美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    カテゴリ: 筋トレ


    『筋トレ』【プロテイン・高タンパク質商品市場2022】高まる健康志向、目的別に選択肢増える



    コロナ禍で高まる健康志向に伴い、タンパク質にフォーカスした商品が盛り上がりを見せている。ここにきて、トレーニー向けが中心だったプロテインパウダーが一般食品スーパーにも並ぶようになり、ライト層への浸透が進みつつある。タンパク質の種類も多様化し、昨今はエンドウ豆やコメなどの植物性に着目したプロテイン商品も登場。筋肉増強だけでなく、腸内細菌の改善にもつながり、健康価値が高まりつつある。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3c8f0a26562b5a5e02552c3188bdb1d3101e6a0

    【『筋トレ』【プロテイン・高タンパク質商品市場2022】高まる健康志向、目的別に選択肢増える】の続きを読む


    『筋トレ』体脂肪率30%超で筋トレを開始した52歳会社員が優勝「背中を褒められる」



    8月14日に兵庫・神戸芸術劇場にて『マッスルゲート関西』が開催された。ウーマンズレギンス65歳以下の部では千田美樹選手が優勝。過去に体脂肪率が30%になったことがきっかけでトレーニングを始め6年で栄冠を掴んだ。12月に開催されるゴールドジムジャパンカップで入賞したいとさらなる目標を語った。

    【写真】千田美樹選手の引き締まった背中

    ――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
    「体脂肪が30%になり痩せなきゃと思い宅トレを始め、2016年からジムでウエイトトレーニングを始めました。トレーニングを始めてから、仕事などでモヤモヤすることがあっても気分転換ができ、プライベートの時間に仕事のことを考えることが減り、ストレスも減ったことが一番良かったと感じています」

    ――仕事とトレーニングの両立はどうでしたか?
    「平日の昼食や夕食を休日にまとめて作って、仕事が遅くなってもトレーニングの時間を確保できるようにしています」

    ――普段のトレーニングメニューはどのように行っていますか?
    「分割法で『脚、胸と肩、背中、休息またはコンディショニング』を基本に回しています。フォーム(グリップ、顎の位置など)、効かせたい部分の筋肉を意識しています」

    ――自慢の部位とそのトレーニングメニューはありますか?
    「背中を褒められることが増えました。背中の種目はマシンを使っています」

    ――普段から食事なども工夫していますか?
    「マクロ管理法に基づいて、オンとオフのカロリーやPFCを考えています。タンパク質はお肉だけでなく魚もいただくようにしています。あと、緑黄色野菜を意識して摂り、サプリだけではなくビタミンやミネラルを食材からも摂るようにしています」

    ――今回の大会での反省点はありますか?
    「笑顔がほとんどなかったことと、午後から軽い熱中症状があり体調を崩してしまったこと。水分と塩分補給が上手くできておらず、当日の体調管理が甘かったので、次回は笑顔を意識して、体調管理をしっかり行います」

    ――次の大会の目標は?
    「まずは、12月のゴールドジムジャパンカップで入賞することです」

    ――これから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
    「どのカテゴリーでもポージングは大事だと思います。講習会やセミナーに参加したり、経験者の方に見てもらうなど、ポージングもしっかり練習しておくことをお勧めします」

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/599fcda7b4c8f7a597b277e5cc2af6f19098a31a

    【『筋トレ』体脂肪率30%超で筋トレを開始した52歳会社員が優勝「背中を褒められる」】の続きを読む


    『筋トレ』45歳で筋トレ開始したITコンサルタントがレギンス部門50歳以下の部で優勝



    8月21日(日)『マッスルゲート東京ベイ』が、浦安市文化会館にて行われた。ウーマンズレギンス50歳以下の部では宝田良子選手が優勝。宝田選手は45歳のとき、足腰を鍛えようとジムに入会。当時は現在より13kgも体重が重かったというが、そこから身体をどのように引き締めたのだろうか?

