キロバイト (778 語) - 2020年6月14日 (日) 01:35



韓国発祥の「よもぎ蒸し」。知っているけれど、試したことがないという人も多いのでは?


今回は、よもぎ蒸しの効果ややり方、注意点について『よもぎ蒸し温活で膣から美人』の著者である、谷 真由美さんにお話を伺った。

□お話を伺ったのは……谷真由美(たに・まゆみ)さん 
一般社団法人よもぎ温熱セラピー協会代表理事
体質改善サロンPureHealing彩オーナーセラピスト
20歳の頃に、アトピー性皮膚炎を発症したことがきっかけで、薬の限界を感じ、さまざまな自然療法を学ぶことでステロイドを手放し美肌を手に入れた経験を、同じ悩みを抱える方に伝えたいとの想いから、1997年体質改善サロンを開店。身体に溜まった化学物質などを輩出するメニューとしてよもぎ蒸しを取り入れる。よもぎ蒸し歴20年以上、4万人以上を直接みてきた。同時に、使う道具によっては身体に有害な物質が出る可能性があると考え、安心して使えるよもぎ蒸しセットの製造販売を始める。自社ブランドyomoginaは、よもぎ蒸しセットの他フェミニンケア商品を企画販売している。全国で、よもぎ蒸し、フェミニンケアの普及活動のため、勉強会を開催。あらゆる角度から話す内容がわかりやすいと勉強会は常に満席で人気のセミナーとなっている。

【監修者】万井 正章(まんい・まさあき)先生
産婦人科医 医学博士

よもぎ蒸しとは?
「よもぎ蒸しは、簡単に言うとガウンの中でのスチームサウナです。方法は、座面に穴が開いたイスの下に土鍋を置いてよもぎを煮て、そこに下着をとった状態で座り、首から下を覆うガウンを着て、よもぎの蒸気をデリケートゾーンに直接当てます。ガウンの中でのスチームサウナです。

よもぎ蒸しの最大の効果は、『体を温めること』。体を温めて血流をよくすることで、人間が持つ本来の機能を正常にすることができると考えています」

よもぎ蒸しはこんな人におすすめ!
・冷え性、低体温
・生理痛、生理不順、月経前症候群(PMS)、更年期障害、妊活
・ストレス、不眠症、肩こり、頭痛、便秘、痔
・むくみ、代謝促進、ダイエット、体質改善
・アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー、ニキビ

【膣冷えチェック】
□下腹部、腰、太ももが冷たい
□平熱が低く、35℃台
□下半身がむくみやすい
□生理痛が重い
□便秘がち
□運動不足、デスクワークが多い

これらの項目のうち、2つ以上チェックが入る人は「膣冷え」の可能性が高いので、膣をあたためてくれるよもぎ蒸しがおすすめ。

【『健康』自宅でできる?韓国発祥「よもぎ蒸し」の効果とやり方】の続きを読む