美健でいこう!速報っち。美容・健康、トレンド情報のまとめサイト!

気になる美容・健康やトレンド情報のまとめサイトです。
2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
最新の美容情報、気になる健康情報、話題のダイエット情報のほか、ホットなトレンド情報をまとめています。
気になる情報がひとまとめでわかる!
そんなサイト運営を心がけています。

    気になるあの美容や健康に関する情報のまとめサイトです。
    2ch、Twitter、ネット記事等気になる情報がここに!
    化粧品の情報や、おすすめのダイエット情報など、気になる情報がひとまとめでわかる!そんなサイト運営を心がけています。

    カテゴリ: ダイエット


    『ダイエット』1カ月で4キロ減!「最強の白米ダイエット」を元ボクシング世界チャンピオンが伝授



    お米は太る……。そう思ってはいないだろうか。

    「その間違った思い込みは、今日から捨て去ってください」と語るのは元ボクシング世界チャンピオンの木村悠氏だ。

    【写真】パン食をやめて、3食お米を食べる生活に変えて起きたこと

    現役ボクサー時代、さまざまなダイエットを試した木村氏が最後にたどり着いた「究極のヘルシー・ダイエット」が「白米をたっぷり食べる」食事法だった。木村氏はオンラインでダイエットを指導しているが、受講生のほとんどの人が、1カ月で3~5キロのダイエットに成功するという。

    糖質をとって痩せる。そんな夢のようなダイエットはあるのだろうか。早速木村氏が提唱するダイエット・メソッドをみていこう。

    白米は栄養豊富な最強のダイエット食品
    Getty Images

    ここ数年、流行する多くのダイエットでは「糖質は敵」「炭水化物厳禁」など謳われているものが多い。

    しかしごはんは、腹持ちがよいだけでなく、十分な糖質を摂取することで脳に栄養が届き、よけいな間食を欲しがる欲求から解放してくれる。

    さらに、ごはんはビタミンB、食物繊維ほか、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、鉄、さらにはタンパク質も含み、栄養も豊富だ。おまけに消化がよいため、消化器官に負担がかかりにくく、代謝が上がって、太りにくい体質に導いてくれる。

    日本人が古くから親しんできたお米。まずはこの力を信じることからダイエットはスタートする。

    ごはんとおかずは6対4
    木村氏は「食事のメインは、おかずではなく、ごはんです」と強調し、ごはん6対おかず4という割合を推奨する。

    1食の割合のうち「炭水化物=50~65%」は厚生労働省も推奨している栄養配分だ。食べ過ぎず、食べなさ過ぎず、体に必要なぶんだけ栄養をとるための「ゴールデンバランス」が、ごはん6対おかず4という割合なのだ。

    一方、糖質オフダイエットでよしとされるおかずには、ダイエットの敵となる塩分や脂質が多く、たくさん食べると胃腸の消化に余計な負担がかかってしまう。

    ダイエットの本当の敵は塩分と脂質
    Getty Images

    ダイエットの本当の敵はこの塩分と脂質だ。とりすぎると体にさまざまな悪影響を及ぼす。

    脂質はとり過ぎると脂肪に変わることは言うまでもないが、さらに塩分は体が水分を溜め込んでむくみやすくなり、脂肪まで溜め込みやすくなるという。ほかにも代謝が下がる、胃の動きが鈍くなる、消化液の分泌が活発になり、食欲が増すなどデメリットばかりだ。

    1日に必要な塩分は、女性で9.3g、男性で11gぐらいが目安。参考までに、納豆についたタレとからしを全部使うと塩分は1g程度、1日にとる塩分量の10分の1にも及ぶ。あらためて普段の塩分摂取量を見直すといいだろう。

    水を1日2リットル以上飲む
    体内に溜まった塩分を流すため、また、老廃物や毒素を洗い流すためにも水を1日2リットル以上飲むことがダイエット成功には欠かせない。

