肥満 (カテゴリ ISBNマジックリンク使用しているページ)
白色脂肪細胞はヒトにおいて250から300億個あり、直径は成熟脂肪細胞において70から90マイクロメートルであり、肥大化脂肪細胞は130から140マイクロメートルまで大きくなる。 なお、インスリンは、脂肪細胞が満杯になってしまう場合に備えて脂肪細胞を新たに増やすよう信号送る。脂肪細胞
252キロバイト (35,931 語) - 2022年5月6日 (金) 13:12

1 すらいむ ★ :2022/05/25(水) 20:40:32.41

老化した腹腔細胞を回復させると、低下した認知機能も改善 東邦大学など

 東邦大学、京都大学、立命館大学らの研究グループは、腹部内腔に存在する腹腔細胞の老化を改善することが、認知機能の老化の改善につながることを明らかにした。

 研究グループの発表によると、免疫細胞の遊走を制御するケモカインの一つ「CX3CL1」を高齢マウスの腹腔に投与すると、老化によって変化した腹腔細胞の性質が部分的に回復すると同時に、老化した認知機能が改善したという。
 これまで、CX3CL1は運動によって発現が上昇することが知られていたものの、その役割は不明だった。
 今回の研究では、腹腔へのCX3CL1投与が脳由来神経栄養因子(BDNF)発現を亢進することを見出した。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

大学ジャーナルオンライン 2022年5月25日
https://univ-journal.jp/161701/





2 名無しのひみつ :2022/05/25(水) 20:41:00.45

智子さん、晩飯はまだかなぁ


13 名無しのひみつ :2022/05/28(土) 07:14:16.05

>>2
経理部は外注でもう智子さんはいませんよ


5 名無しのひみつ :2022/05/25(水) 21:00:42.06

不思議


6 名無しのひみつ :2022/05/25(水) 21:29:41.00

最近よく聞くようになったケモカインってなに?


8 名無しのひみつ :2022/05/25(水) 23:13:55.97

おれが正解をずばり言い当てる

基底膜がぶっ壊れてⅣ型コラーゲン不足になっているのが原因

Ⅳ型コラーゲンを生成させる必須ミネラルが、決定的に毒扱いされている誤解によるもの。
つまり厚生労働省などはそのミネラルを必須栄養素とは見なしていない。
この元素は28番目に人体に必須元素と判明し、完全欠如した動物実験では
すべてが死亡。


10 名無しのひみつ :2022/05/26(木) 09:10:51.88

>>8
具体的には何やねん


9 名無しのひみつ :2022/05/26(木) 00:09:41.13

腹筋運動すればいいのか?