    【写真】宝田良子選手の自慢の背中

    ――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
    「45歳のときに自宅近くにゴールドジムがオープンしたのをきっかけに、足腰を強くしようと入会しました。当時はちょっと歩いただけでも疲れていたのですが、ジムでGroupPowerというスタジオトレーニングが好きになり、筋トレも頑張るようになりました。それからは代謝が上がり、食べても太りにくくなり、風邪も引かなくなりました」

    ――トレーニングで辛かった経験などありますか。
    「股関節と腰が悪く、脚のトレーニングやスタジオレッスンで痛みが出て思うように動けませんでした。整骨院や整体でケアしてもらいつつ、ジムで機能改善のトレーニングを教えてもらって、徐々に改善ていきました」

    ――仕事とトレーニングの両立はどのように行いましたか?
    「在宅勤務や家事、トレーニングの1週間分のスケジュールを組んで、トレーニングやスタジオの時間を作っています」

    ――普段のトレーニングメニューはどのように行っていますか?
    「脚とお尻、背中、胸と上腕三頭の3分割です。2022年からは脚とお尻を週2回、各部位は1~2日空けるように組んでいます。ターゲットの筋肉をちゃんと伸ばして縮めているか、ターゲット以外に力が入ってしまっていないか、腹圧が抜けていないかなどを意識しています」

    ――自慢の部位とそのトレーニングメニューはありますか?
    「背中です。トレーニングを始めた頃は苦手で、腕や肩が痛くなってしまっていたので、トレーナーさんに何度も聞いて、繰り返しマシンで練習しました」

    ――普段から食事なども工夫していますか?
    「意識して多めに野菜を食べるようにしています。トレーニングの前後にしっかり栄養を摂ります。プロテインと糖質を少量ずつ1日5~6回とること」

    ――初めての大会で困ったことや不安だったことはありますか?
    「前日と当日の過ごし方とポージングが不安でした。大会直前に、昔お世話になったトレーナーさんにSNSで相談してアドバイスをもらって安心しました」

    ――今回の大会での反省点はありますか?
    「脚とお尻の筋量不足。トレーニングを継続して、脚の筋力アップと左右の筋量差を改善したいです」

    ――これから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
    「自分がこうなりたいという身体を目標にして、心身の変化を楽しんでいただきたいと思います」

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c12a0cfc81ad1a6efb47dcd3b7239afd380d82b8

    【『筋トレ』45歳で筋トレ開始したITコンサルタントがレギンス部門50歳以下の部で優勝】の続きを読む


    『筋トレ』筋トレのし過ぎにご用心…「週130分超で発がんリスク」が高まる



    《筋力トレーニングをしすぎると、がんや心血管疾患(脳卒中、心筋梗塞など)の発症、総死亡(死因を問わない死亡)リスクが高くなる》

    こんな研究データが大きな注目を集めている。東北大学と早稲田大学、そして九州大学の共同研究グループが、これまで世界で発表された18歳以上の成人を対象とした筋トレの研究論文1252件を精査し、分析。筋トレの実施時間と、病気の発症と死亡リスクの関連について統合的に調査を行った。

    「研究の結果、筋トレを週に30~60分やる習慣のある人は、総死亡、がんや心血管疾患、そして2型糖尿病の発症リスクが10~17%低下するということがわかりました。いっぽう、筋トレの実施時間が週130~140分を超えると、糖尿病以外の疾病リスクが上昇し、死亡リスクも高まるという結果となりました。つまり、筋トレを長時間やりすぎると、かえって健康を脅かす可能性があるということです」
     
    こう解説してくれたのは、同グループのメンバーで、東北大学大学院医学系研究科運動学分野講師の門間陽樹さん。

    日々の鍛錬や、健康寿命を延ばす目的で習慣にしている人も多い筋力トレーニング。笹川スポーツ財団の調査によると、筋トレを週1回以上やる推定人口は、’02年で523万人だったが、’18年には約2倍の1千68万人まで増加している。また近年では、パーソナルジムや中高年層をターゲットとしたジムが数多くオープンするなど、老若男女問わず、筋トレブームが続いている状況だ。そんななか、筋トレのやりすぎによって病気や死亡リスクが高まることが判明したことは、衝撃的といえるだろう。

