美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    カテゴリ:トレンド > ニュース


    『Good Luck!/ふたり』についてまとめてみた



    【『Good Luck!/ふたり』についてまとめてみた】の続きを読む


    『炎上』小室圭さん報道にHPで注意喚起も効果なし…宮内庁が乗り出す「皇室SNS」で気になる炎上対策


    小室 (こむろ けい、1991年〈平成3年〉10月5日 - )は、秋篠宮文仁親王第1女子小室眞子(旧名:眞子内親王)の配偶者。佳子内親王、悠仁親王の義兄。法務助手(英語版)として、ニューヨークのローウェンスタイン・サンドラー法律事務所 に所属する。フォーダム大学ロースクールによる学位は法務博士。
    56キロバイト (8,057 語) - 2022年9月6日 (火) 10:31



    宮内庁は、参事官ポストの新設と広報担当職員2名を増員して、広報体制を強化、SNSを活用した情報発信に乗り出すという。

    【写真】眞子さま射止めた小室圭さん「海の王子」時代のレアな1枚!

    「皇室に関する誤った情報も出されていて、宮内庁から正しい情報を積極的に提供する必要があるという声も踏まえた」
     
     宮内庁がこう説明するように、SNS活用の念頭に置いているのが、昨年10月に結婚し、現在米ニューヨークで暮らす秋篠宮家長女の眞子さんと小室圭さんに関する一連の報道だという。
     
    「17年に婚約内定後に、小室さんの母親の金銭問題が発覚したことで、結婚延期を余儀なくされ、小室さん一家への批判が眞子さんや秋篠宮家にも波及し、結果的に眞子さんはPTSD(心的外傷ストレス障害)と診断されたことを公表するに至りました。この際、必要な広報活動を怠ってきたと、宮内庁は広報体制の不備を指摘されていました」(皇室ジャーナリスト)

     以前から、宮内庁はホームページ上で次のような主旨で〈皇室関連報道について〉という項目を設け、週刊誌をはじめとする報道内容の誤りについて随時指摘していた。

    ■イギリス王室を参考に?

    《最近の報道の中には、事実と異なる記事や誤った事実を前提にして書かれた記事が多々見られます。このことにより、事実でないことが事実として受け止められ、広く社会一般に誤った認識が生ずることが懸念されます。このため、あまりにも事実と異なる報道がなされたり、更にはその誤った報道を前提として議論が展開されているような場合には、必要に応じ宮内庁として、正確な事実関係を指摘することといたしました》
     
     だが、これだけでは周知徹底が不十分ということで、双方向性、情報拡散性のあるSNSを活用という結論に至ったという。
     
     SNS活用と同時にホームページも刷新の予定で、これまでHP上で公開されてきた皇族方の公務や行事でのご様子、誕生日会見やお言葉などもSNSで発信されるものと思われる。だが、皇室に関する報道の誤りなどをSNSでいちいち指摘するのか、コメント欄は開放されるのかなど、炎上しやすいSNSの利用に懸念材料が少なくない。

    「ダイアナ元妃の事故死をきっかけにバッシングが起こり、支持率が低下した英国王室は広報体制を強化し、現在、ツイッターやインスタグラム、YouTubeなどのSNS、動画媒体をフル活用し、開かれた王室として国民にとってより身近な存在になるように務めています。英王室のSNS活用などを研究して、情報発信していくのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

     眞子さんと小室さんの結婚の際は、賛否両論あったのは記憶に新しい。使い方次第では、SNSは諸刃の剣となるだろう。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/681ee61c4e713722c7b5a168324903c5908d0aed

    【『炎上』小室圭さん報道にHPで注意喚起も効果なし…宮内庁が乗り出す「皇室SNS」で気になる炎上対策】の続きを読む


    『最新スマホ』iPhoneとGalaxy 最新モデル発表 カメラが進化


    2(英語版) Galaxy Home Galaxy Home Mini Galaxy Gear Galaxy Gear 2 Galaxy Gear 2 Neo Galaxy Gear Live Galaxy Gear S Galaxy Gear Fit Galaxy Gear S2 Galaxy Gear
    264キロバイト (24,795 語) - 2022年8月5日 (金) 07:39



    カメラの性能を引き上げたスマートフォンが相次いで発表された。

    アップル ティム・クックCEO「わたしたちはiPhoneをより良く、より愛されるものにするために、常に自分自身に挑戦しています。新しいiPhoneを見てみましょう」

