美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    カテゴリ:トレンド > スポーツ


    『引退』【阪神】糸井嘉男引退会見にサプライズ!坂本誠志郎、糸原健斗、佐藤輝明が花束渡す


    糸井 嘉男(いとい よしお、1981年7月31日 - )は、京都府与謝郡岩滝町(現:与謝野町)出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。愛称は「超人」、「ヨッピ」。 プロ入り後に投手からの野手コンバートに成功した選手の代表格。野手転向後は日本を代表する5ツールプレイヤーとなる。
    96キロバイト (12,661 語) - 2022年9月13日 (火) 08:28



     阪神糸井嘉男外野手(41)の今季限りでの現役引退が13日、発表された。この日の午前中に、兵庫・西宮市のホテルで引退会見を開いた。

        ◇   ◇   ◇

     ○…キャプテン坂本誠志郎と糸原健斗、佐藤輝明の3人が、糸井にサプライズで花束を渡した。坂本は涙をこらえながら、大先輩に「やっぱり、やめるのをやめるって言いません?」と問いかけた。「会見で急に寂しくなっちゃって。でも泣くのは嘉男さんには似合わない。ずっといると思っていたので、それが一番寂しい。何歳になっても向上心を持つ姿は一番勉強になった。そういう姿勢はタイガースに必要だと思う」としんみり話した。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a766c40e0b37d6eb60d038d9ef0dfe74b721c7f6

    【『引退』【阪神】糸井嘉男引退会見にサプライズ!坂本誠志郎、糸原健斗、佐藤輝明が花束渡す】の続きを読む


    『川崎春花』ニューヒロイン19歳川崎春花V「ご飯を食べたい。母の料理。今はみそ汁が飲みたい」/一問一答


    賞金2億円突破でランク1位浮上「このまま2けた優勝」". スポーツ報知. 報知新聞社. 12 September 2021. 2021年9月12日閲覧。 ^ a b “ニューヒロイン川崎春花が地元・京都で19歳133日の大会最年少 4差逆転のメジャー制覇”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2022年9月11日). https://hochi
    20キロバイト (1,678 語) - 2022年9月11日 (日) 09:51



    <国内女子ツアー:日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯>◇最終日◇11日◇京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)◇賞金総額2億円(優勝3600万円)

    【写真】父太郎さん(左)、母雅子(右)さんと笑顔で優勝トロフィーを手にする川崎春花

     昨年11月プロテスト合格のルーキー川崎春花(フリー)が「19歳133日」の大会最年少優勝を飾った。

     4打差4位で最終組の1組前で回り、前半は8番パー4のショットイン・イーグルで10アンダーに。サンデーバックナインは4連続を含む6バーディーで驚異の30。今大会ベストスコア64で通算16アンダー、272として、山下美夢有、森田遥、菅沼菜々らと大混戦を抜け出した。