    今回の研究結果は、スポーツ科学・医学分野で最も権威のある英国の専門誌に掲載され、海外でも大きな話題に。日本と少し異なる点で注目を浴びているという。

    「海外では、“筋トレを週に30~60分やると寿命を延ばせるのだから、やらない理由はない”と紹介されています。適度な筋トレによって、総死亡、がん、心血管疾患などを発症するリスクを減らせることを、数値によって明確に裏付けることができたのです」(門間さん)

    今回の研究は、あくまでも時間だけのデータで分析したもので、具体的なトレーニング内容や負荷の強度などのデータが盛り込まれているわけではない。

    「今回の発表によって、数字が一人歩きする可能性がありますが、筋トレを60分に抑えるためにはどうしようか? やりすぎないためにはどういうアプローチがあるのか? みなさんがそういったことを考えるきっかけになればいいと思っています。さらに筋トレをやると病気の予防になるならやってみようかなと、行動に移す人が増えてくれれば、なおうれしいですね」(門間さん)

    すでに筋トレに励んでいる人も、これから筋トレを始めようという人も、“やりすぎのリスク”には注意しよう。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5068c16e872aff253a12c081417f7acb06a1257

    【『筋トレ』筋トレのし過ぎにご用心…「週130分超で発がんリスク」が高まる】の続きを読む


    『渡辺翔太』Snow Man渡辺翔太が表紙『Tarzan』、「筋トレは美容にも効果的だと思う」


    渡辺 翔太(わたなべ しょうた、1992年〈平成4年〉11月5日 - )は、日本の俳優、アイドルであり、男性アイドルグループ・Snow Manのメンバーである。愛称は、しょっぴー、なべしょ。 東京都江戸川区出身。ジャニーズ事務所所属。 2005年6月26日にジャニーズ事務所に入所。中学1年生の時に
    20キロバイト (2,240 語) - 2022年9月11日 (日) 15:19



    Snow Manの渡辺翔太が表紙を飾る『Tarzan(ターザン)』842号が9月22日に発売される。

     渡辺がトレーニングに目覚めたのは、1年ほど前。グループのリーダー岩本照にアドバイスを受けながら、週2~3回のトレーニングに励んでいるという。「肩と背中を意識して鍛えている」という言葉通り、三角筋で肩幅は広がり、さりげなく覗く大円筋で、正面から見ても背中の存在感が際立つ。

     ダンベルやディップススタンドを使ったトレーニングシーンの撮影では、ゆっくりと時間をかけて育てた筋肉の躍動を惜しげもなく披露。インタビューでは、今回の特集テーマでもある「間違いだらけの健康常識」にちなみ、古い常識が覆った渡辺の個人的な経験にもフォーカス。“イクラ”に関するお茶目なエピソードを披露してくれた。


    ◎渡辺翔太 コメント(本誌より)
    僕の美容の狙いは、素肌を整えること。その延長線上で筋肉も整えたいと思い、やり始めたらすっかりハマってしまいました。終えた後の達成感が半端なくて、いつもハッピーな気分になります。
    ボディだけではなく、顔も引き締まってきたから、筋トレは美容にも効果的だと思う。照(岩本照)は1歳年下ですが、トレーニングでは大先輩。カラダをチェックしてもらい、どこをどうやればいいかを教わり、それをトレーナーさんに伝えてメニューを組んでもらっています。照の筋肉は“レベチ”なので、あのちょい下くらいが目標です。いや、ちょいちょい下か(笑)

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aed20eb9790fd251ffb89af1cc0b1468c4235e8f

    【『渡辺翔太』Snow Man渡辺翔太が表紙『Tarzan』、「筋トレは美容にも効果的だと思う」】の続きを読む

    このページのトップヘ