    IT大手・アップルは、iPhone14のシリーズ4種類を発表した。

    新たに搭載されたのは、iPhone史上初の4,800万画素のカメラ。

    従来の4倍の画素数で、暗い場所でも鮮明な写真を撮影することができ、焦点距離に合わせフラッシュも最適な明るさに調整できる。

    さらに、動画撮影では、激しく動きながら撮影しても強度な手ぶれ補正ができるアクションモードを搭載。

    iPhone14は、税込み11万9,800円からで、9日午後9時から受け付け、16日から発売される予定。

    カメラ機能にこだわったスマホは、ほかにも。

    サムスン電子ジャパンが8日に発表したのは、折り畳み型スマホの最新モデル2種類。

    折り畳むとポケットサイズになる「Galaxy Z Flip4」は若い世代をターゲットにしたカメラ機能が搭載されている。

    高画質な外部カメラを使って、簡単に置きながら自撮りが撮れる。

    手のひらシャッターと呼ばれる、手のひらをカメラに向けるだけで撮影が可能なセンサーを搭載。

    折りたたむ角度を調整することで、自由自在に1人でも撮影できる。

    サムスン電子ジャパン・小林謙一CMO「このコンパクトなデザインに代表されるように、ファッション性。ターゲット世代でよく言うのはミレニアル・Z世代。こちらに対して、まったく新しいスマートフォンのアイテムとして打ち出していきたい。(折りたたみスマホの)全体の市場の74%がわれわれのスマートフォンということで、リーダーとして技術革新とユーザビリティーの向上に努めていきたい」

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/69187ebf7d5285d7e2cde2af160f8dc1a1467ebd

    【『最新スマホ』iPhoneとGalaxy 最新モデル発表 カメラが進化】の続きを読む


    『アップルウォッチ』新iPhone 14で見えた「テクノロジーと安全」戦略、アップルの新製品丸わかり「イベント現地速報」


    Apple Watch (アップルウォッチからのリダイレクト)
    Apple Watch(アップル ウォッチ)は、Appleが2015年4月24日から販売している腕時計型ウェアラブルコンピュータ(スマートウォッチ)である。 2014年9月10日2:00 (JST) に発表され、2015年3月10日2:00 (JST) にSpring Forwardにて発売日が発表された。
    26キロバイト (3,767 語) - 2022年8月24日 (水) 12:51



    アップルはアメリカ太平洋夏時間の9月7日午前10時から、カリフォルニア州クパティーノにある本社にあるスティーブ・ジョブズ・シアターで、新製品発表イベントを開催した。

    【写真】iPhone 14シリーズ、Apple Watch、AirPods Proの新製品が登場

     イベントでは、以下の主力製品が発表された。製品名とともに短評と価格も添えて紹介する(価格はいずれも税込み)。

    ■iPhone、Apple Watch、AirPods Proが発表

     ・プロセッサーをiPhone 13から据え置き、カメラ機能を強化した6.1インチディスプレーの「iPhone 14」11万9800円~

     ・ノーマルモデルとしては初となる6.7インチディスプレー搭載の「iPhone 14 Plus」13万4800円~

     ・スマホ向け催促の4nmプロセス製造A16 Bionicチップ、4800万画素カメラ、ディスプレーを刷新し、インカメラの切り欠き部分を刷新した「iPhone 14 Pro」14万9800円~

     ・6.7インチの最高峰となる「iPhone 14 Pro Max」16万4800円~

     ・温度センサーや交通事故の検出機能を搭載した「Apple Watch Series 8」5万9800円


    価格を抑えSeries 8と同じプロセッサーを搭載した第2世代「Apple Watch SE」3万7800円~


    高精度GPSや100m防水の新しいチタンのケースデザイン、49mmへとサイズを拡大させ、36~60時間のバッテリー持続時間を実現した「Apple Watch Ultra」12万4800円~

     ・新型H2チップ、ドライバーやマイク、タッチセンサーを改良しバッテリー持続時間を延ばした第2世代「AirPods Pro」3万9800円

     ハンズオンで触れてみて、一番印象的だったのは、iPhone 14 PlusとApple Watch SEの組み合わせだった。

     iPhone 14 Plusは、iPhone 14のディスプレーを6.1インチから6.7インチに拡大したモデルだ。

     iPhone 14と同等の性能に6.7インチの大型ディスプレーを組み合わせた。このサイズは今まで、Pro Maxモデルにしか用意されていなかった。大きな画面は欲しいが、価格が高くなりすぎてしまうPro Maxはちょっと……という人にとっての良い選択肢と言える。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d4ff9bf791dc7af80aa90ae38709c64bced0977

    【『アップルウォッチ』新iPhone 14で見えた「テクノロジーと安全」戦略、アップルの新製品丸わかり「イベント現地速報」】の続きを読む


    『Apple』アップル、iPhone史上最長駆動時間の「iPhone 14 Plus」


    Watch、iPodなどの開発および販売を行なっている。ソフトウェア製品としてはApple Music、Apple TV+、Apple Arcade、 Apple Fitness+、Apple Podcast、Apple Books、App Store、iTunesなど広範囲のデジタルコンテンツ販売
    179キロバイト (23,923 語) - 2022年9月3日 (土) 02:53



