美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    カテゴリ:健康・美容 > ファッション


    『ルーシー』“史上最低の下品タトゥー”と物議!「後悔する」と批判されるも「気にしない」と反論


    タトゥー 入れ墨・刺青 タトゥー (映画) - ドイツの映画 t.A.T.u. - ロシアの音楽グループ 軍楽祭 - 著名なものはエディンバラタトゥーやバーゼルタトゥーなど TATTOO (中森明菜の曲) - 中森明菜のシングル TATTOO (中森明菜の曲)#清春によるカバー - 清春の11枚目のシングル…
    731バイト (140 語) - 2022年7月26日 (火) 03:27



    ジャスティン・ビーバーやブルックリン・ベッカムなどの海外セレブのように、全身に入れた大量のタトゥーをファッションとして楽しむ人が増えてきている。とはいえ、なかには「若気の至りだった……」と後悔してタトゥーを除去するケースも。顔、首、胸、腕、脚など、体のあらゆる部分にタトゥーをもつ女性が「将来年をとったら自分の姿が嫌になるだろう」と議論を巻き起こしている。

    【写真】顔にタトゥーを入れたセレブたち

    渦中の人物となっているのは、TikTokで7万人以上のフォロワーを抱える @badxlucy_cy (以下ルーシー)。SNSで自身の写真や動画を投稿している自称アーティストの彼女は、全身に入れた大量のタトゥーがトレードマーク。「美しい」「かっこいい」とルーシーを称賛する声がある一方で、強烈なインパクトを放つ見た目をネガティブに捉える人も少なくない。

    Photo: Courtesy of badxlucy_cy via TikTok

    「70歳のおばあちゃんになったら醜いタトゥーを後悔するに違いない」「美人が台無し」「理解できない」などの批判に対して、ルーシーは「知ったこっちゃない」と反論する動画を投稿。首に入れたFワードの巨大タトゥーをアピールして、アンチたちを一蹴した。議論はさらに過熱し、「なんて上品なんだ」と皮肉たっぷりのコメントが寄せられるもルーシーは無視している。

    「若いときに入れたタトゥーを将来後悔するかどうか」については、永遠のテーマとしてSNS上で度々話題になっている。タトゥーあり派 VS なし派で意見は真っ二つに割れているけれど、その答えはタトゥーをもつ本人にしかわからない。見る人によっては威圧感を与えてしまうかもしれないルーシーのちょっぴり過激なタトゥーについて、あなたはどう思う?

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/96101f09ee67495191ee2d4994220c602a42fa90

    【『ルーシー』“史上最低の下品タトゥー”と物議!「後悔する」と批判されるも「気にしない」と反論】の続きを読む


    『朝からパジャマで、かわいい』中谷美紀さん(47歳)「朝はパジャマでゴミ捨て。夫に笑われます(笑)」


    中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。…
    59キロバイト (6,679 語) - 2023年1月26日 (木) 22:00



    気品と知性を備えた凛とした佇まいに幸せオーラが加わって、ひときわ輝きを放つ中谷美紀さん。オーストリアに暮らすようになって、日本人の高い美意識や美徳を再認識することも多いそう。徹底したプロ意識で厳しく自己管理をしながらも、自分を褒めて慈しむことも大切にする自律と自愛の絶妙なバランス感覚を、率直な言葉でたっぷりと語っていただきました。

    中谷美紀さん(47歳)肌の透明感に思わず驚く!特別カット集

    “頑張る私”を褒めてこそ、周囲を愛することができる
    引用元:美ST

    お話を伺ったのは… 俳優 中谷美紀さん (47歳)
    ’76年東京都出身。’93年のドラマデビュー以来、映画、ドラマなど数々の話題作に出演。’06年『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞の他、多数の受賞歴を持つ実力派。音楽活動や書籍執筆などでもマルチな才能を発揮。’23年3月にはミハイル・バリシニコフと共演の演劇「猟銃」のニューヨーク公演を控えている。

    トップス¥83,600(カオス/カオス表参道)

    「I can do it!」の精神で前を向いています
    どちらかと言えば、もともと怠惰な人間なのですが、仕事に入ると一転してスイッチが入ります。1月に放送・配信となるWOWOWの「連続ドラマW ギバーテイカー」で演じたのは、少年犯罪により娘を殺されたことで刑事に転じた元教師。自分が体験したことがない壮絶な境遇を理解することは簡単ではなく、どのように彼女の苦しみに近づいて自分の中に取り込むことができるのかを考えて悩みました。

    そこで、役柄の苦悩を何とか掘り起こそうと、たまたま近くで開催していたムンクの絵画展を観に行きました。苦しみや痛みを抱えた人の作品に触れることで自分の中にネガティブな感情を移植することができるのでは、と考えたのです。撮影中の2カ月間は掃除洗濯などの雑事はせず、日常生活から離れることでひたすらに役柄の感情と一体化するよう努めました。