    さらにお通じがよくなる、冷え性を改善してくれる、食欲を抑えてくれるなど水を飲むことによって得られるメリットは大きい。

    飲み慣れない人にとって、毎日2リットルの水を飲むことは大変だろう。まずは、朝起きてすぐ、コップ1杯の水を飲むことを習慣づけすることからはじめたい。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/338611a230fa19bfe9471dd71741ab9100c19b3f

    【『ダイエット』1カ月で4キロ減!「最強の白米ダイエット」を元ボクシング世界チャンピオンが伝授】の続きを読む


    『ダイエット』やせられない人の食べてる物診断!全然やせないみみこさんの1日に密着



    たくさん食べているつもりはないけど、なぜかやせない……。そんな人は、食べている物や食べ方に問題があるのかも。無意識に続けている「やせない食生活」を、ダイエットの達人がチェック!毎日の食生活、見直してみませんか? 

    【画像】やせられない人の食べてる物診断!全然やせないみみこさんの1日に密着

    <診断する人>
    藤井香江さん
    簡単ダイエットの専門家。2児の母。70kgをピークに食事を見直し、20kgやせに成功。現在はKAE式ダイエット講座を主宰。著書に『「腹ペタ」スープダイエット』(講談社)など。

    <やせられない人>
    みみこさん(北海道 35歳)
    2歳の女の子のママ。妊娠中に17kg増え、糖質オフダイエットで体重を戻すもリバウンドの繰り返し。麺類大好きの万年ダイエッター。

    【7:00起床】バタバタなので、朝食まで飲み物を口にするひまもありません
    ごはんの準備や子どもの着替えに追われ、のどは乾いていても飲む暇なし。朝食まではノンストップ!

    <藤井診断>それ、太ります
    血液がドロドロに……。1杯の水でやせスイッチを!

    寝ている間に大量の水分が体から出ています。起床後に水や白湯を飲めば血流がよくなり、代謝もアップ!むくみも解消され、便も出やすくなるなど、いいことだらけですよ。

    【8:00朝食】パン・卵・レタスが定番。もったいないから子どもの残りも食べちゃう
    6枚切りのトースト1枚と、小食の娘が残した物も完食。早く作れる&食べられるから、いつもほぼ同じメニュー。

    <藤井診断>ダメじゃないけど…
    色の濃い野菜をもっと食べて!残飯処理も太る原因です。

    ベビーリーフやトマトなど、色の濃い野菜を増やして代謝を上げましょう。野菜から食べると血糖値の上昇を防げます。子どもの残りを考慮して、自分のパンは少なめに用意して。

    【8:30家事】すでにグッタリ。気合を入れるため、エナジードリンク一気飲み!
    朝のバタバタを終えたら、娘との時間。疲れたので、公園に行く前にエナジードリンクを飲んで元気回復!

    <藤井診断>それ、太ります
    血糖値が急上昇して疲れも倍増。バナナに換えて!

    糖分が多い物もあるので、血糖値が急上昇!太るスイッチが入りやすく、逆に疲れる原因になることも。何か口にしたいなら、すぐにエネルギーに変わるバナナ1本がおすすめ。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8b868ab9577c8cd0e4fb8a1a94338c59688ee9a

    【『ダイエット』やせられない人の食べてる物診断!全然やせないみみこさんの1日に密着】の続きを読む


    『ダイエット』-50㎏でリバウンドなし!激太り女子のダイエットを成功させた、魔法のスイーツレシピ



    「早死にする」ほどの激太りから、-50㎏のダイエットに成功
    『毎日食べてもやせられる! 魔法のやせスイーツ』(主婦の友社)

    食事制限やジム通いなどで一時的にダイエットに成功しても、気が緩んで結局はリバウンドしてしまう。そんな経験をした人は多いと思いますが、かくいう筆者もリバウンド経験者。その悔しさというか無力感は痛いほどわかります。