         ◇    ◇    ◇

     川崎が表彰式後、優勝会見を行った。以下は主な一問一答(前編)。



     -あらためて心境を

     川崎 全然信じられないです。実感もそんなに湧いていませんが、表彰式を終えて、優勝したんだなと少しだけ思っています。

     -プロテストに合格したコースでの優勝は

     川崎 思い入れのあるコースで優勝できたことはうれしいし、できてよかったと心から思います。

     -前半苦しいシーズンでした。8月にステップアップツアーで優勝。きっかけは

     川崎 前半は思い描いていたようなゴルフができなくて。苦しかったんですが、優勝した時から攻めるゴルフに変えて楽になりました。

     -今日は4打差を追い掛けてのラウンドでした

     川崎 優勝とか4打差とか全然考えてなくて。自分ができる精いっぱいをしよう。それだけでした。

     -14番で追いつき、15番で単独首位に立ちました。順位は見ていた

     川崎 リーダーボードを見たので、そのあたりは把握していました。

     -緊張していたようには見えなかった

     川崎 とにかく目の前の1打に一生懸命というか必死だった。緊張はあまりなかったです。

     -18番でバーディー締め。結果的に優勝を決めるような形になりました

     川崎 自分自身もびっくりで。ああ優勝できたと思いました。

     -シーズン目標は

     川崎 1試合1試合全力で頑張っていきたい。

     -どんなプロを目指す

     川崎 これからも多くの方から応援されるようなプロゴルファーになりたいです。

     -地元でのメジャー大会で初Vです

     川崎 地元で優勝できたことはうれしいですし、メジャーで勝てたこともすごいうれしいです。

     -ポーカーフェースですね

     川崎 それは全然ないです。自分はメンタルが弱いと思っています。

     -今、一番したいこと

     川崎 ご飯を食べたい。母の料理です。何でもおいしいですけど、今はみそ汁が飲みたいです。

     -ゾーンに入った感覚はありましたか

     川崎 いやー、そういうのはあまりなかったですが、ミスショットしてしまっても、寄っていたりしたのはあります。

     -優勝を意識した瞬間は

     川崎 17番でバーディーチャンスについた時、入れたら、もしかしたらチャンスがあるかもしれないと思いました。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2b0f5ca44e8e6d2c907ad1fb04959d6192b42d0

    【『川崎春花』ニューヒロイン19歳川崎春花V「ご飯を食べたい。母の料理。今はみそ汁が飲みたい」/一問一答】の続きを読む


    『浅田舞』浅田舞、若かりし頃の両親を公開「美男美女」「お母様とそっくり」母は11年に48歳で死去


    浅田 (あさだ まい、1988年7月17日 - )は、2000年代に活動していた日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。現役引退後はスポーツキャスター、タレントとして活動している。マネジメントはヒーローズマネジメント株式会社。 女子フィギュアスケート選手の浅田真央は実妹。
    37キロバイト (2,664 語) - 2022年8月19日 (金) 00:04



    元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(34)が10日に自身のインスタグラムを更新し、若かりし頃の両親の姿を公開した。

    【写真】若かりし頃の両親の姿

     浅田は現在、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・午後8時57分)の企画で社交ダンスに挑戦中で、パートナーと撮影した衣装姿をアップ。「小学生の頃、父と母の社交ダンスをする姿を見て、なんて素敵な世界!と憧れた時のことを今でも覚えています」と明かした。

     2011年に肝硬変で亡くなった母・匡子(きょうこ)さん(享年48)と父親が手を取り合って踊る写真もアップ。「満面の笑顔で父と母のダンス見ているのが私です」と、よく見ると奥に笑っている少女の姿が見える。

     フォロワーからは「なんて素敵なご夫婦」「お母様とそっくり」「お父さん、お母さん、美男美女」などの声が寄せられた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/94c275e91f66b87a87e7d8c0fd1c6ef08eab2457

    【『浅田舞』浅田舞、若かりし頃の両親を公開「美男美女」「お母様とそっくり」母は11年に48歳で死去】の続きを読む


    『メジャー初の快挙』大谷翔平に逆転3ランのメジャー史上初10勝&30本を許したヤ軍エースがNYメディアに”恨み節”…「この夜最悪の速球。まさに失投」


    の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 野球を始める前はバドミントンと水泳を習い、これらにより後に野球で活躍する基礎を作った。
    224キロバイト (29,938 語) - 2022年8月31日 (水) 15:00



    エンゼルスの大谷翔平(28)が8月31日(日本時間1日)、本拠地で行われたヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場し、0-2で迎えた6回一死一、二塁にバックスクリーンに飛び込む逆転の30号3ランを放ちチームは3-2で勝利した。相手は昨季最多勝のヤンキースの右腕エース、ゲリット・コール(31)。またMVP争いのライバルのアーロン・ジャッジ(30)は2打数ノーヒットだった。大谷が成し遂げた10勝&30本はベーブ・ルースもできなかったメジャー史上初の偉業。敵地のニューヨークメディアも含めて全米に喝采の嵐が吹き荒れた。