    アップルは9月8日、新しいデュアルカメラシステムと、自動車での衝突事故検知機能などを盛り込んだ「iPhone 14/14 Plus」を発表した。iPhone 14は6.1型ディスプレイ、iPhone 14 Plusは大型の6.7型ディスプレイを採用し、iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を謳う。9月9日21時から予約を受け付け、発売はiPhone 14が9月16日、iPhone 14 Plusが10月7日。価格はiPhone 14が119,800円から、iPhone 14 Plusが134,800円から。

    【この記事に関する別の画像を見る】

    ストレージ容量は128GB、256GB、512GBの3バリエーション。カラーはブルー、パープル、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの5色。アップルストアでの価格は次のとおり。なお従来シリーズで用意されていたコンパクトな「mini」は発表されなかった。

    iPhone 14

    ・128GB 119,800円
    ・256GB 134,800円
    ・512GB 164,800円

    iPhone 14 Plus

    ・128GB 134,800円
    ・256GB 149,800円
    ・512GB 179,800円

    同時発表された上位モデル「iPhone 14 Pro/Pro Max」とは異なり常時表示ディスプレイは非搭載。前面も従来どおりのノッチ型デザインを採用している。

    ディスプレイは有機ELを採用したSuper Retina XDR。最大輝度は800ニト(標準)、ピーク輝度は1,200ニト(HDR)。コントラスト比は2,000,000:1。画面解像度はiPhone 14が2,532×1,170ドット/460ppi、iPhone 14 Plusが2,778×1,284ドット/458ppi。6.7型のiPhone 14 Plusは映像コンテンツのストリーミングやゲームプレイに最適という。

    搭載チップはA15 Bionicで、CPUは6コア(2つの高性能コア、4つの高効率コア)、GPUは5コア、Neural Engineは16コア。内部設計を改良したことで熱効率が向上しており、優れたパフォーマンスが一段と長く続くという。

    カメラシステムは35mm換算で焦点距離26mmのメイン、13mmの超広角の2眼構成で、どちらも1,200万画素。メインカメラはより大きなセンサーと明るい絞り値(f1.5)により、光を49%多く取り込めるように。上述のA15 Bionicを活用した「Photonic Engine」も利用できる。これは露出の異なる複数のピクセルからベストなものを、かつてないほど早い段階で選んで一枚の画像に合成するもので、「シャッターをタップして撮った写真を、カメラ単体では表現できない品質に仕上げる」という。超広角カメラのf値は2.4。

    メインカメラはナイトモードの露出を最大で2倍に強化。内蔵フラッシュはより明るくなり均一なライティングができるほか、フレーム内の人物を最大4人まで認識し、一人ひとりのコントラストや明るさ、肌のトーンを自動で調整するスマートHDR4、ポートレートモードなどを利用できる。

    動画撮影は4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)ができるほか、シネマティックモードは最大4K HDR/30fpsでの撮影に対応。手ブレのない滑らかな映像が撮影できるアクションモード(最大2.8K、60fps)も利用できる。Dolby Vision対応HDR撮影も可能。

    前面のTrueDepthカメラにはオートフォーカスが搭載され、絞り値もf1.9まで明るくなり、暗所性能が最大2倍向上した。従来どおりFaceIDが利用できる。

    バッテリー駆動時間は、iPhone 14 Plusがビデオ再生時で最大26時間で、iPhone史上最長という。iPhone 14も最大20時間のビデオ再生ができる。端子はLightningで、最大15WのMagSafeワイヤレス充電、最大7.5WのQiワイヤレス充電が可能。別売りの20W以上の電源アダプタを使えば約30分で最大50%充電できる高速充電も利用できる。

    iPhone 14 Pro/Pro Maxや、同時発表されたApple Watch Series 8と同じく、自動車の衝突事故検知機能を搭載。最大256Gの急加速・減速を検知する高重力加速度センサーやハイダイナミックレンジジャイロスコープ、気圧計、マイク、モーションアルゴリズムなどを駆使し、衝突事故を検知した場合は自動で救助を要請する。またアメリカとカナダでは、衛星通信を使った緊急SOSも利用できる。

    筐体には航空宇宙産業レベルのアルミニウムを使用。背面はガラスで、前面にはどのスマートフォンのガラスよりも頑丈というCeramic Shieldを採用した。IP68の防沫・耐水・防塵仕様。

    外形寸法と重さは、iPhone 14が146.7×71.5×7.8mm(縦×横×厚み)、172g。iPhone 14 Plusが160.8×78.1×7.8mm(同)、203g。USB-C - Lightningケーブルが付属する。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c64ed8aed112c0bdc70e4fe6695a13c12e12273

    【『Apple』アップル、iPhone史上最長駆動時間の「iPhone 14 Plus」】の続きを読む

    このページのトップヘ