    【画像】おすすめの糖質・カロリーオフ食材

    ダイエット中に気が緩んでしまう一番の原因は、そこに「我慢」があるからではないでしょうか? 我慢のない食事、我慢のない運動であれば心折れることなく継続できるとは思いますが、その具体的な方法ってなかなか見つからないですよね。

    そこで参考になりそうなのが、『毎日食べてもやせられる! 魔法のやせスイーツ』というスイーツのレシピ本です。著者の鈴木沙織さんは、ストレスによる暴食で97㎏まで太ったあげく、医師から「早死にする」と言われて一念発起。食事制限とジム通いで-50㎏を達成したという驚異的なダイエットの経験者です。ただ彼女が素晴らしいのは、ダイエット達成後、大好きなスイーツを我慢せず食べたいがために自ら低糖質・低カロリーのレシピを編み出し、リバウンドをしっかり抑えたという点にあります。

    元パティシエの叔母様と一緒に考案したという、ダイエットに効くスイーツレシピ。今回はなじみ深くて作り方が簡単な3品をご紹介しますので、ダイエットに限らず健康維持を目指している人はぜひ試してみてください!


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d311b3027f526b7c976eae2857a1b226db31b160

    【『ダイエット』-50㎏でリバウンドなし!激太り女子のダイエットを成功させた、魔法のスイーツレシピ】の続きを読む


    『ダイエット』【きつくない】ぷよぷよ内ももの引き締めに!仰向けで行うストレッチ&エクササイズ3つ



    頑張ってもなかなか引き締まらないぷよぷよ内もも。今回は内ももの部分に位置する股関節内転筋群に効かせるストレッチ&エクササイズをご紹介。内ももの隙間づくりに挑戦しませんか?

    ▶︎写真で詳しいやり方を見る|ぷよぷよ内ももの引き締めに!仰向けで行うストレッチ&エクササイズ3つ

    食事制限やダイエットを頑張っても、なかなかスッキリしない内もものたるみ。太ももの内側=股関節内転筋群(短内転筋・長内転筋・大内転筋・薄筋の4つの筋肉の総称)が位置する部分のことなのですが、実はこれらの筋肉、日常生活における動作やちょっとした運動ではしっかり使えていないことが多いです。

    股関節内転筋群を使うシーンとは?
    股関節内転筋群は、左右の太ももをお互いに引き寄せるときに力強く働く筋肉です。確かに、意識しない限りこのような動きをすることは少ないですよね。そのため、どうしても筋肉が衰えていきやすい部分でもあります。

    股関節内転筋群が弱っていると?
    では、股関節内転筋群が弱っているとどうなるかと言うと、

    ● 内ももがたるみやすくなる
    ● 座っているとき、足がパカッと外側に開いてしまう
    ● 靴のかかとは、外側がすり減っている(足の外側の筋肉を使いがち)
    ● 骨盤に影響し、体の歪みの原因になる

    特に、プヨプヨとした内もものたるみは悩みの種ですよね。そこで今回は、憧れの内もものすき間づくりに役立つストレッチ&エクササイズをご紹介します。

    内ももに隙間を作るストレッチ&エクササイズ
    ▶︎ストレッチ
    1)床に仰向けになり、ひざを立てる

    ポイント:両足は揃えておきます。腰の下に隙間ができないように、恥骨を軽く突き上げましょう。

    2)両ひざを外側に倒して手で太ももの内側をおさえて、60~90秒キープ

    ポイント:ひざは、無理なく倒せる範囲でOK。余裕がある場合は、手で太ももの内側を軽く“押して”床に近づけましょう。

    ▶︎エクササイズ①
    2)両ひざを外側に倒して手で太ももの内側をおさえて、60~90秒キープ

    ポイント:ひざは、無理なく倒せる範囲でOK。余裕がある場合は、手で太ももの内側を軽く“押して”床に近づけましょう。

    ▶︎エクササイズ②
    1)仰向けになり、ひざを立て、すねが床と平行になる位置に足を持ち上げる

    ポイント:ひざを90度に曲げた姿勢を意識しましょう。

    2)息を吐きながら両足を開き、息を吸いながら両足を閉じる

    ポイント:すねの高さをキープしたまま呼吸に合わせてゆっくりと足の開閉を行います。股関節内転筋群は太ももを中央に引き寄せるときに働くので、閉じる動きをより丁寧に行うと◎。ただし、無理のない範囲で続けたいので、まずは30回を目安に繰り返しましょう。