    「さらなる歴史を作った」「単純にうれしい」
     その初球は当たったか当たらなかったかのスレスレの内角球。エンゼルスベンチは映像で確認。当たっていないとの判断でチャレンジはしなかった。カウント2-0からの3球目だった。ヤンキースの大エース、コールが投じた97.9マイル(約157.6キロ)のストレートが甘く真ん中に入ってくる。大谷は見逃さない。バットを一閃すると打球はバックスクリーンへと大きなアーチを描く。大谷は確信歩きからのガッツポーズ。そして吠えた。コールは打球の行方も見なかった。
     メジャー史上初となる10勝&30本の記念すべき一発が劇的な逆転3ラン。二塁ベースを回るときに大谷は珍しく再びガッツポーズを繰り返し、ベンチではウォータースプラッシュの祝福を受けた。
     全米メディアは称賛の嵐だ。
     MLB公式サイトは「大谷が初の30本塁打、10勝の選手へ」との見出しを取り「エンゼルスの二刀流スター大谷が、メジャーリーグの歴史でいまだ見られていないことをやり遂げているが、水曜日にさらなる歴史を作った。大谷は10勝、30本塁打を放ったア・リーグ、ナ・リーグを通じて史上初の選手となった。そして、その一打は重要な場面でもたらされた。ヤンキースのエース、コールから6回に放たれた3ランは逆転弾で、そして大谷が日本出身選手として初めて複数シーズンで30本塁打を記録した初めての選手となった」と伝えた。
     同サイトは、大谷の「単純にうれしいし、ここまで安定してしっかりと出続けているのがまずいいところ。継続して最後まで健康で出られるように調整したい」とのコメントを紹介。  
     またMVP争いをしているジャッジとの直接対決を「このシリーズは大谷とジャッジのア・リーグMVP候補による対戦として宣伝され、評判通りの素晴らしい対戦となった」と評価。大谷、ジャッジは揃って、今回の3連戦で2本塁打を放ち、大谷は3試合の打率が.417(12打数5安打)、2本塁打、二塁打1本、5打点と大活躍したことを紹介。
     大谷が、2年連続でMVPを獲得すれば、ミゲル・カブレラが2012、2013年に達成して以来となることを伝えた上で、大谷のジャッジとのMVP争いについての声を紹介した。
    「もちろんモチベーションにはなる。そういう形になるか、ならないか、プレーヤーとして違いが出てくる。ただ1試合1試合、今日のいい場面で打てたのもそうだけれど、勝ちを意識して頑張っていればおのずと数字はついてくる」
     同サイトによると30本&100奪三振以上もメジャー史上初の記録で、大谷の30本はリーグで3位、奪三振数176はリーグ5位であることを伝えた。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c0dfdc2061940b28f57546e2838ad6de1735b38

    【『メジャー初の快挙』大谷翔平に逆転3ランのメジャー史上初10勝&30本を許したヤ軍エースがNYメディアに”恨み節”…「この夜最悪の速球。まさに失投」】の続きを読む


    『京セラ』【巨人記録室】延長回は低打率で今季3勝5敗1分け…防御率はセ最悪7・20


    大阪ドーム (京セラドームからのリダイレクト)
    を使用できないため、本ドームを本拠地代わりに使用している。 施設命名権(ネーミングライツ)の売却により、2006年7月1日から呼称を「京セラドーム大阪」(きょうセラドームおおさか)としている(後述)。 大阪市がパシフィック・リーグの大阪近鉄バファローズを誘致し、その本拠地(専用球場)として大阪市主
    85キロバイト (12,114 語) - 2022年8月24日 (水) 01:57



    ◆JERAセ・リーグ 巨人2―4ヤクルト=延長11回=(30日・京セラドーム大阪)

     巨人は延長11回の末、ヤクルトに敗れ、3連敗。中村に決勝の2点三塁打を含め、3安打を打たれた。

     このカードで、中村には出場した11試合に32打数15安打(本塁打2)、7打点で被打率.469(中村のセ対戦カード別最高打率)。ノーヒットは2試合だけ。中村封じに課題を残した。

     これで今季、延長試合は●○○●○△●●●。3勝5敗1分けと、なかなか白星を手にできない。延長回計15イニングの打撃成績は、53打数12安打(本塁打3)、.226の低打率で9得点。投手成績は15失点で防御率はセ最悪の7・20。

     セ各球団の延長回の得点、失点は

    巨人 得点9、失点15

    DeNA 得点16、失点8

    広島 得点14、失点11

    ヤクルト 得点12、失点9

    中日 得点10、失点4

    阪神 得点3、失点18

     得点は阪神に次いで、2番目の少なさ。失点は阪神に迫る2番目の多さと、延長回での淡泊な攻撃、粘りのない投球が目立つ。(佐藤 智寿)

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/820951a5293afd6f49389e4c371789fc4a7811db

    【『京セラ』【巨人記録室】延長回は低打率で今季3勝5敗1分け…防御率はセ最悪7・20】の続きを読む

    このページのトップヘ