『健康』福島民報社と福島医大の健康講座スタート 県民の健やかな暮らし後押し


1787/health_glance-2013-en.  健康づくり 健康づくり国際会議 健康の社会的決定要因 健康健康心理学 健康教育 ヘルス・リテラシー 日本の健康 厚生労働省健康局 / 健康増進法 ウエルネス 健康管理システム(インターネットを利用した健康管理システム、サービス) 健康ブーム/健康食品 医療/介護/福祉/衛生
19キロバイト (2,265 語) - 2021年12月23日 (木) 20:10



福島民報社と福島医大が連携した健康講座は27日に始まった。新聞の活用法やストレッチなどを紹介し、県民の健やかな暮らしを後押しする。

 初日は福島市の清水学習センター分館で実施し、女性グループ清水ひまわりの約20人が受講した。福島民報に掲載中の体操紹介企画「1日1動!」を監修している福島医大保健科学部理学療法学科の高橋仁美教授が、企画の「リアル体験教室」として無理なくできる運動を伝えた。運動は健康寿命を延ばす”薬”になるとし、椅子に座ったまま腹や足などの筋肉に負荷をかける体操を実演形式で指導した。

 清水ひまわりの会長下釜好子さん(79)は「簡単にできるので続けられそう」と笑顔で話していた。

 高橋教授に先立ち、福島民報社地域づくり局の市川純一新聞講座委員が講話し、新聞の特長や正しい情報を得る重要性などを説明した。

Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/c92273e12f195428869ee1e23fe447bd47e933e0




<関連する記事>



福島民報社と福島医大の健康講座スタート 県民の健やかな暮らし後押し
 福島民報社と福島医大が連携した健康講座は27日に始まった。新聞の活用法やストレッチなどを紹介し、県民の健やかな暮らしを後押しする。  初日は福島市…
(出典:福島民報)

あなたの街の最新ニュース 渋谷区・町田市など 6月27日放送
…に約1センチのホチキス用の針1本が混入していたことが分かりました。児童に健康被害はありませんでしたが、市が原因を調べています。今のところ、混入した原因…
(出典:TOKYO MX)

【年収420万円・43歳・子ども2人】年50万円貯めてる家は、10日に1回コストコへ
年々増える食費はこう対策してます育ち盛り&食べ盛りの子どもたちと親の健康のことを考えると、食費はむやみに削れない。質と量をキープしながら賢くセーブ。
(出典:サンキュ!)

<ツイッターの反応>


てっち
@tasasanasutenme

@boxing7799 恐いですね…💦それも熱中症なんですか💧健康が一番大事だと思うので、ゆっくりとです

2022-06-27 12:39:04

(出典 @tasasanasutenme)

コレさん
@kore1012

7/1健康診断で仕事休みやん❗️映画観よ🎵

2022-06-27 12:39:02

(出典 @kore1012)