    現場では享楽的なことを一切封印するために、食べる楽しみやお腹いっぱいになった幸福感も味わってはいけないと、なつめバターや無糖チョコ、MCTオイルなど少量でエネルギー値の高い食品を、まるで車にガソリンを入れるかのように粛々と摂取(笑)。生命維持のための最小限のエネルギーを体に取り込むだけの食生活を続けました。

    あまりに壮絶な役柄に没頭した2カ月余りは非常に苦しく、撮影が終わった後は達成感よりも虚無感の方が大きかったくらいでした。少年犯罪などを包括するこのドラマのテーマは決して軽くはないですが、猟奇殺人犯を演じる菊池風磨さんはじめ魅力的な共演者、素晴らしい演出や編集のおかげで見応えのあるエンターテインメントに仕上がり、とても嬉しく思っています。

    自責の念という十字架を背負って生きる苦しみ、生きることの難しさ……。だからこそ人生や人間は味わい深い、とも感じますし、観てくださる方々それぞれが違った見地からいろいろと考えるきっかけになれば嬉しいですね。

    10代の頃お世話になった英語の先生から、物事の達成のためには自分自身のエンパワーメントが大事、と言われました。それ以来、鏡を見ながら背筋を伸ばし、胸を開いてシャキッと立ち「I can do it!」と唱えています。そうすることで自分自身が鼓舞されてどんな状況でも最大限の力が発揮できる。背筋を伸ばすといった己との非言語コミュニケーションは、スポーツ心理学的にも自信を高めるための最善の方法だそう。

    さらに大切なのは自分で自分をきちんと褒めること。私も仕事が終わった後には「よく頑張りました!」と自分自身を褒めることを習慣にしています。失敗もしますし、決して完璧ではないけれど、努力した自分を自分で労うことは自己肯定感を高めて前を向くためにもとても有効なことだと思うのです。自分を大事にしたり愛したりすることができない人は、人にも優しくできないし、誰かを愛することなどできないと思いますから。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74fe753c1114ebca39e2c60e256eb26f5378c343

    【『朝からパジャマで、かわいい』中谷美紀さん(47歳)「朝はパジャマでゴミ捨て。夫に笑われます(笑)」】の続きを読む


    『偶然3連発、板谷由夏』こんな偶然ある!? 人気女優3人の“ブーツかぶり”ショットが話題「ブーツ軍団」「美しさの渋滞」


    板谷 由夏(いたや ゆか、1975年6月22日 - )は、日本の女優。福岡県北九州市出身。アミューズ所属。 北九州市立引野中学校、九州国際大学付属高等学校、福岡女学院大学短期大学部卒業。 1994年から『PeeWee』の専属モデルとして活躍する。 1995年には、博多華丸(当時は鶴屋華丸)やおたこ…
    42キロバイト (5,197 語) - 2023年1月25日 (水) 15:39



    女優の板谷由夏さんがInstagramを更新。同じく女優の吉瀬美智子さん、長谷川京子さんと集まった際の写真を公開しました。

    【画像】このメンバーはヤバいって…!! 板谷由夏の女子会ショットが話題

    長谷川さんと吉瀬さんは、ズラッと並んだブーツの横でカメラを見つめています。

    2人とも目元の表情がにこやかで、マスクをしていてもわかるほどの笑顔♡

    座敷の席に上がるため、ブーツを脱いで並べているように見えます。

    2枚目の写真では、黒のロングブーツが3足ならび、ブーツの上部が一方向にドミノのように倒れています。

    ロングブーツの集合…なかなかの迫力…!!

    板谷さんはこの投稿に、次のようにコメントしました。

    「元気で嬉しい。大好きな2人」

    「本当ならここに、(井川)遥も居る。連ドラ中、頑張って」

    「女3人黒のロングブーツだった。笑った」

    座敷の席で食事するタイミングで、ここまで被ったら笑うよねw

    メンバーの豪華さに圧倒されるファンが続出!
    ファンからは

    「美しい3人のロングブーツ姿が見たかったです♡マスクありでも美しさがあふれてます」

    「ブーツ履いてるところも見たかったです♡女友達ってサイコーですよね」

    「美しさの渋滞ですね!ステキすぎる」

    「ブラックロングブーツ軍団‼️ 」

    などのコメントが寄せられています。

    吉瀬さんのInstagramに、別の写真が♡
    ブーツが並んだ写真と、座敷席で食事中の写真が投稿されています。

    この投稿にも「遥ちゃん来れず残念」とコメントが添えられており、女優の井川遥さんの欠席が惜しまれているようです。

    井川さんも加わった写真、今度見られるかな!?