    ストレッチ・エクササイズの最中、どうしても腰が床から浮いてしまう場合は、下に丸めたタオルを置くといいでしょう。


    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/525ef071c6e47c264b1719a1e50f524e83ff523e

    【『ダイエット』【きつくない】ぷよぷよ内ももの引き締めに!仰向けで行うストレッチ&エクササイズ3つ】の続きを読む


    『ダイエット』「食事制限はしない」と語る現在73歳のデザイナー、ヴェラ・ウォンが口にしない唯一のものは



    世界中の花嫁の憧れといえば「ヴェラ・ウォン」のウェディングドレス。このブランドを創設したヴェラ・ウォンはデザイナーとしてだけではなく、いわゆる”美魔女”としても有名。現在73歳だけれどスレンダーな美脚、引き締まったウエストラインは称賛の的である。

    【写真】今から22年前、50代の頃のヴェラ・ウォン。

    少女時代はフィギュアスケーターを目指していたというだけあって、今もスポーツ万能なヴェラ。ランニングマシンやトレッドミル、バイクを使った有酸素運動やウェイトトレーニングを欠かさない。また時間のあるときには趣味のテニスやゴルフを楽しんでいる。「ゴルフはうまくはないけれどハマっているんだ」そう。

    とはいえ体型をキープする上で最も重要なのはやはり食事だと話す。ヴェラ曰く「私は絶対に食事は抜かない。なぜなら脳に栄養を与えなくてはいけないから」。その言葉とおり食べたいものではなく、脳にいい食事を心がけていることがメニューからも一目瞭然。朝食は「オムレツに小さなトーストとベーコンを1切れ添える」。タンパク質をメインしつつ、脳を動かすのに必要な炭水化物と脂質を摂取しているそう。ランチはチキンスープにたくさんの野菜。炭水化物を摂りすぎると血糖値が変動し眠気に襲われてしまうため、ここではご飯やパン、麺を食べないのがポイント。そしてディナーはブロッコリーを中心にした蒸し野菜にチキンと玄米というシンプルなメニュー。飽きたらお刺身に玄米、もしくはアーティチョークのサラダと魚というメニューで気分転換しているそう。1日働いた脳と筋肉の修復に必要なタンパク質をディナーでも摂取、翌日に備えている。

    普段は外食を控え、ストイックな食事をしているというヴェラ。でもときには自分を甘やかすこともあるというから安心して。ちなみに彼女の好物は「オレンジのスナック」。チートスやゴールドフィッシュのクラッカーなどチーズパウダーでオレンジ色に染まった、体にいいとはいえないジャンクフードをご褒美として食べているそう。

    そんな彼女にも絶対に手を出さないものがある。それはダイエットコーク。「6年前にやめたの。これまでの人生で一番つらかったことの1つね。昼間飲むものは今はただの水だけ」と語っている。カロリーゼロのダイエットコークは太る心配がないので手を出しがち。でも飲み過ぎは糖尿病や認知症の原因になると言われている。

    「食欲を満たすためではなく脳を満たすために食べる」と語っているヴェラ。その食生活が体型キープにも効くのは彼女のスタイルからも明らか。彼女のようにアクティブな70代を目指すためにも「脳に効く食事」を意識してみたい。

    Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/375e44bb9eb3ab6aa2551bc5ab4bb5d703ca68be

    【『ダイエット』「食事制限はしない」と語る現在73歳のデザイナー、ヴェラ・ウォンが口にしない唯一のものは】の続きを読む

    このページのトップヘ