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2eaf2d72a2c93274db1cd13df7a1f9cddd845db7

    【『偶然3連発、板谷由夏』こんな偶然ある!? 人気女優3人の“ブーツかぶり”ショットが話題「ブーツ軍団」「美しさの渋滞」】の続きを読む


    『広末涼子』時間ができた時のオシャレ【ママOFFの日コーデ5選】


    広末 涼子(ひろすえ りょうこ、1980年〈昭和55年〉7月18日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名:廣末 涼子(読み同じ)。夫はキャンドルアーティストのCANDLE JUNE。高知県高知市出身。フラーム所属。1990年代後半に「ヒロスエブーム」を巻き起こし、ややボーイッ…
    74キロバイト (9,961 語) - 2023年1月6日 (金) 02:07



    今、ドラマに映画にとひっぱりだこで、超多忙な日々を過ごす広末さん。だからこそ、時には「ママOFFの日」が大事です。今回は「厳選・ママOFFコーデ5選」です!

    【ママOFFコーデ①】ホテルでの1人時間は、ワントーンコーデ
    引用元:STORY

    贅沢一人時間に馴染む小物アクセントのワントーン

    昔から、高いところが好き。上から見るジオラマみたいな景色の“非日常感”と“解放感”に惹かれるんだと思います。だから、ごくまれに1人で考えごとをしたい時や、集中して原稿を書きたい時など、ホテルのラウンジに足を運ぶこともあります。時には、地に着けていた足をそこから離して、俯瞰することも大事ですよね。視野が狭くなっていたり、生活に追われすぎる自分を解放してくれるから……。)ラグジュアリーなホテルに馴染む品あるスタイルで、1人贅沢なママOFF時間を過ごせたら、そう目論んでいます(広末さん)

    タートルニット¥19,800(シティ/ステュディオス カスタマーサポート)ニット¥149,600〈マリア マクマヌス〉パンツ¥39,600〈アパルトモン〉ベルト¥38,500〈カルトメイヤー〉(すべてアパルトモン 青山店)スカーフ¥11,000(マナーマーケット/エリオポール代官山)バッグ¥137,500(トリー バーチ/トリー バーチ ジャパン)ストール¥39,600(フラード/アマン)シューズ¥137,500(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ピアス[各]¥52,800リング[右手薬指]¥451,000レイヤードダイヤリング[左手中指]¥264,000レイヤードゴールドリング[左手中指]¥297,000(すべてSHIHARA/シハラ ラボ)

    引用元:STORY

    老けがち、古くなりがちな“ワントーン”を今っぽく仕上げる方法

    【Stylist 山本’s POINT】首元スカーフやハイウエストベルトでワントーンに旬のメリハリを

    引用元:STORY

    【Stylist 山本’s POINT】足元スリットから覗くゴールドバックルでエッジを利かせて


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/784400a0938d1f69321ed996415ce12eb7ca21a8

    【『広末涼子』時間ができた時のオシャレ【ママOFFの日コーデ5選】】の続きを読む


    『No1ホスト城咲仁』イケメン健在!元“歌舞伎町ナンバー1ホスト”城咲仁、12歳年下妻と和装姿「素敵です」


    城咲 (しろさき じん、1977年〈昭和52年〉9月23日 - )は、日本のタレント、ラジオパーソナリティ。東京都板橋区大山西町出身。元ホスト。妻はタレントの加島ちかえ。 新宿・歌舞伎町のホストクラブ「クラブ愛」において5年間No.1ホストを務め、カリスマホストとして数多くのテレビ番組に出演。ホス…
    17キロバイト (2,233 語) - 2022年11月11日 (金) 12:58



    “歌舞伎町ナンバー1ホスト”として活躍したタレント・城咲仁(45)が6日に自身のインスタグラムを更新。妻でタレントの加島ちかえ(33)と撮影した和装ショットを公開した。


     「本年も何卒、城咲仁&加島ちかえを宜しく御願い致します」とあいさつし、「皆々様にたくさんの幸せとご縁がありますように。心より願っております。今年もよろしくね」とファンにメッセージ。おめかしした美人妻の肩に手を回し、ラブラブぶりを見せた。

     2人は2021年4月に結婚。仲良し夫婦ショットに、フォロワーからは「お二人とも着物がとっても似合いますね。素敵です」の声が寄せられた。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/46c87661f66d50cbaef89a4cde98d78dcde3b156

    【『No1ホスト城咲仁』イケメン健在!元“歌舞伎町ナンバー1ホスト”城咲仁、12歳年下妻と和装姿「素敵です」】の続きを読む

    このページのトップヘ